HOME > 企業・経済 > 住宅 > ライバルはマンション ターゲットを絞った戸建戦略(後)

住宅

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月21日 07:03

ライバルはマンション ターゲットを絞った戸建戦略(後)

山根木材ホーム(株)福岡支店 金谷 昌俊 支店長

 ──福岡市内のターゲットは、どのエリアですか。

 金谷 前述した南区ですね。ターゲットというより、購入しやすいことが理由です。特に大橋・高宮周辺のエリアは魅力的です。それ以外のエリアとなると、土地の価格が極端に下がります。土地価格が安い方が、販売側としてはリスクが少ないと感じます。

 例えば「総額3,000万円前後なら、すぐに売れるだろう」という想定です。どの事業者も同じことを考えますから、供給・在庫過多になっていくと考えられます。2,000~3,000万円の戸建住宅は価格的には良好かもしれませんが、同じエリアにそれらが立ち並ぶと競合が激化し、かつ販売も苦戦することになるでしょう。それより、高宮エリアで6,000万円、大橋エリアで5,000万円の戸建住宅を売り出せば、短期間で完売できます。

 一昨年、地下鉄の唐人町駅から徒歩6分の中央区地行に6棟の住宅を売り出しました。6,000~7,000万円の販売価格です。結果は、建築中即完売でした。昨年は、地下鉄の姪浜駅から徒歩10分の場所に、5,400万円で売り出したところ、こちらも建築中に販売終了いたしました。姪浜エリアで5,000万円台の住宅はかなり高級なクラスに入ります。

 地下鉄の室見駅から徒歩10分のところに、今年の4月に竣工する6,000万円の物件を売り出します。おそらく短期間で完売すると予想しております。なぜなら、これらのエリアには物件がないからです。この物件は、戸建住宅のお客さまでなく、マンションを購入する方々を想定しています。30、40歳台を中心としたお客さまにおいては、今後も都心部での戸建のニーズが、高まっていくと分析しております。我々も、それぞれのエリアの分譲マンションの仕様を徹底的に研究し、お客さまのニーズを分析しました。マンション以上の品質を作り出して供給すれば、必ず求められる住まいになると確信しております。

既存顧客を大切にする

 ──リノベーションや中古住宅の再販などの市場にはどのようなアプローチをされますか。

 金谷 当社のグループ会社には、リノベーションに特化した山根木材リノベーション(株)、リフォームに特化した山根木材リモデリング(株)があります。福岡市内でも、リノベーション・中古住宅では約1,500戸の実績があります。また、長年培ってきた戸建でのノウハウが当社にはあります。中古住宅を購入してリノベーションして再販するなど、お客様のニーズに沿ったフレキシブルな営業展開を行い、これらの分野を強化していく方向です。

 ──さらに木材のプロフェッショナルとして、家具の販売も手がけられていますね。

 金谷 われわれは、住まいを通じて生活のトータルな提案をしております。そのなかで、家具は不可欠な要素です。必ずどこかで購入することになりますから、それなら一緒に販売した方が、施主の方々にとっても良いという発想で家具の販売させていただいております。新築でもリノベーションの時でも提案しております。家具以外でも家電、装飾品など住まいに関わるものに対しては、できる限り当社で手配し販売することを心がけております。新築と同様に、引き渡したあと、施主の方々を丁寧に訪問していくことが大切です。それは、単に「家を売る」ことから「暮らしを売る」という高い志への変化と言えます。われわれの事業を通じて地域の発展に貢献していきたいと考えております。

(了)
【文・構成 河原 清明】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:山根 誠一郎
所在地:広島市南区出島1-21-15
(福岡支店)福岡市南区大池1-26-7
設 立:2014年2月
資本金:5,000万円
グループ会社:ヤマネホールディングス(株)
       山根木材リモデリング(株)
       山根木材メンテナンスサービス(株)
       山根木材リノベーション(株)
       広島ランバーテック(株)
URL:http://www.yamane-m.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年03月28日 16:57
NEW!

『創業の原点に返れ』飯田建設と福岡・九州の土木の歩み(1)

 1951年6月に創業以来、福岡・九州での土木業を中心とした建設分野の事業を手がけ、65年にわたり地域のインフラ・街づくりに貢献してきた飯田建設(株)と同社グループ。20 ...

2017年03月28日 15:52

スマホアプリ決済でカード不要に

 現在我が国のほとんどの人々が、携帯電話を保有している。総務省の2016年度版情報通信白書によると、スマートフォンの利用率は60.2%の数値を示し、年々スマートフォンの利 ...

日本への関心が深まる中国、注目されるのは「日本の利点」

 今回の中国出張は、2月24日に東京を離れてから3月15日に帰ってくるまで、3週間という長さになった。  この3週間で、私は福建省厦門市、四川省成都市、山東省済南市、そし ...

2017年03月28日 14:33

NK細胞の大きな可能性

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  私たちの体には毎日3,000個以上のがん細胞が発生すると考えられている。  それにも関わらず人間がすぐがんにならな ...

2017年03月28日 13:19

43「梅里雪山トレッキング」 2015年10月

 「雨崩(ユイボン)」の山小屋を出発し、神瀑に向けて谷沿いに登っていったが、多くのチベット族の巡礼の人々とすれ違った。 井上正弘 略歴 1948年 宮崎県に生まれる。 1 ...

pagetop