HOME > 鹿児島の歴史(3) 16代義久~18代家久

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年06月12日 11:34

鹿児島の歴史(3) 16代義久~18代家久

 16世紀半ばになって島津氏は薩摩・大隅を統一し、ようやく安定した政権となります。700年近い鹿児島の領主ですが、前半(初代忠久~14代勝久)と後半(15代貴久~29代忠義)とでは随分と違いますね。内乱に明け暮れることの多かった前半に比べ、当主を中心にまとまりのあった後半(いろいろと事件はおこりますが)といえます。

 貴久には、優秀な4人の息子がいました。16代義久・17代義弘・歳久・家久です。義久は貴久の後を継ぎ、1574年には3州統一を成し遂げます。その後、豊後の大友氏、さらに肥前の龍造寺氏を破り、九州統一寸前までいきます。豊臣秀吉の九州征伐で頓挫しますが、強硬派だった歳久は秀吉から自刃を命じられます。

 義弘は、朝鮮の役や関ケ原の戦いで有名です。文禄の役では軍役動員がはかどらず「日本一の遅陣」といわれ、後継ぎの久保(ひさやす)を病気で失っています。慶長の役では、泗川(しせん)の戦いで、大軍を破り「鬼石曼子(しまづ)」と恐れられました。関ヶ原の戦いも1,000の兵で参加し、敵陣突破で何とか薩摩に帰り着きます (「島津の退き口」)が、帰り着いたのは80人程でした。「日本一の遅陣」や1,000という兵の少なさなど、義久と義弘の対立(考えの相違)があったともいわれています。

 1599年、最後の内乱である「荘内の乱」が起こります。1594~95年にかけて、太閤検地が行われました。石田三成が中心となり、島津氏側からは伊集院忠棟が参加します。義久・義弘10万石に対し、忠棟が8万石、荘内(今の都城)を手に入れます。これに不満をもった義弘の子忠恒が忠棟を京都で暗殺し、忠棟の子忠真が乱を起こしました。徳川家康の仲介もありましたが、1602年忠恒は忠真を暗殺し、その後3人の弟も暗殺しました。

 関ヶ原の戦いで西軍だった島津氏は窮地に追い込まれますが、1602年には所領を安堵されます。 18代忠恒は家久と改名(前述の家久とは別人)し、初代薩摩藩主となります。

 1609年には幕府の許可を得て、琉球王国を支配下に治めます。ここに、島津氏は、薩摩・大隅・日向国諸県郡60万5,000石余と琉球12万3,700石の計72万8,000石余を支配する、加賀の前田氏に次ぐ天下第二の雄藩となります。

 15代貴久が居城とした御内城は、戦に明け暮れていたため「築地(ついぢ)一重の屋敷」といわれるほどの急拵えの館でした。家臣のほうが堅固な城をもっている状態で、居城の建設が必要でした。新しい居城が今の鹿児島城(鶴丸城とも)ですが、天守閣はなく、本丸と二の丸に分かれていました、御内城に比べ、「少し手増(てまし)に御座侯(ござそうろう)」という程度でした。義弘などは 「海が近く守りにくい」ということで反対(事実、幕末1863年の薩英戦争では、本陣を内陸に移しました)でした。中心部を流れていた甲突川の流れを変え、海岸を埋め立て、城下を広くしていきました。地形の関係から、東福寺城を本拠地として後、現在まで鹿児島地域は南へ南へと発展していくことになります。

(つづく)

<プロフィール>
麓 純雄(ふもと・すみお)
1957年生。鹿児島大学教育学部卒、兵庫教育大学大学院修士課程社会系コース修了。元公立小学校長。著書に『奄美の歴史入門』(2011)『谷山の歴史入門』(2014)『鹿児島市の歴史入門』(2016 以上、南方新社)。監修・共著に『都道府県別日本の地理データマップ〈第3版〉九州・沖縄地方7』(2017 小峰書店)。ほか「たけしの新世界七不思議大百科 古代文明ミステリー」(テレビ東京 2017.1.13放送)で、谷山の秀頼伝説の解説などに携わる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年06月18日 16:50

【大阪地震】宅配業界にも大きく影響

 18日に大阪北部で発生した地震で、宅配業界にも大きく影響がおよんでいる。宅配大手の日本郵政(株)、ヤマト運輸(株)、佐川急便(株)は自社ホームページなどで、通行止めなど ...

2018年06月18日 16:30

日経平均株価下落~前日比▲171.42円の2万2,680円33銭

 18日の東京株式市場における日経平均株価は、大阪府北部で震度6弱を観測した地震の影響などを受けて、前場は先週末の終値より▲189円07銭の2万2,662円68銭。後場に ...

2018年06月18日 15:44

主審の判定に疑問~アビスパ平静を保てず首位陥落 福岡0-2新潟

 16日、J2アビスパ福岡はホームにアルビレックス新潟を迎え、第19節の試合に臨んだ。  「サッカーの基本のところで負けていた」と井原監督が振り返った通り、福岡はセカンド ...

金権腐敗政治象徴としてのもりかけ事案

 NetIB-NEWSでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、森友学園・加計学園問題の政治的な問題性について論じた6月16日付の記事 ...

2018年06月18日 14:39

【大阪地震】山陽、東海道新幹線が運転再開

 けさ午前7時58分に大阪府北部で発生した地震の影響で、新大阪~岡山間で運転を見合わせていた山陽新幹線は、線路設備の点検が終了し運転を再開した。岡山から新大阪方面行き列車 ...

pagetop