HOME > 昨今M&A事情(4)~熊谷組が住友林業にのみ込まれた!(前)

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月11日 14:23

昨今M&A事情(4)~熊谷組が住友林業にのみ込まれた!(前)

 住宅メーカーが主戦場とする住宅市場の縮小が続いている。そのため、戸建やマンション建築から脱却し、高層マンションや商業施設など多角化を急いでいる。それらの建設は、ゼネコンの領域だ。住宅メーカーは競ってゼネコンの囲い込みに動いており、住友林業は準大手ゼネコンの熊谷組を傘下に組み入れた。

前人未踏の木造高層建築に挑む

 住友林業が2041年に木造の高さ350mの超高層ビル建設を目指す「W350計画」がいよいよ始まる。構想では、東京都心の丸の内エリアに地上70階建てのビルを建てる。内部は純木造の木鋼ハイブリッド構造。総工費は鉄骨づくりのおよそ2倍となる約6,000億円と試算した。
 昨年、資本提携した熊谷組が協力する。熊谷組は高さ500m超の台湾の超高層ビル「台北101」などを建てた実績がある。W350計画では、まず20年代前半に高さ70mの14階建ての木造ビルを建てる計画で、施工は熊谷組が担う。

 2017年11月9日、住宅メーカー大手の住友林業と準大手ゼネコンの熊谷組は業務・資本提携をすると発表した。両社は第三者割当増資などを実施し、住友林業が約346億円で熊谷組の発行済み株式の20%を取得。熊谷組は約100億円で住友林業の同2.85%をもつ。住友林業は、熊谷組を持ち分法適用会社にした。熊谷組を傘下に組み入れたのである。
 近年、住宅メーカーはゼネコンを次々と買収していったが、土木の名門、熊谷組までも吞み込まれたことに、ゼネコン業界が受けた衝撃は大きかった。

飛島組から独立した熊谷組と前田建設工業

 熊谷組は1898年に福井市で創業した土木業者。もともとは、飛島組(現・飛島建設)の傘下企業だったが、1938年に独立し、(株)熊谷組を設立した。飛島組から独立した企業に前田建設工業がある。熊谷組3代目社長・熊谷太一郎氏は、前田建設工業の2代目前田又兵衞(本名・正治)氏の娘と結婚して縁戚関係にある。
 熊谷組は戦後、黒部トンネル、青函トンネル、関門トンネルなどの最難関工事に携わり、業界では「トンネルの熊さん」と呼ばれた。

 1980年代が熊谷組の全盛時代だった。海外受注では日本の首位を独走する売上高1兆円をあげ、完成工事高、経常利益は上位5社に入っていた。しかし、英米豪の大規模不動産開発がバブル崩壊に直撃、海外資産・不動産投資が裏目に出て経営危機に陥った。
 2001年に誕生した小泉純一郎内閣は、都市銀行が抱える不良債権の処理を進めるため“危ないゼネコン”の再編・淘汰を求めた。問題ゼネコンは三井住友銀行がフジタと熊谷組、第一勧業銀行(現・みずほ銀行)が佐藤工業、富士銀行(現・みずほ銀行)は飛島建設。フジタはゴールドマン・サックス系のファンドに売却され、佐藤工業は会社更生法を申請した。

 熊谷組は2度、飛島建設は3度にわたり、債務免除や債務の株式化などで、それぞれ7,500億円規模の金融支援を受けた。03年、銀行主導で熊谷組と飛島建設の経営統合が打ち出された。だが、メインバンクは熊谷組が三井住友銀行、飛島建設は第一勧銀、富士、興銀が統合して誕生したみずほコーポレート銀行。メインバンクの垣根を越えることができず、05年4月に予定していた合併は白紙に戻った。
 熊谷組は14年9月に優先株式をすべて処理し、バブル崩壊以来の経営再建に1つの区切りをつけた。業績が回復してきた熊谷組は住友林業のM&Aのターゲットになった。

(つづく)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年06月23日 07:02
NEW!

進化を続ける世界有数の観光地・京都 観光客を呼ぶ切り札は名所ではなく「人」(3)

 訪日外国人が2,000万人を越え、いよいよ日本全体で「観光立国」としてのあり方を本格的に考えなければいけない時代がやってきた。福岡にもクルーズ船や航空機を利用した外国人 ...

2018年06月22日 16:36

サイゼリヤ、改正健増法施行前に全席禁煙に

 (株)サイゼリヤ(本社:埼玉県吉川市、堀埜一成社長)は20日、7月21日から京都府内のイタリアンレストラン「サイゼリヤ」の全店舗と、全国のショッピングセンター型店舗で全 ...

2018年06月22日 16:24

【特報】自民党の悪質ヤジ男・穴見陽一議員、ジョイフルから大量献金~ジョイフルでの飲食代が政治資金へ

 衆院厚生労働委員会におけるがん患者へのヤジ問題で批判を浴びている、自民党の穴見陽一議員(大分1区選出)。参考人のがん患者に対して「いい加減にしろ」などとヤジる恥知らずな ...

2018年06月22日 15:54

西中洲樋口建設が「廃業届」提出

 西中洲樋口建設(福岡市)が5月22日までに建設業許可の廃業届を提出し、横尾博氏が取締役および代表取締役を辞任していたことがわかった。  代表辞任、建設業廃業から1カ月が ...

2018年06月22日 15:48

新局面を迎えた中国の「一帯一路」経済圏構想(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一 ...

pagetop