HOME > J2首位アビスパ、「夏の感謝祭」でさらにブースト

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月12日 15:19

J2首位アビスパ、「夏の感謝祭」でさらにブースト

 6月10日のアウェー熊本戦で1-0の勝利を挙げたアビスパ福岡は、レノファ山口と勝ち点35で並び、得失点差で首位に立った。天皇杯を入れれば4連勝と、夏に向けてチームの勢いは大いに上がってきたといえるだろう。

 その勢いそのままに、アビスパ福岡はスポンサー向けイベント「夏の感謝祭」を開催した。第1部はかつて浦和レッズや、FC東京の監督を務め、現在もJリーグ副理事長の要職にある原博実氏を講師に迎えたビジネスセミナー。第2部は懇親会としてトップチームの選手・スタッフが参加した立食パーティーが行われた。

 第1部で登壇した原氏は快活な性格そのままのトークで自らの選手・監督としての体験、そして日本サッカー協会で技術委員長として日本代表監督の人事にもかかわったことなどを語った。今年25周年を迎えたJリーグが次に目指すべきことはさらなる地域貢献だとした原氏は、一方で「Jリーグはアジアのプレミアリーグでなければ」として、アジア圏のサッカー選手たちが目標とするリーグでなければ良けないと語った。

 最後にスペイン・リーガエスパニョーラのビジャレアルが取り組む、障がい者施設やホスピスとのコラボレーションを紹介。ビジャレアルの選手たちは3週間に1度はこれらの施設を訪れたり、利用者をクラブに招いて交流したりしているという。
「ビジャレアルでも、指導者たちが『年に1回ならともかく、これは多すぎるのではないか』と議論したそうです。でも実際に取り組みを始めてみると、選手やスタッフたちが学ぶことのほうが多かった」と原氏。同じスペインのFCバルセロナは「クラブ以上の存在」であるべきだ、とクラブ憲章に記しているが、サッカーの本場で世代を超えて愛されているクラブは完全に地域の一員であり、サッカーにとどまらず幅広い分野で地域社会に参画していることがわかる。「Jリーグ100年構想」が向かう次の25年の1つのモデルといえるだろう。

 第2部の懇親会では、AGA(アビスパ・グローバル・アソシエイツ)専務理事を務める福岡ロジテム(株)の小林専司社長の挨拶についで、ユニフォームスポンサーを務める新日本製薬(株)の後藤孝洋社長が乾杯の音頭を取り、前日熊本で勝利を挙げたアビスパの選手・監督・スタッフらが参加者とともに歓談。FW城後寿ら人気選手の前には握手と写真撮影を求める長い列ができていた。
 閉会の挨拶には自身も熱狂的なアビスパサポーターとして知られる(株)ふくやの川原武浩社長が博多祇園山笠・中洲流の法被姿で登壇。集まったスポンサー一同、J2優勝、J1昇格を後押しする決意を新たにしていた。

【深水 央】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年06月18日 16:50

【大阪地震】宅配業界にも大きく影響

 18日に大阪北部で発生した地震で、宅配業界にも大きく影響がおよんでいる。宅配大手の日本郵政(株)、ヤマト運輸(株)、佐川急便(株)は自社ホームページなどで、通行止めなど ...

2018年06月18日 16:30

日経平均株価下落~前日比▲171.42円の2万2,680円33銭

 18日の東京株式市場における日経平均株価は、大阪府北部で震度6弱を観測した地震の影響などを受けて、前場は先週末の終値より▲189円07銭の2万2,662円68銭。後場に ...

2018年06月18日 15:44

主審の判定に疑問~アビスパ平静を保てず首位陥落 福岡0-2新潟

 16日、J2アビスパ福岡はホームにアルビレックス新潟を迎え、第19節の試合に臨んだ。  「サッカーの基本のところで負けていた」と井原監督が振り返った通り、福岡はセカンド ...

金権腐敗政治象徴としてのもりかけ事案

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、森友学園・加計学園問題の政治的な問題性について論じた6月16日付の記事 ...

2018年06月18日 14:39

【大阪地震】山陽、東海道新幹線が運転再開

 けさ午前7時58分に大阪府北部で発生した地震の影響で、新大阪~岡山間で運転を見合わせていた山陽新幹線は、線路設備の点検が終了し運転を再開した。岡山から新大阪方面行き列車 ...

pagetop