2022年05月19日( 木 )
by データ・マックス

武者リサーチ「ストラテジーブレティン」

【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(6)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(6)
 そもそも21世紀には牧歌的自由貿易説、比較優位説が成り立たない事情があったことが以下の点から指摘される。
国際
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(5)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(5)
 現在のハイテク・半導体・ソフトウエアなどの先端分野では、自由貿易の原則が通用しないことを認識しておく必要がある。
国際
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(4)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(4)
 産業集積はどのようにしてできるのだろうか。多くの製品は特定の地域の特産となっている。そこにしかない天然資源、海山の珍味に由来するものもあるが、たいていはほとんど偶然の産物である。
国際
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(3)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(3)
 TSMCは台湾一国生産体制だが、それはTSMCにとってもリスクである。インテルはEUの補助金も受けて、欧州に製造拠点の建設を計画している。
国際
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(2)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(2)
 世界のハイテク産業の主役はインターネットプラットフォーマーGAFAMであり、半導体もソフトウエア・設計といったソフトになっていると思われているが、必ずしもそれは正しくない。
国際
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(1)
【神風、円安2】TSMCの日本拠点強化と日台協力が産業復活のカギ(1)
 恩典的円安の時代、購買力平価から相当程度(3割以上)安い為替レートが定着し、日本の価格競争力に為替面からの恩典が与えられる時代が始まった。懲罰的円高時代と同様に、今回も経済合理性とともに、覇権国米国の国益がカギとなる。
国際
【神風、円安1】日本ハイテク産業集積復活への道筋(後)
【神風、円安1】日本ハイテク産業集積復活への道筋(後)
 ストラテジーブレティン302号(4月1日)で分析したように、日本の競争力を根底的に破壊した懲罰的円高の時代ははっきりと終わり、日本に恩典を与える実力以上の円安の時代が始まっている。
国際
【神風、円安1】日本ハイテク産業集積復活への道筋(前)
【神風、円安1】日本ハイテク産業集積復活への道筋(前)
 円が1ドル131円までの急落となり、武者リサーチが過去10年にわたって主張し続けてきた長期円安の時代の到来が明らかになった。
国際
“米国衰退論”誤りのみならず罪づくり(後)
“米国衰退論”誤りのみならず罪づくり(後)
 そうなると米国の圧倒的優位性が浮かび上がってくる。米国は世界最大の石油ガス産出国かつ純輸出国である。エネルギー価格上昇は国全体ではマイナスではない。
国際
“米国衰退論”誤りのみならず罪づくり(前)
“米国衰退論”誤りのみならず罪づくり(前)
 ウクライナ戦争勃発以降、連日報道される悲劇の連続に気が重くなる。が、だからと言って世界の将来を悲観すべきではないだろう。ウクライナ戦争でプーチンが勝利する可能性はない。
国際
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(後)
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(後)
 しかし今、日本が貿易赤字国に転落したことで、恩典的円安の時代に入っていくのではないだろうか。それは購買力平価から相当程度(2~3割か)安い為替レートが定着し、日本の価格競争力に為替面からの恩典が与えられる時代である。
国際
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(中)
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(中)
 通貨の長期推移を振り返ると、日本円と中国人民元の特異性が際立つ。図表5に示す1995年以降の主要国通貨の実質実効レート推移により考えてみよう。
国際
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(前)
懲罰的円高から恩典的円安の時代へ(前)
 3月の3週間(3/10 115円/ドル→3/28 125円/ドル)でドル円レートは10円の急落となった。
国際
ウクライナ戦争とエネルギー安全保障(後)
ウクライナ戦争とエネルギー安全保障(後)
 米国とNATOは中国に踏み絵を迫っている。ロシア産天然ガスの購入、軍事物資支援などを通して経済支援を行い、西側の制裁に対する抜け道を提供することが疑われているが、それへの対応次第では中国が孤立しかねない。
国際
ウクライナ戦争とエネルギー安全保障(前)
ウクライナ戦争とエネルギー安全保障(前)
 軍事、地政学の専門家ではないが、一定の論点整理を試みたい。電光石火の攻撃により緒戦で勝利し、ウクライナ側に(1)非武装中立化、(2)クリミア半島の主権譲渡などをのませるというプーチン氏の目論見は完全に失敗した。
国際
プーチンのウクライナ侵攻、ロシア凋落の始まりか(後)
プーチンのウクライナ侵攻、ロシア凋落の始まりか(後)
 ウクライナが徹底抗戦姿勢を変えないとすれば、プーチン氏の退陣のみが究極の解決策となる。
国際
プーチンのウクライナ侵攻、ロシア凋落の始まりか(前)
プーチンのウクライナ侵攻、ロシア凋落の始まりか(前)
 ロシアがウクライナに対する軍事侵攻に踏み切って1週間が経ち、両代表団によってベラルーシで停戦協議が行われている。刻々変化する戦況を判断することは危険ではあるが...
国際
「消費は美徳」思想のルネサンスを(後)
「消費は美徳」思想のルネサンスを(後)
グッドニュースはデフレの最悪期はアベノミクス登場で過ぎ去ったことである。円高が止まりデフレ(恒常的物価下落)も終焉し、日本においても企業には旺盛なアニマルスピリットが戻っている。
国際
「消費は美徳」思想のルネサンスを(中)
「消費は美徳」思想のルネサンスを(中)
 この生産性上昇の果実は経済統計ではほとんど捕捉できていないので、人々は需要不足とデフレリスクのマグニチュードを軽視してしまう。
国際
「消費は美徳」思想のルネサンスを(前)
「消費は美徳」思想のルネサンスを(前)
 「潮が引いた時、誰が裸で泳いでいたかがわかる」、はカリスマ投資家W・バフェットの言葉であるが、コロナパンデミックは我々に意外な気付きを与えた。日本人の萎縮した経済心理が世界の常識からかけ離れているという事実である。
国際
  • 1
  • 2
  • 7