HOME > 国際 > 熾烈な競争が予想されるNAND型フラッシュメモリ市場(後)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月07日 09:00

熾烈な競争が予想されるNAND型フラッシュメモリ市場(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 それでは、NAND型フラッシュメモリの市場状況を見てみよう。

 メモリには大きく分けて「DRAM」と「フラッシュメモリ」とがある。今まではDRAMがメモリ市場を牽引してきた。しかし、数年前からNAND型フラッシュのほうが、DRAMより市場も大きく、成長率も高くなっている。

 2015年のDRAMの記憶容量は570億GBであったが、20年には1,750億GBになるとのことだ。その一方で、フラッシュメモリの15年の記憶容量は823億GBであったが、20年には5,084億GBへの成長が見込まれている。それによって、当然のことだが、韓国企業はフラッシュメモリへの大規模投資を実施している。

pc 3次元NAND型フラッシュメモリ分野で少し出遅れていたSKハイニックスも、3次元NANDフラッシュを量産するため、清州(チョンジュ)工場に2兆2,000億ウォンの投資を決定。17年下半期には72層の3次元NANDフラッシュの量産を目指している。

 日本の東芝も3,600億円を投資し、滋賀県の四日市工場を増設すると発表している。東芝はもともとNAND型フラッシュメモリの元祖であるし、技術力もあって、東芝が投資と技術開発に集中できれば、サムスン電子にとって最も怖いライバルになるだろう。
 中国のXMC社もアメリカのスパンション(Spansion)社と提携して3次元NANDフラッシュの技術開発に着手した。ただ、NANDフラッシュメモリ工場の建設には、2年余りの時間が必要であるため、今後2~3年間は韓国企業の優位は保たれることが予想される。しかし、現在の莫大な投資は2~3年後の市場に何からの変化をもたらすだろう。

 もう1つの市場の変動要因は、東芝の半導体事業の分社化である。

 東芝は先月30日に原発事業からの損失発生による財務的な懸念を解消する一方、半導体事業の投資財源を確保するため、半導体事業を分社化すると発表した。東芝の発表によると、コア事業の1つである原子力発電事業から、最大で7,000億円の損失が予想されるという。
 持続的な成長が見込まれていて、また大規模な投資が必要な半導体事業を分社して、新会社の持ち株の20%ほどを売却し、投資余力を確保したいというのが分社の目的のようだ。
 東芝と提携することが目されている相手は、現在の事業パートナーであり、HDDの世界最大手であるウェスタンデジタル。ウェスタンデジタルからしても、東芝は現在の事業パートナーであるし、戦略的な意味合いにおいても組みやすい相手であろう。

 16年第3四半期のNAND型フラッシュメモリの市場シェアはサムスン電子が36.6%で1位、東芝は19.8%で2位、3位は17.1%でウェスタンデジタルになっている。3位のウェスタンデジタルと2位の東芝が一緒になると、シェア1位に躍り出る可能性は十分ある。サムスン電子にとっては、これは大きな脅威であろう。
 ウェスタンデジタル以外にも、東芝の株の買収に興味を示している会社がある。シャープを合併した鴻海(ホンハイ)グループの郭台銘(テリーゴウ)会長、それから韓国のSKハイニックス、日本のキヤノン、日本政策投資銀行などである。ところが、持ち株の売却は成功するかどうか、どの会社がパートナーになるのかは、蓋を開けてみないとわからない。もう少し時間が必要であろう。

 NAND型フラッシュメモリは年々、倍くらいの成長が予想されるだけに、市場の競争は激しくなりそうだ。熾烈な市場でどの会社が生き残れるのか、興味津々である。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop