HOME > 企業・経済

一般

2018年10月24日 09:33
NEW!

【続報】産廃不法投棄事件の真相(6)~不明確が不安を生む

 佐賀県鳥栖市で産業廃棄物の中間処理場を運営していた(株)北斗が起こした不法投棄問題。事件発覚から4年が経過した今年7月、鹿児島県に不法投棄された廃石膏ボードの処理をめぐり...

人材の活性化で企業体質の強化を図る(後)

(株)マルモク 付加価値のあるオリジナル商品開発へ  省施工商材の開発を行うことで、現場の作業員でも簡単につくれる商材を開発しているのも同社の特色。代表的な...

2018年10月24日 07:02
NEW!

日馬富士裁判で学ぶ日本の法律(3)

青沼隆郎の法律講座 第17回 判例にない高額の慰謝料請求の意味  テレビ解説者で国際弁護士の八代氏は的確に本件訴訟の本質を説明した。本件訴訟が、単なる損害賠...

地場企業を育成したバンカー~経営者の指導や町の文化向上にも尽力(3)

福岡銀行元専務 富重 泰行 氏  地域の発展には、商工業の育成が欠かせない。それを担うのが、主に地元の銀行であろう。預金という形で企業の財産を守るとともに、必要な...

2018年10月23日 13:31

【続報】産廃不法投棄事件の真相(5)~鹿児島県を直撃した

 佐賀県鳥栖市で産業廃棄物の中間処理場を運営していた(株)北斗が起こした不法投棄問題。事件発覚から4年が経過した今年7月、鹿児島県に不法投棄された廃石膏ボードの処理をめぐり...

人材の活性化で企業体質の強化を図る(前)

(株)マルモク 木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績 (株)マルモク 村田 一朗 代表  (株)マルモクは1970年3月、現代表...

2018年10月23日 11:34

九大教育学部AO入試で出題ミス

 九州大学は22日、10月20日に実施された2019年度 教育学部AO入試(第1次選抜)で出題ミスがあったことを発表した。  ミスがあったのは小論文の試験問題で、設問文...

咲顔(えがお)溢れる職場が生み出す圧倒的な安心感と信頼感(後)

(株)へいせい 徹底的な顧客フォローで選ばれる企業へ  『へいせいの木の家』や『サイエンスホーム』など、商品自体に強みをもつが、それだけでは600棟以上とい...

2018年10月22日 15:48

九州と高知を結ぶ宿毛フェリーが運航休止~燃料高騰で

高知の宿毛市と大分県佐伯市を結ぶ、宿毛フェリー  高知県の宿毛港(宿毛市)と大分県の佐伯港(佐伯市)を1日3往復で結んでいた宿毛フェリーが、10月19日か...

2018年10月22日 15:23

「サトウのごはん」、最大25円値上げ

 「サトウのごはん」の販売で知られる佐藤食品工業(株)(本社:新潟市東区、佐藤元社長)は16日、新潟県産米を使用した「サトウのごはん(包装米飯商品)」の希望小売価格の改定と、一...

咲顔(えがお)溢れる職場が生み出す圧倒的な安心感と信頼感(前)

(株)へいせい 人と住まいを支える存在として幅広い事業を展開  2017年に創業70周年を迎えた糸島地区トップクラスのゼネコンである(株)へいせい。今では新...

2018年10月22日 11:46

【続報】産廃不法投棄事件の真相(4)~墨塗りの文書届く

 佐賀県鳥栖市で産業廃棄物の中間処理場を運営していた(株)北斗が起こした不法投棄問題。事件発覚から4年が経過した今年7月、鹿児島県に不法投棄された廃石膏ボードの処理をめぐり...

2018年10月22日 11:02

九電が太陽光発電を狙い撃ち 4度目は過去最大の出力制限

 九州電力は21日、一部の太陽光発電を停止する「出力制御」を13日、14日、20日に続いて実施した。制御対象は93万キロワットでこれまでで最大規模だった。  また、九...

2018年10月22日 10:15

地域ボランティア「ひまわり会」 10周記念年パーティーで決意新た

的野 寛 会長  福岡の経営者らが組織するボランティア団体「ひまわり会」は19日、福岡市内のホテルで発足10周年記念祝賀会を開催した。  会長の的野寛...

2018年10月21日 07:05

【続報】産廃不法投棄事件の真相(3)~裁判資料から当時を読む

 佐賀県鳥栖市で産業廃棄物の中間処理場を運営していた(株)北斗が起こした不法投棄問題。事件発覚から4年が経過した今年7月、鹿児島県に不法投棄された廃石膏ボードの処理をめぐり...

pagetop