HOME > 政治・社会 > 福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 15:02

福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

 福岡市内で初となる小中一貫教育校が、能古島(西区)に誕生する。福岡市の高島宗一郎市長が14日に行った会見で明らかにした。

 現在、島内には福岡市立能古小学校と福岡市立能古中学校がある。両校は同じ敷地内に隣接して立地しており、併設校ではないが学校行事などを連携して実施している。また、両校は福岡市教育委員会より特認校の指定を受けており、島外からの通学も認められている。

 今回、両校の校舎が改築する時期に入ったことや、義務教育関連の規制緩和などの準備が整ったこともあり、施設一体型の小中一貫教育校として新たに生まれ変わる。開校は2019年度を予定。小中一貫校となった後は、教育カリキュラムにもより柔軟性が持たせられるという。
 現在、福岡市内には、アイランドシティの福岡市立照葉小中学校(東区)や、福岡市立舞鶴小中学校(中央区)などの、いくつかの小中連携校が存在するが、施設一体型の小中一貫教育校としては今回が初の事例となる。

 能古小・中学校では、2015年度の「英語が使える中学生日本一」を目指す国際教育礎プランの小中高連携モデル地区に指定され、ICTを活用した遠隔授業を実施するなどの取り組みが進められているほか、能古小の3年生を対象に「ロボット先生によるロボットのプログラミング講座」が行われるなど、これまでにもさまざまな実験的な教育が行われた実績を持つ。

 娘が能古小に通っているという島内在住の男性は、今回の件について「能古小と能古中は同じ敷地内にあることもあり、もともと学校行事などで連携することも多い。今後、一貫校となることで、より一体的でスムーズな教育の連携が図れるのではないでしょうか。スケールが小さい学校ということもあり、良い意味での実験的な教育が行われる学校になれば」と期待を寄せる。

 都心に近く、かつ恵まれた自然環境を持つ能古島。新たに誕生する小中一貫教育校により、子どもたちがより良い教育環境を得られるとともに、島の活性化にもつながることを期待したい。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年04月30日 07:00
NEW!

30日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 30日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「MARINER OF THE SEAS」(定員3,807人)で、午前7時に入港し、午後9時半に上海へ向け出港予定となっている。 ...

2017年04月29日 07:00

29日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 29日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「SAPPHIRE PRINCESS」(定員3,286人)で、午前8時に入港し、午後10時に上海へ向け出港する予定となっている。 ...

2017年04月28日 14:30

東京ディズニーリゾート、初の3,000万人割れ。その原因は

 東京ディズニーリゾート(TDR。東京ディズニーランドと東京ディズニーシー)を運営する(株)オリエンタルランドは、2018年3月期の見込み入場者数が2,950万人に留まる ...

2017年04月28日 11:41

戻ってきた「てるちゃん」、中央区赤坂に店舗でオープン!

約1,300名が存続を望んだ憩いの場  福岡市の屋台基本条例で3月末に廃業を余儀なくされた屋台のうち、中央区赤坂で営業していた屋台「てるちゃん」が4月27日に店舗「赤坂屋 ...

2017年04月28日 10:52

トイレ空間を守る「住まいるリフォーム隊」がWEBに出動!~メディアクロス(株)

老舗電気工事業者の新サービス  創業45年の電気工事業者、第一電建(株)(福岡市博多区)が新たに手がけるトイレリフォーム専門の新サービス「住まいるリフォーム隊」。その専用 ...

イベント情報

開催日:2017年5月3日(水・祝)~5月7日(日)

糸島便り、白糸の滝で涼とやまめをGET

開催日:2017年6月23日(金) 午後6時30分

世界を駆ける芸術家の融合

pagetop