HOME > シリーズ 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

植草一秀氏ブログ「知られざる真実」

政治経済学者・植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介。

自滅に進む枝野幸男氏野党共闘拒絶 NEW!

  衆議院総選挙投票日が1週間後に迫る。多くの主権者である市民が日本政治の刷新を求めている...

野党共闘候補の勝利を勝ち取る

  日本の主権者は国民。国民が正当に選挙された国会における代表者を通じて行動する。 国政は国民の厳粛な信託によるもの...

川田龍平議員はワクチンリスク警鐘を

  「ワクチン接種証明」に意味がないことをメディアは正しく伝えるべきだ。「接種証明・陰性証明パッケージ」と称しているが、両者はまったくの別物...

選挙の前に明らかにしておくべきこと

  衆院選が公示された。10月31日の投票日まで2週間弱の選挙戦が展開される。自公政治の打破が求められるが、そのためには基本政策を共有する野党勢力が連帯して対応することが必要不可欠...

立憲民主党支持が高まらない理由

  衆院総選挙が10月19日に公示される。投票日は10月31日。安倍・菅政治が9年近くにわたって持続し、政治の劣化が目を覆うばかりになった...

学校を辛いところにする大人たち

  子どもの自殺増加が報じられた。2020年度に自殺した生徒や児童が初めて400人を超えた。 また、いわゆる「不登校」児童・生徒が19万人を超えた。いずれも過去最高...

野党共闘否定なら立憲大惨敗必至

  連合に付き従う立憲民主党。現在の日本政治を刷新しようと考える主権者のどれだけが、この立憲民主党を支持するのか...

共産手を引けば立憲実力がわかる

  問題の核心は旧民主党、旧民進党、立憲民主党の鵺(ぬえ)体質にある。日本支配勢力の基本戦術は野党の分断。反自公勢力を「共産党と共闘する勢力」と「共産党とは共闘しない勢力」 に分断...

薬害根絶する意思がない厚労省

  接種証明・陰性証明パッケージの実証実験が始められたが、推進する者の知能が疑われる。 ワクチンを接種してもコロナに感染する。ワクチンを接種しても他人にコロナをうつす...

野党統一候補選定を市民が担う

  10月4日、招集された臨時国会で岸田文雄氏が第100代の内閣総理大臣に選出され、岸田内閣が発足した。岸田氏は10月14日に衆院を解散し、総選挙を10月19日公示、10月31日投票の...

4野党協定と共産提言で政治刷新

  9月3日に菅義偉氏が首相辞任の意向を表明した。1カ月の長時間を要して新しい内閣への引き継ぎが行われる。菅内閣の支持率は3割を割り込み、菅首相は余命10カ月の宣告を受けた...

再燃必死の甘利明氏UR疑惑

   NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は「木岸田氏が甘利氏を自民党幹事長に起用したことで、UR疑惑が再燃し、政権運...

禍福はあざなえる縄の如し

  理想は大切だが、一方で現実的思考も重要。日本政治の刷新を求めている多くの主権者。日本政治を変えなければならないと考える個人は多い...

為政者に必要な最重要資質は人格力

  9月29日に投票日を迎えた自民党の党首選。勝利したのは岸田文雄氏だった...

誰が日本政治を支配しているのか

  安倍・菅内閣の責任処理も行わず、国会の最大責務である国会審議も職務放棄して自民党は祭り騒ぎに明け暮れている。責任を問われるのはメディア...

pagetop