HOME > 国際 > 熾烈な競争が予想されるNAND型フラッシュメモリ市場(後)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月07日 09:00

熾烈な競争が予想されるNAND型フラッシュメモリ市場(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)

 それでは、NAND型フラッシュメモリの市場状況を見てみよう。

 メモリには大きく分けて「DRAM」と「フラッシュメモリ」とがある。今まではDRAMがメモリ市場を牽引してきた。しかし、数年前からNAND型フラッシュのほうが、DRAMより市場も大きく、成長率も高くなっている。

 2015年のDRAMの記憶容量は570億GBであったが、20年には1,750億GBになるとのことだ。その一方で、フラッシュメモリの15年の記憶容量は823億GBであったが、20年には5,084億GBへの成長が見込まれている。それによって、当然のことだが、韓国企業はフラッシュメモリへの大規模投資を実施している。

pc 3次元NAND型フラッシュメモリ分野で少し出遅れていたSKハイニックスも、3次元NANDフラッシュを量産するため、清州(チョンジュ)工場に2兆2,000億ウォンの投資を決定。17年下半期には72層の3次元NANDフラッシュの量産を目指している。

 日本の東芝も3,600億円を投資し、滋賀県の四日市工場を増設すると発表している。東芝はもともとNAND型フラッシュメモリの元祖であるし、技術力もあって、東芝が投資と技術開発に集中できれば、サムスン電子にとって最も怖いライバルになるだろう。
 中国のXMC社もアメリカのスパンション(Spansion)社と提携して3次元NANDフラッシュの技術開発に着手した。ただ、NANDフラッシュメモリ工場の建設には、2年余りの時間が必要であるため、今後2~3年間は韓国企業の優位は保たれることが予想される。しかし、現在の莫大な投資は2~3年後の市場に何からの変化をもたらすだろう。

 もう1つの市場の変動要因は、東芝の半導体事業の分社化である。

 東芝は先月30日に原発事業からの損失発生による財務的な懸念を解消する一方、半導体事業の投資財源を確保するため、半導体事業を分社化すると発表した。東芝の発表によると、コア事業の1つである原子力発電事業から、最大で7,000億円の損失が予想されるという。
 持続的な成長が見込まれていて、また大規模な投資が必要な半導体事業を分社して、新会社の持ち株の20%ほどを売却し、投資余力を確保したいというのが分社の目的のようだ。
 東芝と提携することが目されている相手は、現在の事業パートナーであり、HDDの世界最大手であるウェスタンデジタル。ウェスタンデジタルからしても、東芝は現在の事業パートナーであるし、戦略的な意味合いにおいても組みやすい相手であろう。

 16年第3四半期のNAND型フラッシュメモリの市場シェアはサムスン電子が36.6%で1位、東芝は19.8%で2位、3位は17.1%でウェスタンデジタルになっている。3位のウェスタンデジタルと2位の東芝が一緒になると、シェア1位に躍り出る可能性は十分ある。サムスン電子にとっては、これは大きな脅威であろう。
 ウェスタンデジタル以外にも、東芝の株の買収に興味を示している会社がある。シャープを合併した鴻海(ホンハイ)グループの郭台銘(テリーゴウ)会長、それから韓国のSKハイニックス、日本のキヤノン、日本政策投資銀行などである。ところが、持ち株の売却は成功するかどうか、どの会社がパートナーになるのかは、蓋を開けてみないとわからない。もう少し時間が必要であろう。

 NAND型フラッシュメモリは年々、倍くらいの成長が予想されるだけに、市場の競争は激しくなりそうだ。熾烈な市場でどの会社が生き残れるのか、興味津々である。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年06月22日 15:56

JR九州ドラッグイレブン、3年後には東京本格進出か

 JR九州ドラッグイレブン(株)が東京本格進出に足がかりをつかんだ。同社は、7月に「ドラッグイレブン京橋店」(東京都中央区京橋)の出店で東京に進出する。今後、2018年2 ...

2017年06月22日 15:43

丸和運輸機関がAZ-COM交流会を開催。地場運送業者ら多数集まる

 6月21日、福岡市内にて一般社団法人AZ-COM丸和・支援ネットワーク第一回九州エリアパートナー企業研修交流会が行われた。  この会は、東証1部上場企業の物流会社(株) ...

2017年06月22日 15:35

幸福の国コスタリカ その現状と課題とは?(前)

(一財)カンボジア地雷撤去キャンペーン 大谷 賢二 理事長 ユナイテッドピープル(株) 関根 健次 代表取締役  イギリスの民間シンクタンクのニューエコノミクス財団が発表 ...

イギリスを襲うテロと大火災のダブルパンチ~求心力を失うメイ首相(1)

国際政治経済学者 浜田 和幸 氏  イギリスのメイ首相には、災難が次々と襲いかかっているようだ。このままでは、首相としての任期を全うできないのでは、との声が与党保守党内部 ...

2017年06月22日 13:42

西鉄大橋駅、特急停車駅へ

 西日本鉄道(株)(本社:福岡市中央区、倉富純男社長)は21日、西鉄天神大牟田線のダイヤ改正に伴い、今年8月26日より特急列車を大橋駅に停車させると発表した。これにより同 ...

pagetop