2018年04月20日 07:02

スルガ銀行、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の詐欺事件に役員が片棒担ぐ(後)

個人向け融資特化型にビジネスモデルを転換  スルガ銀行は、地銀のなかでは絶滅危惧種といえる同族経営の銀行だ。岡野一族の同族経営で、5代目の岡野光喜氏が会長兼CEO(最高経 ...

2018年04月19日 10:31

スルガ銀行、シェアハウス「かぼちゃの馬車」の詐欺事件に役員が片棒担ぐ(前)

 女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営するスマートデイズ(旧・スマートライフ、東京・中央)は4月9日、東京地裁に民事再生法を申請したが18日、同地裁より申請を棄却 ...

2018年04月11日 07:04

大塚家具はなぜ事業承継に失敗したのか(後)

子ども5人に均等に株を与えた  大塚家具は創業者による事業承継の典型的な失敗例となった。父娘の骨肉の争いに敗れた創業者の大塚勝久氏は大塚家具を去り、新たに匠大塚を設立。会 ...

2018年04月10日 11:00

大塚家具はなぜ事業承継に失敗したのか(前)

 中小企業の経営者の悩みは事業承継の問題である。後継者がいないため会社は自分の代で終わると考えている経営者が増えているが、それでも、子どもに継がせるのが主流であることには ...

2018年04月09日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(8)

独立資本へ移行  武野社長は必死で工場用地を探した。これまでの位置から西へ10キロほどの所に工場を構えた。2000年のことだ。やはり田畑を工場用地に開発された場所であった ...

2018年04月08日 07:02

上村建設、繁栄の根幹は『後退は死す』という精神にあり(後)

2代目上村秀敏社長の時代  2代目・上村秀敏社長は74年に入社した。88年8月に専務、96年6月副社長、2000年4月に社長就任と計画通りにステップアップをした。専務に就 ...

2018年04月07日 07:02

上村建設、繁栄の根幹は『後退は死す』という精神にあり(前)

 今回の上村建設とコーセーアールイーの対談のなかで、私は上村社長に「2017年10月期を評価する言葉は芸術だとしか言いようがない」と正直に語った。この期の売上高259億9 ...

2018年04月06日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(7)

広大な工場集積地帯  筆者は「中国で一番、経済的に豊かなゾーンは上海および江蘇省・浙江省地区」だと考えている。経済的に一番の要因は製造工場が密集しているからである。昨年9 ...

2018年04月05日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(6)

上海行政の豹変  上海市政府の豹変ぶりが武野社長に幸運をもたらした。もちろん、環境汚染撲滅の要因となる素材加工業の一掃政策は決定済みであったことは承知のこと。加えて、上海 ...

2018年04月04日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(5)

中国のベネチア、鳥鎮  1時間の工場視察を終えて車で40分の場所にある浙江省北部嘉興市桐郷市にある鳥鎮という観光地に向かう。上海からバスで2時間弱という交通の便の良さと宿 ...

2018年04月03日 07:03

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(4)

地方はいまだ工業団地建設ラッシュ  行きは、上海着9時50分の便で福岡を発った。同行者は阿久根さん。前述したが、上海浦東国際空港は現在、4本の滑走路と2つのターミナルで運 ...

2018年04月02日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(3)

ハングリー精神の喪失  都市の成熟だけではない。上海人そのものの意識が、相対的に成熟してきたと感じた。  劉氏の話に移ろう。同氏は妻と共稼ぎして月収35万円を得ていた。事 ...

2018年03月30日 07:02

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(2)

福岡の10倍!インフラ整備の驚くべきスピード  上海の地下鉄建設工事のスピードの速さは、前述した通りである。浦東にかかる南北2本の大橋は2年で完成した。92年のことである ...

2018年03月29日 09:33

(株)アダル、武野重美会長が見た上海の「いま」(1)

 友人と上海に飛んだのは今年1月13日。15日まで滞在した。アダル(本社:福岡市博多区)の武野重美会長の上海での近況取材が目的であった。 経済成長率でわかる、沈む日本、日 ...

2018年03月22日 09:46

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(10)

 今回は、ツアーに参加した名島活用(仮名)氏によるシシリー島の食文化についてのレポートを掲載する。 シシリーの食と文化  ヨーロッパは荒涼なるごつごつとした岩と、その合間 ...

2018年03月21日 07:03

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(9)

俺はイタリア人ではない、シシリー人だ 地震が怖い=ラグーサの都市から学ぶ  農業レストランを去って一路、南下する。地中海にぶつかる一歩手前にラグーサという街がある。300 ...

2018年03月20日 14:12

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(8)

最高に充実した日、2月24日 歴史の都市・シラクーサ  2月24日は幸先の良い1日になった。午前8時にはホテルを後にしてタオルミーナから南へ150キロの距離にあるシラクー ...

2018年03月19日 15:18

自民党国会議員の皆さま!昭恵・晋三夫婦内閣の打倒へ!!

今や日本は、昭恵・晋三夫婦内閣  自民党国会議員の先生方!!まずは結論から述べます。  一刻も早く「昭恵・晋三夫婦内閣の打倒」を実行しましょうや!!  本当に情けないと思 ...

2018年03月19日 13:16

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(7)

後光が差し、朝焼けに震え立つ  朝5時、雨の音は消えた。外はまだ真っ暗闇である。「ようやく雲が晴れて陽がみられる状態になったな」と確信した。その後、うとうとしていたら6時 ...

2018年03月14日 10:30

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(6)

シシリー島に惹かれてしまった私(後)  シシリー島の人々がよく使う言葉がある。それは「リスペット(rispetto)」、日本語で「尊敬」を意味する言葉だ。さらにgive& ...

2018年03月13日 11:14

支配・侵略の6000年の歴史の変遷~イタリア・シシリー島(5)

 前回、シリーズ(4)で紹介した日本人ガイド神島えり奈氏の現地レポートを掲載する。今後、月1回のペースで神島氏の記事を掲載する予定だ。 シシリー島に惹かれてしまった私(前 ...

pagetop