HOME > シリーズ 未来トレンド分析シリーズ

未来トレンド分析シリーズ

『007』のジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが愛したバハマの魅力(4)

  中国はカリブ海諸国に対してコロナウイルス対策のワクチン購入費として10億ドルの提供を約束。また、災害救援策や平和維持活動といった名目でも支援を重ねている…

『007』のジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが愛したバハマの魅力(3)

  「ブルーエコノミー」という言葉がある。青い海をイメージさせるバハマ政府の造語である。このキャッチコピーのおかげで、海外から探検家、投資家から観光客まで引き寄せているわけだ…

『007』のジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが愛したバハマの魅力(2)

  バハマは日本から遠く、ピンとこない人も多いに違いない。アメリカのフロリダ半島の先に位置するカリブ海。そこに浮かぶバハマは人口40万人に満たない小さな島国だ…

『007』のジェームズ・ボンド役 ショーン・コネリーが愛したバハマの魅力(1)

  スコットランドの貧しい家庭に生まれたコネリー。本名は「トーマス・ショーン・コネリー」。父親はゴム製造工場の作業員で週給2ポンド(約3,000円)。母親は臨時の掃除婦だった…

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(4)

  マイクロソフトのビル・ゲイツ氏は「インターネット上の仮想国家」の出現を予測している。そして、地上にも「リベルランド」と銘打った仮想国家がヨーロッパに誕生した...

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(3)

  菅義偉新総理が打ち出した新たな政策の目玉が「デジタル社会の実現を促進する司令塔」と位置付けられるデジタル庁の新設である。その実現に向けて、「21世紀の石油」とも呼ばれる“データ”の...

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(1)

  アメリカでは大統領選挙が終盤を迎えている。近年、毎回のように話題になるのは、外部勢力の介入である。前回の2016年には、ロシアのサイバー部隊が暗躍...

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(4)

  その背景には、トランプが不動産やカジノ・ビジネスに邁進していたころからロシアのマフィアとのつながりが深く、プーチンとは一蓮托生の関係にあったことが指摘されている...

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(3)

   アメリカのコーネル大学が10月1日に発表した「コロナウィルスとデマ」に関する報告書は衝撃的な内容だった。アメリカを含む全世界で公開された3,800万本のニュース記事のうち、実に5...

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(2)

  歴史の必然かもしれないが、かつての超大国アメリカの屋台骨は事程左様に崩れ始めている。その引き金を引いたのは新型コロナウィルス(COVID-19)だ...

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(1)

  世界が注目した第1回目のトランプ対バイデン両大統領候補者によるテレビ討論は「アメリカ史上最悪!」とまで揶揄された。まさにそのハチャメチャぶりにはアメリカの有権者のみならず、アメリカ...

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:ワクチン外交の行方(4)

  そこで思い出されるのはプーチン大統領の出身地サンクトペテルブルクにあるバイオカッド研究所である。この研究所は表向きガンの研究で知られているが、プーチン大統領の特命研究テーマを与えら...

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:ワクチン外交の行方(3)

  これでは国際的な不信感は高まるばかりであろう。状況を改善しようということで、ロシアの貿易大臣であるマントゥロフ氏も国内のテレビに登場し...

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:ワクチン外交の行方(2)

  しかし、強面のプーチン大統領は「ロシアにはウイルス研究20年の歴史がある。治験者の数は少なくても大丈夫」と“余裕しゃくしゃく”である。「ロシア直接投資ファンド」が5,400万ドルの...

激化する新型コロナ・ワクチンの開発競争:ワクチン外交の行方(1)

  一体全体、どこまで各国政府の発表するデータや専門家と称される人々の発言を信じてよいものか。やたらと不安感を煽り、ワクチンの開発と接種を急がせるための「製薬メーカーの陰謀ではないか」...

pagetop