HOME > 企業・経済 > 一般 > 法科大学院 破綻する制度

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年07月31日 13:11

法科大学院 破綻する制度

 「国民生活の様々な場面で法曹需要が増大することが予想されています」
 文部科学省のウェブサイトで「法科大学院について」というページを見ると、いの一番にこう書かれている。たしかに「法科大学院」の制度が検討されていた当初は、グローバル化などさまざまな理由で法曹資格者は不足すると予想され、それに基づいた制度設計が行われていた。
 しかし実際はどうか。ひとつの目安として、裁判所が受理した事件数は大幅に減少しており、弁護士のニーズが極端に増えているとは考えにくい。
 また「出口問題」もある。法科大学院修了者の司法試験合格率は2割程度とかなり低いが、旧制度の司法試験はかなりの難関だったイメージがあるためか、これを問題視する声は少なかった。しかし実際には、法科大学院を終了しながら司法試験には合格できない、という「落第組」の就職状況は相当厳しい。法律的知識を本格的に学んだ人材は、日本の一般企業とはマッチしないのだ。法科大学院というキャリアがプラスになるどころか、むしろ4年制大学の卒業生と比べて足かせになる場合すらあるという。仮に医学部や歯学部の卒業生で「医師国家試験に合格しない者」が半数を超えたとすると、彼らの一般職への就職が相当厳しいであろうことは想像に難くない。

 現在、全国の法科大学院では、募集の停止や大学院自体の廃止が相次いでいる。鳴り物入りで始まった司法制度の改革は、そもそもの人材需給の見通し自体が誤っていたというお粗末な理由で崩壊しようとしている。この間、法科大学院からの司法試験合格を夢見ていた学生たちのジャッジを誤らせた責任は、誰がとるのだろうか。

【深水 央】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop