HOME > 政治・社会 > 中国返還20年を迎えた香港の行方(後)

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月14日 15:39

中国返還20年を迎えた香港の行方(後)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、7月14日付の記事を紹介する。


 習近平主席が「中国の夢」と同様に提唱している「一帯一路」と銘打ったアジアとヨーロッパを結ぶ「現代版シルクロード」経済圏構想についても、香港は当初から積極的な対応を見せている。真っ先に参加表明を行うと同時に、「一帯一路」計画の資金面を賄う「アジアインフラ投資銀行」にも出資を決めた。
 「一帯一路」計画に関して、ヨーロッパではドイツが最も熱心に動いている。ユーラシア大陸をカバーするインフラ整備事業にビジネスチャンスを見出そうと、ドイツ企業は「現代版シルクロード計画」に大きな期待を寄せている。7月7日、8日にドイツで開催されるG20首脳会議でもメルケル首相は習近平主席との間で多くのプロジェクトに調印する段取りをつけていた。
 そこでアジア方面に関しては香港の出番というわけだ。香港の戦略は「一帯一路」のインフラ整備をタイやベトナムと組んで展開しようとするもの。香港貿易発展評議会(HKTDC)が中心となり、香港の資金力を活かして「現代版シルクロード」の沿線国とコンソーシアムを形成する考えである。
 ターゲットになっているのは8カ国。具体的には、タイ、ベトナムに加えて、インドネシア、サウジアラビア、UAE、ポーランド、ハンガリー、チェコといった国々となっている。陸路に限らず「海のシルクロード」を想定した布陣に他ならない。

※続きは7月14日のメルマガ版「世界最新トレンドとビジネスチャンス」第72回「中国返還20年を迎えた香港の行方(後編)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年07月22日 13:58
NEW!

藤丸敏代議士の政治パーティーに潜入!「タワマン不倫」報道の影響は?

古賀誠氏のご威光健在の盛況ぶり  21日、自民党・藤丸敏代議士(福岡7区)の政治団体「藤丸至誠会」は、福岡市内のホテルで政治資金パーティーを開催した。面積1,500㎡、立 ...

2017年07月22日 07:03

九州北部豪雨の爪痕(2)~三連水車は未だ回らず

 前回(詳細はコチラ)レポートした藤井養蜂場から100mのところに、朝倉のシンボル「三連水車」がある。江戸時代に設置された「三連水車」と「堀川用水路」は200年以上現役で ...

2017年07月21日 16:46

【九州北部豪雨】現地を歩く~通行止め続く添田町

 21日、福岡県朝倉市、東峰村、添田町、大分県日田市における今回の九州北部豪雨被害は、激甚災害に指定された。  東峰村を過ぎ、添田町に向かって進む。国道500号線は山間部 ...

2017年07月21日 15:48

佐々木冷菓大分支店が事務所・倉庫を拡張

 アイスクリーム・冷凍食品卸地場大手の(株)佐々木冷菓(本社:長崎県佐々町、佐々木繁社長)は、大分支店(大分市大字廻栖野)の事務所と冷凍倉庫を拡張した。  大分地区での取 ...

稲田防衛相と山本地方創生相はほぼ完全にアウト!

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、急降下する支持率に追われる安倍政権に、本格的に最後通牒を突きつけるのは ...

pagetop