国際

2020年08月06日 14:30

ニューヨークは必ず再起する(前) NEW!

  ついこの間まで世界コロナ都市と呼ばれてもおかしくないぐらい、新規感染者や死者が多かったニューヨーク。普段より長い冬のなか、狭いアパートで何カ月も監禁されたことをすっかり忘れきったか...

2020年08月06日 11:30

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(4) NEW!

  南シナ海での米中対立と連動するかのように、台湾や香港をめぐる米中両国の政治・軍事面での駆け引きもエスカレートしている...

2020年08月06日 11:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(8)インドの友人の思い出 NEW!

  ニューデリーの国営アショカホテルで、インドシルク、民芸品、骨董品、宝石を扱う3つの店舗を経営していたサテイパル社長とは、今も付き合いを続けている...

2020年08月05日 13:22

レバノンで爆発事故、死者78名、邦人1名も負傷 ゴーン氏の住居も被害か

  8月4日午後6時頃(現地時間)、レバノンの首都ベイルートで大規模な爆発事故が発生した。中東の英字メディアによると、少なくとも死者が78名、負傷者が4,000名以上に達している...

2020年08月05日 10:56

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(3)

  コロナ危機後の国際情勢は、米国衰退と中国台頭が加速するなかで、米中対立が激化する懸念が高まっている。その最前線は、南シナ海や台湾海峡をめぐる米中間の緊張と対立...

2020年08月05日 10:21

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(7)駐インド各国大使館との交流(後)

  まじめで親日家、価値観も共有するミッタル氏とは意気投合し、刎頸(ふんけい)の交わりを結んだ。事あるごとに紅茶を持参し、社宅を訪問し、日印政治経済論議に花を咲かせた...

2020年08月04日 16:01

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(後)

  韓国政府は、急激なウォン安が起こらないように、どのような対策をしているのだろうか。それは、為替介入である...

2020年08月04日 12:00

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(2)

  米国はオバマ政権時代の2011年に、当時のヒラリー・クリントン国務長官が発表した「米国の太平洋世紀」と題する論文を基にした「リバランス(再均衡)政策」を掲げ、米軍の世界的再配置に着...

2020年08月04日 11:09

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(6)駐インド各国大使館との交流(前)

  バグダッド時代にお世話になった駐イラク日本大使の深井龍雄氏が、駐コロンビア大使に栄転した縁もあり、ニューデリーでは駐インドコロンビア大使と親しく交際した...

2020年08月03日 17:23

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(前)

  韓国経済がおかれている環境は、厳しさを増している。まず、昨年から起こっている米中貿易摩擦により、韓国経済は大きなダメージを受けてきた...

2020年08月03日 16:32

ポストコロナ時代の新世界秩序と東アジアの安全保障(1)

  「新型コロナウイルス危機」が起こってから、感染拡大防止のために都市封鎖や外出自粛が行われる一方で、経済活動が長期停滞するのを恐れて都市封鎖の解除や外出自粛の緩和が行われるなど、まさ...

2020年08月03日 09:00

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(5)アフガニスタンへ日本製灌漑機械を初輸出

  スパナやボルトなどの自動車用ハンドツールは、鋳物製だ。大阪と浜松の鋳物業者が、日本では環境上の問題もあり競争力もなくなったため、鋳物工業の仕入れ先をインドに変更するため調査でインド...

2020年07月31日 15:30

李登輝元台湾総統が死去~台湾の「本土化」を推進した「哲人」政治家(前)

  7月30日午後7時24分(日本時間同8時24分)、李登輝元台湾総統が台北市内の入院先の病院で死去した。享年97歳。李元総統は今年2月に牛乳を誤嚥して病院に搬送され、肺炎治療のため入...

2020年07月31日 11:30

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(4)インド産アルコール、ゼラチンを輸入

  ニチメン(株)大阪化学品部から「インドの砂糖キビから精製したアルコールを輸入するため、アルコール製造業者を探してほしい」という指示を受けた、ボンベイ近くで製造業者を見つけた...

2020年07月30日 10:40

元総合商社駐在員・中川十郎氏の履歴書(3)初の国産旅客機YS11の軌跡

  日本車のイラク向け初輸出、イラク原油の日本向け直接買い付け交渉、イラク軍向けの軍用トラック工場建設やバッテリー工場建設プロジェクトなどに努力していたこともあり、ニチメン本社では...

pagetop