HOME > シリーズ 未来トレンド分析シリーズ

未来トレンド分析シリーズ

国際政治経済学者・浜田和幸氏による世界のトレンド、情勢、経済などの解説。

浜田 和幸(はまだ・かずゆき)
 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。

ワクチン接種をめぐる攻防戦の行方、プラスチック汚染も誘発(後)

  台湾の疾病対策センターによれば、不適切に海洋投棄されたマスクによって、環境が汚染されているのみならず、ウイルス感染の拡大という事態まで引き起こしているとのこと...

ワクチン接種をめぐる攻防戦の行方、プラスチック汚染も誘発(中)

  実際、11月上旬には、世界各地で「ワクチン接種の義務化に反対するグローバル・デモ」が展開されました...

ワクチン接種をめぐる攻防戦の行方、プラスチック汚染も誘発(前)

  11月1日時点で新型コロナウイルスによる世界の死者数が500万人を超えました。国別で見ると、アメリカが最多で75万人、その次にブラジルの61万人、インドの46万人、メキシコの29万...

COP26へ向かう岸田総理、地球温暖化に歯止めをかけられるか(後)

  一方、我が国は福島の原発事故以来、それ以前の温室効果ガス削減目標の達成が難しくなっており、環境大国とは言い難い状況に置かれています。というのも、原発事故の影響で...

COP26へ向かう岸田総理、地球温暖化に歯止めをかけられるか(中)

  コロナ以前には世界のトップリーダーとして最も頻繁に海外訪問を重ねていたのが、習近平主席でした。年平均14カ国を訪問、34日間は国外に滞在...

COP26へ向かう岸田総理、地球温暖化に歯止めをかけられるか(前)

  10月31日の衆議院議員選挙の結果、自民党は単独過半数を確保できたため、岸田総理は英グラスゴーで開会中の国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)へ飛び立つことになりま...

アメリカに出始めた現実的な対中ビジネス路線への回帰(後)

  一方、気がかりなのは台湾情勢です。中国の台頭を最も危険視するバイデン政権はトランプ政権時代より、同盟国に加え、ヨーロッパ勢も巻き込んでの「中国包囲網」の形成に余念がないからです...

アメリカに出始めた現実的な対中ビジネス路線への回帰(前)

  トランプ前大統領もバイデン現大統領も、こと中国に関しては「アメリカの経済基盤や民主主義の土台を揺るがしかねない脅威」との見方で一致しているようです...

日本もカモにされた米軍によるアフガニスタン統治の失敗(後)

  米軍はアフガニスタンを20年に渡り占領し、アフガン社会の治安回復や経済の安定にはまったく貢献できないまま、タリバンに追い出されるという不名誉な終わり方をしてしまった...

日本もカモにされた米軍によるアフガニスタン統治の失敗(中)

  しかも、アメリカ政府はこうした膨大な復興経費や戦費を借入金で賄ってきていた。その利払いは5,000億ドルに達しており、今後も返済が続くものである...

日本もカモにされた米軍によるアフガニスタン統治の失敗(前)

  ロシアからの報道によれば、アフガニスタンのガニ大統領は迫りくるタリバンに恐れをなしてか、首都カブールから家族や側近とともにアラブ首長国連邦(UAE)に脱出してしまった...

自民党総裁選、新総理の内政・外交にどのような変化が想定されるか?(後)

  要は、自民党内の4大派閥をまとめるような力量や構想、資金力を持つ候補者は不在ということだ。3人のうちの誰が総裁に選出され、総理の座に就いたとしても、毎年のように短期政権が入れ替わる...

自民党総裁選、新総理の内政・外交にどのような変化が想定されるか?(前)

  第100代目となる新総理の座を射止めるのは誰だろうか。また、新たな体制の下で、日本はコロナ禍を乗り越え、経済発展を取り戻すことができるだろうか...

米中対立が深刻化 最悪のシナリオを避ける方策は?(後)

  米国と中国では貧富の格差が広がる一方だ。米中の対立は、国民の不満を「外敵」へ向けさせるという常套手段なのか。台湾を舞台とした危険な駆け引きは、一歩間違えれば核戦争を引き起こしかねな...

米中対立が深刻化 最悪のシナリオを避ける方策は?(前)

  これまで日本を含む各国がアフガン復興支援で投じた莫大な金額は水の泡と消えた。今後は台湾を舞台に、アメリカのバイデン政権は同じことを繰り返そうとしているようだ...

pagetop