HOME > 政治・社会 > 福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 15:02

福岡市初の小中一貫校、能古島に誕生へ

 福岡市内で初となる小中一貫教育校が、能古島(西区)に誕生する。福岡市の高島宗一郎市長が14日に行った会見で明らかにした。

 現在、島内には福岡市立能古小学校と福岡市立能古中学校がある。両校は同じ敷地内に隣接して立地しており、併設校ではないが学校行事などを連携して実施している。また、両校は福岡市教育委員会より特認校の指定を受けており、島外からの通学も認められている。

 今回、両校の校舎が改築する時期に入ったことや、義務教育関連の規制緩和などの準備が整ったこともあり、施設一体型の小中一貫教育校として新たに生まれ変わる。開校は2019年度を予定。小中一貫校となった後は、教育カリキュラムにもより柔軟性が持たせられるという。
 現在、福岡市内には、アイランドシティの福岡市立照葉小中学校(東区)や、福岡市立舞鶴小中学校(中央区)などの、いくつかの小中連携校が存在するが、施設一体型の小中一貫教育校としては今回が初の事例となる。

 能古小・中学校では、2015年度の「英語が使える中学生日本一」を目指す国際教育礎プランの小中高連携モデル地区に指定され、ICTを活用した遠隔授業を実施するなどの取り組みが進められているほか、能古小の3年生を対象に「ロボット先生によるロボットのプログラミング講座」が行われるなど、これまでにもさまざまな実験的な教育が行われた実績を持つ。

 娘が能古小に通っているという島内在住の男性は、今回の件について「能古小と能古中は同じ敷地内にあることもあり、もともと学校行事などで連携することも多い。今後、一貫校となることで、より一体的でスムーズな教育の連携が図れるのではないでしょうか。スケールが小さい学校ということもあり、良い意味での実験的な教育が行われる学校になれば」と期待を寄せる。

 都心に近く、かつ恵まれた自然環境を持つ能古島。新たに誕生する小中一貫教育校により、子どもたちがより良い教育環境を得られるとともに、島の活性化にもつながることを期待したい。

【坂田 憲治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年02月26日 07:00
NEW!

26日のクルーズ客船の博多港寄港予定

 26日に博多港へ寄港するクルーズ客船は「COSTA ATLANTICA」(定員2,680人)で、午前8時に入港し、午後5時に天津へ向け出港する予定となっている。 ▼関連 ...

2017年02月24日 19:04

九州屈指の老舗ゼネコンもM&Aされる 徳倉建設が九州建設を買収

 徳倉建設(株)(所在地:名古屋市、徳倉正晴代表)は24日の取締役会において、九州建設(株)(所在地:福岡市、得丸正英代表)を子会社化することを決めた。320万4,398 ...

2017年02月24日 19:00

グルメンピック2017~和歌山県で代替イベント開催(8)

 突然延期となった「グルメンピック2017」。東京オリンピックに向けて、日本・全国各地のグルメを世界に発信していくことをスローガンとしたグルメイベントという触れ込みで、今 ...

2017年02月24日 18:46

グルメンピック2017~「被害者の会」 刑事告訴へ(7)

 突然の延期となったグルメイベント「グルメンピック2017」の主催者・大東物産(所在地:東京都中野区、中井冬樹代表)が20日、東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同日、破 ...

2017年02月24日 17:44

プレミアムフライデーフクオカ キックオフ!

 24日(金)、天神ソラリアイベントスペース「ライオン広場」(福岡市中央区)にて「プレミアムフライデー フクオカ」のキックオフイベントが開催された。主催は福岡プレ金推進委 ...

pagetop