• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年05月14日 07:02

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~シシリーでの子育て経験(後)

 さらに日本と異なる文化は、まず子どもをお風呂に入れる作業だ。日本であれば、湯船に親と赤ちゃんが入って一緒に楽しくコミュニケーションをする機会にもなるが、バスタブがあっても浴室がないこちらでは、一緒に入ることはまずない。乳児の間は、専用の大きなタライの中に入れて洗う。またトイレも大変だ。公衆トイレは便座がないところが多い。衛生的にも抵抗があるので、携帯用の便座シートもスーパーなどであらかじめ購入しておく。さらに、学校には日本のような体育場がないので、秋の体育祭などはないし、水泳用のプ-ルもない。体育の授業は週2時間あるが、ドッジボールや縄跳び、かけっこなどを小さな体育館、あるいは屋外のスペースで行う。これでは身体の成長もままならない、しっかりとした運動で鍛えなければ、とほとんどの親は午後、なにかしらの運動教室に通わせる。人気があるのは体操教室、空手、バスケット、サッカーなどだ。

 公立の学校では、必要な備品類はすべて各家庭から持参することが義務づけられている。トイレットペーパー、画用紙、色鉛筆、ハサミ、絵の具などだ。午前10時すぎには必ずおやつの時間がある。家庭によって子どもたちに持たせるものはそれぞれだが、チョコレートなどのお菓子もあれば、しっかりとしたサンドイッチをつくるところもある。公立学校では一般的に給食がない。小学校高学年や、中学生ともなると、学校は午後1時半から2時には終わる。それから自宅に帰っての昼食なので、こちらの昼食は午後2時過ぎになる。夕食も当然遅く午後8時半過ぎだ。

 働く母親たちは、一度仕事を終え、子どもたちを学校に迎えに行き、帰宅してから昼食の準備となるので、料理する時間はほとんどない。簡単なメニューにするか、あるいは祖父母にサポートしてもらうかだ。

 昼はパスタ、夜は肉、魚、野菜などが食卓に出る。お姑さんから料理を伝授されるのも伝統的習慣だ。たとえ同じ料理であったとしても、各家庭によって味が違う。そんなわけで、「生まれ育った家庭のママの味が一番」と思うイタリア男性は、いろいろと注文が多い。台所で横から、「塩が少ない」「焼き加減が足りない」「切り方が違う」などと口を挟む夫に対し、最初のころは片付けとお皿洗いに専念する決意をしたものだ。

 今は家事と仕事を両立しているので、すっかり義母にお世話になりっ放しだ。私は大変恵まれた環境で、義父母にすごくよくしてもらっていると思う。シシリーでも嫁姑問題は絶えない。親戚同士も頻繁に機会あるごとに、訪問しあい、集まったりするので付き合いが濃い。

 両親が日本にいるため、義父母は外国人の私に気を遣ってくれる。大変ありがたいことだ。同じイタリア人どうしの義母と義姉の関係はうまくいっていない。私のようにうまくいっているケースは珍しい方だ。姑が嫁に厳しいのは、どうやら世界共通のようだ。

 また母親として強く感じるのは、ここでは子どもに対して『持続性』を教えないことだ。日本人は“努力”という言葉が大好きな国民だと思う。一度始めたことは、多少つらくても我慢してあきらめずやり遂げる。日本でそういう教育をうけた私は、自分の子どもにもたくましく生きてほしいと願うため、厳しくなったりもする。だが、こちらのママは違う。雨が降ると学校を休ませる。子どもたちが1、2カ月で習い事に飽きてくると別の教室に変える。それも1年の間に何度も変える親がたくさんいる。重たい教科書の入った学校のリュックサックは、親が家から学校(時には教室)まで背負っていく。

 義父母は私を厳し過ぎる母親とみているだろう。極端に子どもに甘いこちらの親のしつけは、私にはいまだに合わない。また、ここでは自分の子どもを人前で思いっきり褒めまくる。これもなかなか日本人には見られない行動だ。たとえ心の中でそう思っていたとしても、日本人は実際に口に出していうことはあまりしないだろう。また学校の成績で誰が一番かもママ友同士でよく話題になる。

 子どもの誕生日パーティーも盛大である。小学校低学年のころは両親が同伴する場合もある。よって招待人数が50人を超える時もある。誕生日パーティーは大人になってからも行う。家族、友達同士で集まり、自宅で、あるいはレストランでピザなどを食べたりする。皆お祭り好きなのだ。なにしろ、1人でいることがありえないシシリー社会で、初めての出産、子育て、仕事、家庭と、家族の大きな協力を得てやり抜いている。

 ニュースでは不景気な中、仕事をクビになり、精神を病んでしまい自殺をする人がいると聞く。シシリーの太陽の輝きと美しい海の色が、人間の心のバランスに与える影響は大きい。イタリア国内でも月収最下位を争っているこの島は、人間味ある、心のゆとりがもてる島だ。日本を離れ、15年以上経ったが、最近この島に“守られている”ことを強く感じる。

(了)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

2018年11月16日 14:24

福岡を代表する名門ゴルフ場 会社統合に見え隠れするドタバタ劇

  古賀ゴルフ土地(株)  2019年10月に第84回日本オープンゴルフが「古賀ゴルフ・クラブ」で開催される。由緒ある大会で開催されるのは実に3回目と...

pagetop