HOME > 地域・文化

地域・文化

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)

  2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなっていた。脊振山で霧...

2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋

  サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。5年かけてたどり着いた待望のトップカテゴリー、J1...

2021年02月26日 15:05

福岡工業大学の鵜木洋二理事長が死去

  (学)福岡工業大学の鵜木洋二理事長が23日に肺がんで死去した。鵜木氏は1997年から理事長を務めていた...

2021年02月24日 11:24

広がる糸島の交通手段、オンデマンドバスとトヨタC+podが登場

  糸島半島を舞台に、効率的な輸送体系の確立と、IoTの活用による良好な交通環境の創造を目的に進む実証実験「よかまちみらいプロジェクト」。先行して、九州大学伊都キャンパス構内で学生・教...

2021年02月24日 09:00

【縄文道通信第62号】縄文道―能力Q~縄文道―武士道―未来道(後)

  直観、五感、六感を練磨する合気道が動の禅とすれば 静の禅は座禅であろう。たとえばアップルの創業者の故・スティーブ・ジョブズが座禅を習慣としていたことは有名な話だ。欧米のIT、DXの...

2021年02月22日 09:31

【縄文道通信第62号】縄文道―能力Q~縄文道―武士道―未来道(前)

  2002年11月1日にビジネス社から発刊された拙著『能力Qセルフ・プロデュース』は、ある意味での縄文道の実践編を著している。「能力Q」の名付け親は、当時の企画会社、(株)全通企画の...

2021年02月18日 16:35

とことん「リアル」なアート展~日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」

  「こんな時期だからこそ、作品を見る人がほっとして、明るい気持ちになってほしいという思いが強くなりました」。日々の生活のなかで何気なく過ごせることの幸せや、つい忘れがちなときめきを抽...

2021年02月17日 13:00

コロナ禍での「孤食(個食)」について考える(後)

  介護を勉強するために専門学校に通っていた妻(当時65歳)が、訪問介護の実習でとあるお宅を訪問したときのこと。80過ぎの独り住まいの男性。要介護4。頼まれて昼食を作ることになり、得意...

2021年02月16日 16:27

コロナ禍での「孤食(個食)」について考える(前)

   私が運営する「サロン幸福亭ぐるり」の常連来亭者の半数は配偶者に先立たれたり、離婚したりした独居者である。政治・経済・芸術(演歌を除く)が話題に上ることはない。驚くことに料理の話も...

2021年02月16日 15:00

『脊振の自然に魅せられて』大雪の金山登山(後)

  ようやくピークにつくと、時刻は午後1時を過ぎていた。非常食を急いで食べてエネルギーを補給する。筆者はコップに入れた即席ぜんざいに保温ポットの湯をそそぎ、亀田の柿の種を頬張り、コンデ...

2021年02月15日 15:06

『脊振の自然に魅せられて』大雪の金山登山(前)

  1月の7日から12日にかけて、全国的に寒波がやってきた。脊振山系でも5年ぶりに本格的な冠雪がみられた。天気の状態を見て、ワンゲルの先輩で「脊振の自然を愛する会」の副代表Tへ「雪が降...

2021年02月15日 14:37

【縄文道通信第61号】縄文道―融合知~縄文道―武士道―未来道

  日本史では、聖徳太子が17条の憲法で「和」の概念を、正式に成文化したかたちで伝えた。和を貴ぶ文化はその後も継承された。現在も、「和」を貴ぶことがとくに諸外国の文化と比べて際立ってい...

2021年02月05日 15:38

福岡工業大学の新理事長に大谷忠彦氏

  学校法人福岡工業大学は1月29日の理事会において、鵜木洋二理事長が3月31日付で辞任し、常務理事兼評議員の大谷忠彦氏が4月1日付で就任することを決定した...

2021年02月05日 14:59

今年度の「福岡検定」試験は2/14(日)WEB開催!申込は2/9(火)まで

  今回で8回目となる「福岡検定」。「福岡って実は○○って知っとった??」と思わず福岡の自慢をしてしまう、そんな「福岡通」になってもらうために実施されている検定試験だ...

2021年02月04日 16:24

【縄文道通信第60号】縄文道―感性知~縄文道―武士道―未来道(後)

  Net-IB Newsでは、(一社)縄文道研究所の「縄文道通信」を掲載していく。今回は第60号の記事を紹介。

pagetop