HOME > 政治・社会 > 福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 15:02

福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

 福岡市内で初となる小中一貫教育校が、能古島(西区)に誕生する。福岡市の高島宗一郎市長が14日に行った会見で明らかにした。

 現在、島内には福岡市立能古小学校と福岡市立能古中学校がある。両校は同じ敷地内に隣接して立地しており、併設校ではないが学校行事などを連携して実施している。また、両校は福岡市教育委員会より特認校の指定を受けており、島外からの通学も認められている。

 今回、両校の校舎が改築する時期に入ったことや、義務教育関連の規制緩和などの準備が整ったこともあり、施設一体型の小中一貫教育校として新たに生まれ変わる。開校は2019年度を予定。小中一貫校となった後は、教育カリキュラムにもより柔軟性が持たせられるという。
 現在、福岡市内には、アイランドシティの福岡市立照葉小中学校(東区)や、福岡市立舞鶴小中学校(中央区)などの、いくつかの小中連携校が存在するが、施設一体型の小中一貫教育校としては今回が初の事例となる。

 能古小・中学校では、2015年度の「英語が使える中学生日本一」を目指す国際教育礎プランの小中高連携モデル地区に指定され、ICTを活用した遠隔授業を実施するなどの取り組みが進められているほか、能古小の3年生を対象に「ロボット先生によるロボットのプログラミング講座」が行われるなど、これまでにもさまざまな実験的な教育が行われた実績を持つ。

 娘が能古小に通っているという島内在住の男性は、今回の件について「能古小と能古中は同じ敷地内にあることもあり、もともと学校行事などで連携することも多い。今後、一貫校となることで、より一体的でスムーズな教育の連携が図れるのではないでしょうか。スケールが小さい学校ということもあり、良い意味での実験的な教育が行われる学校になれば」と期待を寄せる。

 都心に近く、かつ恵まれた自然環境を持つ能古島。新たに誕生する小中一貫教育校により、子どもたちがより良い教育環境を得られるとともに、島の活性化にもつながることを期待したい。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月23日 17:01
NEW!

日経平均株価~6営業日ぶりに反騰

 23日の日経平均株価は前日比+50円80銭の1万9,434円64銭で取引を終えた。6営業日ぶりの反騰だった。始値は1万9,547円05銭。前場の高値は1万9,561円3 ...

2017年08月23日 16:04
NEW!

高須クリニックに「NO!」を~看過できない、ナチス賛美の妄言

 複数の美容整形外科クリニックを運営する高須クリニック。同クリニックのCMにも登場する高須克弥氏はこれまで、ナチスを賛美する発言をツイッターなどで繰り返してきた。  その ...

2017年08月23日 15:54
NEW!

九州建設(株)、新役員選任

 九州建設(株)は7月27日の第69期定時株主総会と取締役会で下記の通り役員が選任され、それぞれ就任した。 九州建設(株) 役員(※敬称略) 代表取締役会長 神谷 光有 ...

2017年08月23日 15:12
NEW!

ヨシヒコのぶらり漫歩シリーズ・南北海道は冷夏なり(3)~外国人様様(前)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ、あー絶景なり  2008年洞爺湖サミットが行われたが、その拠点がザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパである。海抜640メ ...

2017年08月23日 14:50
NEW!

猛暑・酷暑で新しい手当を支給し始めた

 今年の夏は特に暑い。福岡県内各地で最高気温35度を超える日も珍しくない。8月初めには、糸島市で38.9度を記録。まさに猛暑だ。  福岡市内のある建設会社では、「夏の暑さ ...

pagetop