国際

2019年11月22日 11:11

在日朝鮮人「北送」から60年 「歴史の転換点」を曲がった文在寅の韓国(前) NEW!

  韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権がGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)を失効させ、「日米の紐帯」から離脱するのが確実になった。今年は3・1独立運動から100年、在日朝鮮人の帰...

2019年11月19日 07:00

インド市場は本当に魅力的な市場なのか?(後)

  各国はインド市場で、どのように動いているのだろうか。日本は1980年代からインド市場に関心を寄せて動いていた。進出した企業数はすでに5,000社を超えており、2000年以降の累積投...

2019年11月18日 11:38

インド市場は本当に魅力的な市場なのか?(前)

  グローバル企業によるインド市場への進出が加速している。現在のインドの人口は世界2位の13億4,000万人で、2024年ごろには中国を追いぬいて人口世界一になることが予想されている。

2019年11月15日 16:10

日本の近未来を左右するアジアの新潮流:その源流はインドにあり!?(中編)

  ロシアからの援助や協力がなければ、中国はアメリカやその同盟国との軍事的な対立に勝てる見込みはない。本音の部分ではロシアと中国はともに世界的な覇権を目指している国同士。時にライバル視...

2019年11月12日 10:00

2020年のIMO規制の導入で激変する造船業界(後)

  中国の造船産業は現在どのような状況に置かれているのだろうか。中国の造船産業はバルク船、コンテナ船などにおいて、価格競争力を武器にし、韓国の造船産業の大きな脅威だった。

2019年11月11日 12:19

劉鍾海元大統領顧問との思い出~DEVNET/JAPAN理事長・明川文保氏

  1986年アジア大会、1988年ソウル五輪の開催資金確保に当時韓国は苦しんでいた。そこで東京銀行頭取の柏木雄介氏に海外経済協力基金の理事長、安倍官房長官秘書源氏田重義氏に総務部長、...

2019年11月11日 11:48

【韓国元大統領顧問が語る】韓国が30-50クラブに加入~悪化する日韓関係を乗り越えて、より良い両国発展の道を

  劉鍾海 氏  韓国の元大統領顧問で、延世大学教授などを歴任した劉鍾海氏が3日、福岡市内でインタビューに応じ、悪化する日韓関係の今後について語った。 ...

2019年11月11日 11:14

2020年のIMO規制の導入で激変する造船業界(前)

  国際海事機関(IMO)は海洋の汚染を抑制するため、2020年1月から環境規制をスタートさせる。IMOは温室ガスの削減を目指し、2020年から船舶の燃料油の硫黄含有量を既存の3.5%...

2019年11月08日 13:30

日本の近未来を左右するアジアの新潮流:その源流はインドにあり!?(前編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋...

2019年11月06日 13:13

注目を集めている北極海航路(後)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏  夢のような北極海航路ではあるが、課題がないわけでもない。氷が溶けて北極海航路の運航ができるようになったとはいえ、依然厳しい...

2019年11月05日 14:13

注目を集めている北極海航路(前)

  日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏  地球温暖化の影響で北極海の氷が減少している。北極圏の気温上昇は全世界平均の2倍だと言われおり、その影響で、氷が今でも溶け続...

加熱する米中貿易戦争 データ覇権で遅れる日本(4)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  最近のデータによれば、アメリカの大学や大学院で電子工学や石油化学関連を学ぶ学生の81%は外国人である。また、コンピュータ・サイエン...

加熱する米中貿易戦争 データ覇権で遅れる日本(3)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 威圧的なアメリカの現状  2018年11月に3度目の来日をはたしたアメリカのペンス副大統領も、トランプ大統領の意向を代弁し...

2019年11月01日 14:14

アジア、世界を襲う水と食糧不足の危機:今こそ日本の出番!(後編)

  現在の灌漑システムはおおむね50年から70年の寿命を経ており、既に耐用年数が過ぎたと言っても過言ではない。各地で水が漏れだしており、農地に必要な水量が行き届かないという状況が見られ...

加熱する米中貿易戦争 データ覇権で遅れる日本(2)

  国際政治経済学者 浜田 和幸 氏 アメリカを凌駕する中国の挑戦  ところで、アメリカ農務省は2015年4月の時点で、さらに驚くべき報告をまとめていた。すなわ...

pagetop