HOME > 政治・社会

政治・社会

 福岡を中心に九州エリア全域の政治ニュース、行政ニュース、社会ニュースを配信。
2021年06月21日 16:43

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(30)~新福岡空港島(案)の配置による高さ制限の緩和

  これまでの検討内容を踏まえて新空港島を配置すると、下の図のようになる...

2021年06月21日 14:19

【スクープ】豊前市3セクが詐欺疑惑の取締役を解任 三原朝彦衆院議員の元「顧問」

  いったい何者だったのか?――福岡県豊前市が出資する第3セクターが5月に解任した取締役の正体について、関係者が一様に首をひねっている。衆院議員・三原朝彦氏の顧問も務めていたこの男性...

えだノンだめノン優柔不断

  菅義偉氏は主権者である日本国民を甘く見ている。主権者の意思を尊重する考えなど毛頭持ち合わせていない。政治の権力者が好きなように何でもできると考えている。民主主義国家の首相として最低...

2021年06月20日 06:00

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(7)

  そのため、再び日本という国が活気と豊かさを取り戻し、一主権国家として国際社会のなかでしかるべき地位にあることを望むならば、まずは国民1人ひとりが新自由主義流の「フェア」の呪縛を...

2021年06月19日 06:00

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(6)

  しかし、社会において人的資本としての存在意義しか与えられない以上、人々は「自分の活動や人生設計を自由に選択することなどできないし、欠乏と不平等の世界にいながら...

2021年06月18日 16:00

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(29)~新福岡空港島(案)配置のオリジナル検討(4)

  さて、ここで確認しておかなければならないのは、実はこれまでは、滑走路配置をクロースパラレル方式で、空港島の大きさを約530haで検討を行っていたということだ...

菅義偉氏が必ず不幸になる理由

  菅義偉氏も最低最悪の首相。最低最悪の首相が続く。だが、原因をつくったのは日本の国民。選挙で自公に多数議席を与えた結果として現在の状況がもたらされている...

2021年06月18日 14:18

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(5)

  日本だけでなく、新自由主義を導入した先進資本主義諸国はことごとく、豊かな社会を実現するどころか不正と貧困の蔓延する不幸な分断社会に堕している。しかも、肝心の「世界大戦」でも新興諸国...

2021年06月18日 13:41

【福岡県】中小企業へ月次支援金を給付

  福岡県は新型コロナ感染症緊急事態措置またはまん延防止等重点措置にともなう、飲食店の休業・営業時間短縮や外出の自粛等の影響により、売上が大きく減少している中小企業者に対して、支援金を...

2021年06月18日 13:32

【福岡県】緊急事態宣言解除、7月11日までまん延防止等重点措置へ移行 協力金を引き続き支給

  政府は17日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け10都道府県に発出している緊急事態宣言について、20日をもって沖縄県を除く9都道府県の宣言を解除し、うち福岡県を含む7都府県に対して...

2021年06月17日 16:03

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(28)~新福岡空港島(案)配置のオリジナル検討(3)

  新福岡空港島の配置案を検討するにあたって、現在も2008年当時と条件面の大きな変化はないと述べたが、1点だけ異なる部分がある。それは、アイランドシティに3棟の超高層タワーマンション...

2021年06月17日 11:21

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(4)

  新自由主義は、オーストリア学派の経済学者フリードリヒ・ハイエク(1899-1992)の自由主義思想の流れを汲み、70年代にケインズ主義を批判しながら台頭...

2021年06月17日 06:00

パークサンリヤン大橋耐震問題訴訟、福岡大教授2名の暴論(後)

  『原告側の証拠として構造設計に関する文献を提出していますが、日本建築学会に論文を発表している文献の執筆者について、被告は「大学教授でもないのに」と誹謗中傷しています...

2021年06月16日 16:00

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(27)~新福岡空港島(案)配置のオリジナル検討(2)

  前回述べたように新福岡空港島の候補地の検討については、志賀島から相島・福津までの玄界灘一帯にメッシュをかけ、そこにさらに条件を重ねて絞り込んでいくことにする...

2021年06月16日 14:00

さらば、新自由主義~2度目の「焼け野原」から立ち上がるために(3)

  ところが、前回に述べた焼け野原とは異なり、今回は人々の様子が明らかにおかしい。前回、日本国民が敗戦の「茫然自失」から我に返り、その原動力をなしたものは、まずは「屈辱」感であった...

pagetop