HOME > 国際 > トランプ氏の北方領土カジノ構想 日米ロ3カ国のベンチャービジネスとなるか(2)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月01日 11:06

トランプ氏の北方領土カジノ構想 日米ロ3カ国のベンチャービジネスとなるか(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏

 そして、本題の「北方領土カジノ構想」です。2005年、トランプ氏が来日した際、私にいろんなビジネスプランを紹介してくれました。当時、最大のテーマになったのが「国後島のリゾート開発」です。自分の持つ経験、資金、ノウハウを投入し、ホテル、カジノ、商業施設、アミューズメントパークが一体となった統合型リゾート施設(IR)やハブ空港を建設したいとアピールしていました。

 トランプ氏は浮き沈みを幾度も経験しています。大成功もあれば破綻もありました。トランプ氏はお酒をあまり飲まない、煙草もしない、ギャンブルもやりません。とはいえ、不動産開発、ビジネスにおいては「ギャンブラー」的な面があります。「ここぞ」と思ったら資金を投入します。ニューヨークの不動産開発において、全面的に彼の資金を支えていたのは日本の銀行でした。

money-min 特に彼に潤沢な資金を提供していたのは、長銀(日本長期信用銀行)でした。彼の方から希望したのではなく、長銀の方から「使ってください」とばかりに大量の資金が融資されたといいます。

 ところが、日本でバブルが崩壊すると、長銀始め日本の銀行は手の平を返して「貸しはがし」を行いました。「2、3年待って欲しい」とトランプ氏も懇願したそうですが、銀行は彼の申し出を断りました。

 「あんな惨めな思いをした事はかつてなかった」と、彼は語っていました。「日本の銀行は信用できない。もう二度と日本とは付き合わない」とまで思ったようですが、その後また考え直します。「失敗したのはそれだけ先が読めなかったからだろう。自分の目を覚まさせてくれたのは日本の銀行ではないのか?」。

 彼が破綻した時、日本の銀行も米国の銀行も資金を引き上げたのですが、唯一彼に投資した「救世主」がいました。ロシアの投資ファンドでした。当時のロシアは資源大国として注目された時で、経済新興国として発展しており、海外の投資案件を目の色を変えて模索していたわけです。

 ロシア・ファンドが注目したのはトランプ・カジノでした。カジノでは多額のお金がやり取りされます。そこでは本物と偽札を判別させる紙幣識別機が欠かせません。この識別機の開発に一番秀でているのはロシアのメーカーであり、トランプ・カジノではロシア製の識別機が多く使用されています。トランプ氏にとってロシアは恩人であり、後年、「モスクワにトランプ・タワーやカジノを造りたい」と語っていました。

 しかし、ロシア国内で一番開発の余地があるのはシベリア、カムチャツカ、北方四島等の極東地域です。首都モスクワから見れば「忘れ去られた土地」です。北方四島の人口は2万人以下であり、国後、択捉の住民の三割はウクライナ系で、強制移住で住まわされた経緯があります。一方、自然や資源は豊かです。近年、国後島には50トン超の金鉱脈があるとも報じられました。海洋資源だけに留まらない魅力はありますが、これらを開発するには技術も資金も足りません。

 ロシア国内の未開発地域に注目していたトランプ氏ですが、ロシアでの不動産取得は思うようにはいかず、土地の使用権は認められても所有権は認められず、投資できない状況がありました。例外的に投資ができる環境として挙げられたのが、北方四島でした。日本・ロシアの国境の島であるこの地域を、第三国・米国資本として参入し、開発させる。その突破口として「国後島開発計画」を彼は立ち上げます。そこへの訪問客として期待していたのは中国の富裕層でした。昨年12月に日露間で合意された北方四島の共同開発ですが、約10年前、トランプ氏が提唱した計画から発したものでもありました。

 私は以前、自著『ハゲタカが嗤った日』(集英社インターナショナル)で、イ・アイ・イ・インターナショナル社長・高橋治則氏のことを書いた事があります。彼は「日本のドナルド・トランプ」との異名を持つ不動産王でした。日本だけでなく、環太平洋地域にまで彼の資産は広がり、一兆円規模とまで言われていました。その彼が一番力を入れたのがニューヨークであり、リージェンシー、フォーシーズン等のホテルを買収し、成功していたのですが、バブル崩壊後、彼も長銀から手の平を返され、破綻してしまいます。

 この高橋氏とトランプ氏は親交があり、北方四島の開発計画に高橋氏も誘われていました。ですが北方領土はソ連時代から不法に占領されている経緯があり、日本企業は参入できない状況があります。この政治的問題が一番の課題でした。そのため、ここ10年程、この計画はお蔵入りしていたのです。しかしトランプ氏の大統領当選により、再び脚光を浴びる事になります。

(つづく)

<プロフィール>
hamada_prf浜田 和幸(はまだ・かずゆき)
国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鉄、米戦略国際問題研究所、米議会調査局等を経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選を果たした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。
今年7月にネット出版した原田翔太氏との共著『未来予見〜「未来が見える人」は何をやっているのか?21世紀版知的未来学入門~』(ユナイテッドリンクスジャパン)がアマゾンでベストセラーに。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

福岡空港出資、議員条例案が39対20で可決~条例予算特別委員会

重要課題から置き去りにされた市議会の反発  3月27日、福岡市議会 条例予算特別委員会の総会で、自民党市議団が提案した「活力ある福岡空港づくり基金条例案」が可決された。同 ...

2017年03月27日 16:20
NEW!

アビスパ福岡、順調に勝ち点積み重ねる

 J2アビスパ福岡は、3月19日(日)にホームで第4節熊本戦、同26日(日)にアウェイで第5節山形戦を戦い、熊本に2-1で勝利し、山形とは0-0の引き分けだった。第5節終 ...

2017年03月27日 16:01
NEW!

従来の会計業界の殻を破り、中小企業の「経営」を守る(中)

 税理士、弁護士、社労士、司法書士、行政書士等々数多くの士業の垣根を越えて、フォーラムやさまざまなセミナーを手掛ける楠本グループ。忘れかけている日本人としての誇りを取り戻 ...

2017年03月27日 15:36
NEW!

本社移転~airBest(株)

 宿泊予約サイトのホスト運用代行などを手がけるairBest(株)(エアベスト、黒木透代表)は建築物件のコンサルティングなどの業務拡充にともない、3月21日に下記へ本社を ...

2017年03月27日 15:23
NEW!

西中洲のコインパーキングがホテルに

 清潔感溢れ、カジュアルで足を運びやすい外観を持つ飲食店が目立つ西中洲エリア。現在、ホテルや商業ビルなど、人の流れを集束させる建物の新設も予定されている。  昨年3月に積 ...

pagetop