HOME > コダマの核心 > 大塚家具はなぜ事業承継に失敗したのか(前)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年04月10日 11:00

大塚家具はなぜ事業承継に失敗したのか(前)

 中小企業の経営者の悩みは事業承継の問題である。後継者がいないため会社は自分の代で終わると考えている経営者が増えているが、それでも、子どもに継がせるのが主流であることには変わりない。事業承継は株式譲渡が普通のやり方だ。中小企業の場合、株式を100%譲渡するのが鉄則。それを間違えると、どうなるか。

「3年間、1株80円配当」の呪縛

 大塚久美子社長(49)と父親である大塚勝久前社長(74)の骨肉の争いから3年――。大塚家具は正念場を迎えている。業績悪化に歯止めがかからないのだ。
 2017年12月期の決算は、売上高が前期比11.3%減の410億円、営業損益は51億円の赤字(前期は45億円の赤字)、純損益は72億円の赤字(同45億円の赤字)だった。
 期初の業績予想は、売上高が530億円、営業利益は5億円の黒字、純利益は3億円の黒字を見込み、過去最悪と言われた16年12月期決算からV字回復すると宣言した。だが蓋を開けてみると、過去最悪の2期連続の大赤字だ。
 問題は現金および現金同等物(現預金)が激減していることだ。17年12月期末の残高は18億円。15年12月期末に109億円あった現預金が、わずか2年で18億円に減った。なぜか?

 大塚家具は3月26日、東京・有明で株主総会を開いた。週刊新潮ウェブ版「デイリー新潮」(18年4月5日付)が、株主総会をレポートしている。
 久美子社長は就任時に「3年間、1株80円の配当を続ける」と株主に約束し、15年期と16年期は80円の配当を行なった。しかし、17年期は業績悪化にともない半額の40円の配当となった。総会では株主からこんな質問が出た、と報じた。

〈株主:大塚家具の一番の問題は、キャッシュが減っていること。にも関わらず、これだけの配当をする必要があるのか。
社長:このたびの配当につきましては、今年度の業績の見通しをふまえて、資金面で問題はないと判断して、実行しております。
こう強がった久美子社長だが、出席した株主から言わせれば、
「今年度の業績見通しが良いのであれば、それは来期の配当に回すべき。配当しすぎたせいで会社が潰れてしまったら、元も子もありません」〉

 久美子社長は父親との委任状争奪戦の際、株主の支持を得るため「1株80円」の高配当を公約した。それを履行できないのであれば社長を辞めるのが筋だ。しかし、社長は辞めたくない。業績が最悪でも高配当を実施した。高配当が久美子氏を呪縛した。

 配当金総額は15年期と16年期が14億円。2期合計で28億円。109億円あった現預金が18億円に激減した要因の1つだ。17年期の配当総額は7億円。それを支払うと現預金は11億円になる計算だ。資金が底をついてしまう。
 株主は「配当金を引き上げろ」と迫るのが普通だが、大塚家具の株主は配当金の払いすぎで、会社が潰れることを心配している。けったいな会社だと言わざるをえない。

 株主総会があった3月26日、大塚家具の株価は597円と骨肉の争い以来の最安値を付けた。お家騒動の最中の15年3月3日の株価は2,488円。父親から社長の座を奪還した久美子社長に対する期待から10年来の高値を更新した。しかし、今や4分の1以上落ち込んだ。市場が久美子社長の経営手腕にサジを投げていることを示している。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年04月20日 17:05

山口銀行前頭取、故福田浩一氏葬送~広島

 2月18日に脳腫瘍で亡くなった山口フィナンシャルグループ(FG)前社長・会長(山口銀行前頭取・会長)の福田浩一氏(享年65歳)の「お別れの会」が4月11日、山口FGの本 ...

2018年04月20日 16:34

小倉のコレット前で男性が死亡

 福岡県警によると20日、午後2時24分、小倉北区の百貨店「コレット」前で男性が倒れているのを工事作業中の男性が発見。その場で死亡を確認したという。  現在、身元など詳細 ...

2018年04月20日 16:29

先代を忍び多くの人々が葬儀に参列 高千穂(株)

 19日、福岡市内の斎場で高千穂株式会社の前代表取締役社長、故・川井田豊氏の社葬が行われ大勢の人が参列した。葬儀委員長として代表取締役社長の川井田佳遠(かわいだ よしひろ ...

2018年04月20日 15:59

世界で競争が激化する五感の活性化研究と『香り』のニュービジネス(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一 ...

2018年04月20日 15:44

文春砲『炸裂』、「R-1」めぐる疑惑報じる

 週刊文春は今週発売の4月26日号で、(株)明治の乳酸菌「R-1」の広告宣伝手法をめぐる疑惑を報じた。ステルスマーケティングの問題に鋭く切り込む内容。広告宣伝のあり方で批 ...

pagetop