HOME > ロシア復活に邁進するプーチン大統領の野心と実力(後)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月17日 07:03

ロシア復活に邁進するプーチン大統領の野心と実力(後)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 中国は日本やアメリカが主たる出資者となって誕生させたアジア開発銀行(ADB)や、戦後世界の金融体制を形成してきた世界銀行や国際通貨基金(IMF)に代わる、アジア・インフラ投資銀行(AIIB)の影響力拡大に余念がない。加えて、陸や海のシルクロード計画にも着手、はたまた「サイバー空間におけるシルクロード」計画も提唱しているほどである。これらも「シルクロード」という歴史的遺産に新たな価値を吹き込もうとする中国的なアプローチにほかならない。

 他方、ロシアは「ユーラシア同盟」を提唱し、ロシアの極東やシベリア方面の開発に、中国も巻き込み、海外からかつてない規模での投資も呼び込もうと躍起になっている。プーチンは「ロシア極東は協力したい人々にすべて開放する」と語気を強める。実はロシアの極東地域は中国との国境線地帯を中心に石油、天然ガス、石炭、木材が豊富に眠っている地域である。また、ロシアの漁業資源の7割を占めているわけで、まさに「資源の宝庫」である。

 ただし、それだけ資源には恵まれているが、開発に従事する人がいないのが悩ましいところであろう。何しろ、極東地域の人口はロシア全体の5%以下で、常に労働力が不足している。国内のほかの地域からも優遇策で労働力を確保しようと工夫をしているが、思うような成果は得られていない。そのため、中国、モンゴル、韓国、北朝鮮といった国々にも働きかけを強め、労働力の確保に必死で取り組んでいるわけだ。

 人や物資の移動に欠かせないのが鉄道や高速道路である。ロシアはヨーロッパ方面とシベリア極東を結び、さらに南北朝鮮縦断鉄道やサハリン経由で北海道を結ぶ国際輸送回廊計画を提唱中である。今後20年で世界の物流風景は中ロを軸に大きく変貌を遂げるに違いない。中国の推進する「新シルクロード構想」はその発想を具現化するもの。

 当然のことながら、今後急成長が期待できる東南アジアや南アジアに対しても、陸のみならず海上輸送路の整備が望まれる。南シナ海での岩礁の埋め立てについても、中国の海洋シーレーンを牛耳ろうとする思惑が透けて見える。グローバルな輸送市場の急展開を想定し、中国とロシアが連携を図りつつ、インフラ整備や安全保障体制の確立に向けてチームワークを組み始めていることは注目に値しよう。

 同様にロシアも、北方領土を含め、極東方面における大規模なインフラ整備事業について、日本にも参加を呼び掛けてはいるものの、中国や韓国、北朝鮮といった国々からの投資や合弁企業進出がはるかに速いスピードと大きな規模で進展中である。日本との関係改善を狙うロシアは福島原発の除染や廃炉に向けて、技術の提供を申し出たが、日本側の反応は鈍かった。日ロ両国政府が合意した「北方領土での共同経済開発」についても、日本の動きは慎重で、ロシアの期待するスピード感はない。結果的にプーチンは日本より中国にシフトする意向を強めたようだ。

 要は、プーチン大統領は、崩壊した旧ソビエト連邦を自らの手で蘇らせたい、との歴史的野望を秘めているのである。そのためには誰を味方にすべきか。「ソ連崩壊は20世紀最悪の地政学的な悲劇だった」と主張して止まないプーチン。「ユーラシア同盟」の名の下で旧ソ連の復活を模索している。「中国の夢」と称して、4000年、時には5000年の歴史を背景に、中華思想を実現しようとする習近平の路線と共通する部分が多いのも当然であろう。

 実際、上海協力機構においては、中国とロシアが旧ソ連邦の中央アジア諸国を含め、テロ対策や安全保障の面から地域の安全と発展を進める動きに加え、ユーラシア同盟との連携も視野に入ってきている。インドやベトナム、モンゴルなども組み込み、合同の軍事演習や資源開発、インフラ整備プロジェクトが相次いで始まりだした。

 残念ながら、こうした動きに日本はまったくと言っていいほど食い込むことができない状態が続いている。それだけロシアや中国の動きに疎いのが日本なのである。日本とすれば、世界の力関係の変化を冷静に把握し、アメリカの力を生かしながら、中国やロシアとの関係進化を目指す必要がある。

(了)

<プロフィール>
hamada_prf浜田 和幸(はまだ・かずゆき)
国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。
今年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見〜「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年06月18日 16:50

【大阪地震】宅配業界にも大きく影響

 18日に大阪北部で発生した地震で、宅配業界にも大きく影響がおよんでいる。宅配大手の日本郵政(株)、ヤマト運輸(株)、佐川急便(株)は自社ホームページなどで、通行止めなど ...

2018年06月18日 16:30

日経平均株価下落~前日比▲171.42円の2万2,680円33銭

 18日の東京株式市場における日経平均株価は、大阪府北部で震度6弱を観測した地震の影響などを受けて、前場は先週末の終値より▲189円07銭の2万2,662円68銭。後場に ...

2018年06月18日 15:44

主審の判定に疑問~アビスパ平静を保てず首位陥落 福岡0-2新潟

 16日、J2アビスパ福岡はホームにアルビレックス新潟を迎え、第19節の試合に臨んだ。  「サッカーの基本のところで負けていた」と井原監督が振り返った通り、福岡はセカンド ...

金権腐敗政治象徴としてのもりかけ事案

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、森友学園・加計学園問題の政治的な問題性について論じた6月16日付の記事 ...

2018年06月18日 14:39

【大阪地震】山陽、東海道新幹線が運転再開

 けさ午前7時58分に大阪府北部で発生した地震の影響で、新大阪~岡山間で運転を見合わせていた山陽新幹線は、線路設備の点検が終了し運転を再開した。岡山から新大阪方面行き列車 ...

pagetop