2024年06月13日( 木 )

和田大樹

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

中国、日本の水産物全面輸入停止の撤廃要請拒否の理由は
中国、日本の水産物全面輸入停止の撤廃要請拒否の理由は
 日本と中国との貿易摩擦は長期的に続きそうだ。
国際
日本とEUが経済安全保障で接近 脱中国の背景にあるもの
日本とEUが経済安全保障で接近 脱中国の背景にあるもの
 日本とEUはバリで5月2日、経済安全保障協力についての閣僚級の会合を開催し、重要な戦略物資の調達などで協力し、特定国に依存しないサプライチェーンの構築を共同で構築していくことで合意した。
国際
中国習政権が関税法を可決 その狙いは
中国習政権が関税法を可決 その狙いは
 中国の全国人民代表大会の常務委員会は4月、関税法を可決した。
国際
米中半導体覇権競争の行方 強まる友好国への圧力
米中半導体覇権競争の行方 強まる友好国への圧力
 米中間の先端半導体をめぐる覇権競争は今後も続くことは間違いないが、最近顕著に見られるのが中国への圧力ではなく、米国の同盟国・友好国への圧力だ。
国際
日本企業と中国をめぐる状況
日本企業と中国をめぐる状況
 ウクライナ侵攻から2年が過ぎ、5選をはたしたプーチン大統領はさらに15万人を動員する大統領令に署名し、今後ウクライナでの攻勢を強めていく。
国際
課題となるイスラエル企業との関係
課題となるイスラエル企業との関係
 政治の世界ではイスラエルの孤立する姿が鮮明に見えるが、これは経済の世界にも影響をおよぼしている。
国際
現実味を帯びるトランプ再選 日本企業が想定しておくべきこと
現実味を帯びるトランプ再選 日本企業が想定しておくべきこと
 米国では3月5日、大統領選の候補者指名争いで最大の山場となるスーパーチューズデーを迎えた。全米15州で一斉に予備選が行われ、これまで8連勝と圧倒的存在感を示してきたトランプ氏が14州で勝利...
国際
激化する中東情勢 日本の海上輸送への影響は
激化する中東情勢 日本の海上輸送への影響は
 昨年10月7日以降、イスラエルとイスラム主義組織ハマスとの間で攻防がエスカレートして以降、中東情勢の緊張が高まっている。
国際
ロシアによるウクライナ侵攻から2年 日本企業にとってのロシア
ロシアによるウクライナ侵攻から2年 日本企業にとってのロシア
 今月下旬で、ロシアによるウクライナ侵攻からちょうど2年となる。2年前の今頃、ロシアがウクライナに侵攻するかしないかで専門家の間で議論が活発となり、多くの専門家は...
国際
2024年最大の地政学リスク トランプ再選による影響
2024年最大の地政学リスク トランプ再選による影響
 2024年が始まった。今年は台湾やインドネシア、インドやロシアなど各国で選挙が行われる選挙イヤーだ。そのなかでも最大のポイントになるのが11月の米大統領選挙の行方だ。
国際
日本企業を取り巻く台湾情勢の行方
日本企業を取り巻く台湾情勢の行方
 近年、日本企業の間では台湾有事をめぐる懸念が聞かれ、台湾在住の駐在員の退避基準を策定するなど危機管理体制を強化する動きが広がっている。
国際
中東情勢と日本への影響
中東情勢と日本への影響
 今年10月7日、パレスチナ自治区・ガザ地区を実行支配するイスラム原理主義組織ハマスが、イスラエルへ大規模な奇襲攻撃を仕掛けてから2カ月が経過する。
国際
なぜ米国はイスラエルの過剰な軍事行動を懸念するのか 陰に中ロの存在
なぜ米国はイスラエルの過剰な軍事行動を懸念するのか 陰に中ロの存在
 10月7日に、パレスチナ・ガザ地区を実行支配するイスラム原理主義組織ハマスがイスラエル領内にロケット弾を発射して以降、双方の間で戦闘が激化している。
国際
イスラエル情勢激化、欧米でテロへの警戒強まる 在留邦人が取るべき対応策
イスラエル情勢激化、欧米でテロへの警戒強まる 在留邦人が取るべき対応策
 米国FBI(連邦捜査局)のレイ長官は10月31日、イスラエル軍とイスラム組織ハマスの戦闘が激化していることを受け、米国内でテロが発生する危険性が別次元で高まっているとし...
国際
激化する中東情勢 日本経済への影響は
激化する中東情勢 日本経済への影響は
 日本のエネルギー安全保障の中核である中東で再び軍事的緊張が高まっている。
国際
激化する中東情勢 駐在員の退避を考える
激化する中東情勢 駐在員の退避を考える
 10月7日にパレスチナ・ガザ地区を実効支配するイスラム原理主義組織ハマスがイスラエル領内へ奇襲攻撃を仕掛けて以降、イスラエル軍はガザへの攻撃を強化し、これまでの犠牲者数は双方で3,000人を超えている。
国際
日本企業の脱中国は進むのか
日本企業の脱中国は進むのか
 米中対立や台湾情勢、半導体覇権競争などにより、こんにち日中関係は冷え込んでいる。
中国 国際
先端半導体の覇権競争 日本が注視していくべきもう1つのリスク
先端半導体の覇権競争 日本が注視していくべきもう1つのリスク
 日本が福島第一原発の処理水放出を始めたことで、中国は日本産海産物の輸入を全面的に停止した。
中国 半導体 国際
加熱する半導体覇権競争 ただし、中国が過剰な対抗措置を取れない理由
加熱する半導体覇権競争 ただし、中国が過剰な対抗措置を取れない理由
 世界の分断が進むといわれるなか、今日、台湾情勢と同じように米中間では先端半導体をめぐる覇権競争が激化している。
中国 半導体 国際
緊張が高まる台湾情勢 日本企業の動向
緊張が高まる台湾情勢 日本企業の動向
 昨年8月はじめ、米国ナンバー3ともいわれるペロシ前米下院議長が訪台してからちょうど1年が過ぎた。
台湾 国際