HOME > 企業・経済

一般

2021年01月20日 09:34

コワーキングスペース、fabbit(株)が(株)システムソフトと吸収合併

  (株)システムソフト(東京都千代田区大手町)は4日、コワーキングスペースを運営する(株)fabbitと1日付で吸収合併したことを発表した...

11期連続で増収増益 福岡発セーフティズコンサルタント

  工事現場で使われる安全用品などの販売・レンタル、看板・サインメディアの製作・販売を柱に、総合安全商社として業界トップクラスのシェアを誇る(株)グリーンクロス...

2021年01月20日 07:00

モバイル産業スパイ事件騒動録~楽天モバイルに引き抜かれた転職者が、ソフトバンクの5G情報を持ち出していた!(後)

  楽天モバイルによる基地局の整備を担う線路技術者の引き抜きは、氷山の一角でしかない。優秀な人材は、各社とも是が非でもほしい。IT業界では、人工知能(AI)など先端技術者に通じたエリー...

2021年01月19日 16:42

【佐賀県】佐賀大発「オプティム」がNTT東などと「NTTドローン」設立

  佐賀大学発のコンピューター・ソフト会社「オプティム」、NTT東日本、ドローン販売「ワールドリンク」の3社は18日、埼玉県朝霞市にドローン(無人航空機)を応用して産業支援を手がける「...

2021年01月19日 15:02

JR博多シティの飲食店が期間限定で弁当販売中!

  JR博多シティで“うまかもん”を提供する「くぅてん」「デイトス」「デイトスアネックス」「三百歩横丁」の一部飲食店が、2月5日(金)までの期間限定で弁当を販売している...

2021年01月19日 14:05

中洲の灯は絶えない(2)接待はなくならない〜「ロイヤル・ボックス」ママ・藤堂和子氏

  今回の緊急事態宣言などについて、中洲で50年にわたり経営に携わってきた「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子氏に話を聞いた...

2021年01月19日 11:30

2020年休廃業・解散企業数が過去最多の約5万件に

  昨年の休廃業・解散企業数は4万9,698件(前年比14.6%増)と5万件に迫り、調査開始の2000年以降で過去最多となった...

2021年01月19日 10:11

ヤマダHD、ベスト電器などを吸収合併~店名は維持

  (株)ヤマダホールディングス(群馬県高崎市)は18日に開催された取締役会で、グループ内の組織再編を行うことを決議した...

2021年01月19日 09:30

モバイル産業スパイ事件騒動録~楽天モバイルに引き抜かれた転職者が、ソフトバンクの5G情報を持ち出していた!(中)

  それにしても、ソフトバンクのセキュリティの甘さには驚かざるをえない。報道によると、合場邦章容疑者は、ソフトバンクに辞職を申し出た2019年11月から退職する12月31日までの間、約...

無電柱化で安全&快適な都市生活をつくる 社会貢献を胸に、サステナブルな挑戦も

  ひと昔から比べて、街の模様は大きく変わった。高層ビルや商業施設、道路など、時代とともに街の景色は移ろっていく。かつては当たり前のように立っていた電柱は、どんどん視界から消え、地下埋...

2021年01月18日 11:34

モバイル産業スパイ事件騒動録~楽天モバイルに引き抜かれた転職者が、ソフトバンクの5G情報を持ち出していた!(前)

  高速通信規格「5G」に関する技術情報を不正に持ち出した疑いがあるとして、ソフトバンクから楽天モバイルに転職した男が1月12日、警視庁に逮捕された。人材の引き抜き、情報の持ち出しをめ...

2021年01月18日 11:00

【福岡県に緊急事態宣言】(9)コロナ非常事態宣言のなかで

  1月6日に「コロナ陽性」と診断されて、7日にホテルに身柄を拘束された友人Aの話を紹介する。友人Aは、まず昨年12月28日にゴルフコンペに参加した。その後、プレーメンバー4人で中洲の...

2021年01月18日 10:48

JR九州ホテルズ、ホテルの客室をテレワーク向けに開放

  JR九州ホテルズ(株)(福岡市博多区、松本淳也代表)は、運営するホテル「ブラッサム」などの客室を、本日18日よりテレワーク向けとしても開放する...

後世にすばらしい時代を残すために 学生と企業をつなぐ「Pando」

  ほとんどの情報がスマートホンを使って調べることができるようになった現代。コロナ禍の影響もあり、Eコマース事業の普及が急速に進んでおり、食事やサービスなど買い物以外では口コミが重要視...

2021年01月18日 07:00

ストラテジーブレティン(270号)~年初の経済市場点描、株高は当然だ(後)

  今市場にバブルがあるとすれば、それは債券である。今後、金利が上昇し、価格下落は避けられないであろう(国債は時価評価されないため、満期以前の評価損を計上する必要がなく、それが過剰な債...

pagetop