• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月14日 07:02

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~シシリーでの子育て経験(後)

 さらに日本と異なる文化は、まず子どもをお風呂に入れる作業だ。日本であれば、湯船に親と赤ちゃんが入って一緒に楽しくコミュニケーションをする機会にもなるが、バスタブがあっても浴室がないこちらでは、一緒に入ることはまずない。乳児の間は、専用の大きなタライの中に入れて洗う。またトイレも大変だ。公衆トイレは便座がないところが多い。衛生的にも抵抗があるので、携帯用の便座シートもスーパーなどであらかじめ購入しておく。さらに、学校には日本のような体育場がないので、秋の体育祭などはないし、水泳用のプ-ルもない。体育の授業は週2時間あるが、ドッジボールや縄跳び、かけっこなどを小さな体育館、あるいは屋外のスペースで行う。これでは身体の成長もままならない、しっかりとした運動で鍛えなければ、とほとんどの親は午後、なにかしらの運動教室に通わせる。人気があるのは体操教室、空手、バスケット、サッカーなどだ。

 公立の学校では、必要な備品類はすべて各家庭から持参することが義務づけられている。トイレットペーパー、画用紙、色鉛筆、ハサミ、絵の具などだ。午前10時すぎには必ずおやつの時間がある。家庭によって子どもたちに持たせるものはそれぞれだが、チョコレートなどのお菓子もあれば、しっかりとしたサンドイッチをつくるところもある。公立学校では一般的に給食がない。小学校高学年や、中学生ともなると、学校は午後1時半から2時には終わる。それから自宅に帰っての昼食なので、こちらの昼食は午後2時過ぎになる。夕食も当然遅く午後8時半過ぎだ。

 働く母親たちは、一度仕事を終え、子どもたちを学校に迎えに行き、帰宅してから昼食の準備となるので、料理する時間はほとんどない。簡単なメニューにするか、あるいは祖父母にサポートしてもらうかだ。

 昼はパスタ、夜は肉、魚、野菜などが食卓に出る。お姑さんから料理を伝授されるのも伝統的習慣だ。たとえ同じ料理であったとしても、各家庭によって味が違う。そんなわけで、「生まれ育った家庭のママの味が一番」と思うイタリア男性は、いろいろと注文が多い。台所で横から、「塩が少ない」「焼き加減が足りない」「切り方が違う」などと口を挟む夫に対し、最初のころは片付けとお皿洗いに専念する決意をしたものだ。

 今は家事と仕事を両立しているので、すっかり義母にお世話になりっ放しだ。私は大変恵まれた環境で、義父母にすごくよくしてもらっていると思う。シシリーでも嫁姑問題は絶えない。親戚同士も頻繁に機会あるごとに、訪問しあい、集まったりするので付き合いが濃い。

 両親が日本にいるため、義父母は外国人の私に気を遣ってくれる。大変ありがたいことだ。同じイタリア人どうしの義母と義姉の関係はうまくいっていない。私のようにうまくいっているケースは珍しい方だ。姑が嫁に厳しいのは、どうやら世界共通のようだ。

 また母親として強く感じるのは、ここでは子どもに対して『持続性』を教えないことだ。日本人は“努力”という言葉が大好きな国民だと思う。一度始めたことは、多少つらくても我慢してあきらめずやり遂げる。日本でそういう教育をうけた私は、自分の子どもにもたくましく生きてほしいと願うため、厳しくなったりもする。だが、こちらのママは違う。雨が降ると学校を休ませる。子どもたちが1、2カ月で習い事に飽きてくると別の教室に変える。それも1年の間に何度も変える親がたくさんいる。重たい教科書の入った学校のリュックサックは、親が家から学校(時には教室)まで背負っていく。

 義父母は私を厳し過ぎる母親とみているだろう。極端に子どもに甘いこちらの親のしつけは、私にはいまだに合わない。また、ここでは自分の子どもを人前で思いっきり褒めまくる。これもなかなか日本人には見られない行動だ。たとえ心の中でそう思っていたとしても、日本人は実際に口に出していうことはあまりしないだろう。また学校の成績で誰が一番かもママ友同士でよく話題になる。

 子どもの誕生日パーティーも盛大である。小学校低学年のころは両親が同伴する場合もある。よって招待人数が50人を超える時もある。誕生日パーティーは大人になってからも行う。家族、友達同士で集まり、自宅で、あるいはレストランでピザなどを食べたりする。皆お祭り好きなのだ。なにしろ、1人でいることがありえないシシリー社会で、初めての出産、子育て、仕事、家庭と、家族の大きな協力を得てやり抜いている。

 ニュースでは不景気な中、仕事をクビになり、精神を病んでしまい自殺をする人がいると聞く。シシリーの太陽の輝きと美しい海の色が、人間の心のバランスに与える影響は大きい。イタリア国内でも月収最下位を争っているこの島は、人間味ある、心のゆとりがもてる島だ。日本を離れ、15年以上経ったが、最近この島に“守られている”ことを強く感じる。

(了)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年07月17日 11:09
NEW!

糸島市で建物が崩れ、男性が下敷きに

   糸島市二丈町満吉で14日、建物が崩れ、下敷きになった男性(79歳)が意識不明の重体となっている。  福岡県警によると、14日午後12時57分、近隣住民...

2018年07月17日 10:59
NEW!

パチンコホールからドヤタバコが消える日

  日本の首都が動いた  東京都議会で6月27日、「東京都受動喫煙防止条例」が可決された。都民の健康増進、望まぬ受動喫煙への対応が目的。これにより、(1)病...

覚えろ・従えの学校教育が日本をダメにしている

  NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。 今回は、国を歪める根本的な原因が日本の「歪んだ教育」にあると...

2018年07月17日 10:42
NEW!

金隈産廃処分場 別会社で拡張画策か

   福岡市博多区で金隈産廃処分場を運営する(株)和幸商会の役員らが別会社を設立し、処分場の拡張を目指していることが、関係者への取材でわかった。  設立が判...

2018年07月17日 10:20
NEW!

まちかど・大分 駅から徒歩1分 ファーネストマンション完売

   マンション開発が進むJR大分駅前。4月に完成したファーネスト大分ステーションライン(事業主 (株)ファミリー)が「完売御礼となった。 ...

2018年07月17日 10:04
NEW!

裁判資料から判明した、ある建設会社の事業停止

   福岡市東区の建設会社A社が事実上、事業を停止していることがわかった。  ある裁判の行方を調べていると、被告となったA社が6月以降に破産手続きを予定し...

2018年07月17日 09:45
NEW!

人口減少続く 外国人割合は過去最大に

   総務省が11日に発表した人口動態調査によれば、2018年1月1日現在の日本の人口は1億2,520万9,603人。前年より37万4,055人減少した。これは久留...

2018年07月17日 09:00
NEW!

4,000億円挑戦企業・九電工~株価高騰の悲喜こもごも(4)

  差別化と挑戦  官製企業体質から完全に脱皮したといっても過言ではない九電工。19年3月期は、太陽光発電工事の受注減の一方、潤沢な手持工事高により売上高...

2018年07月13日 16:34

【平成30年7月豪雨】日本郵便、被災地の業務状況を発表

   日本郵便(株)(本社:東京都千代田区、横山邦男社長)は13日、平成30年7月豪雨による、被災地の業務状況を発表した。各地域で窓口休止や引受または配達となる郵便物...

【平成30年7月豪雨】福岡市、避難指示発令から数時間後に避難呼びかけ

 [caption] ※クリックで拡大 [/caption]  福岡市は13日、5日から発生した西日本豪雨にともなう緊急情報の情報配信について、一部で...

pagetop