2024年05月21日( 火 )

新日本製薬オーナーの不動産会社、中洲ちんや跡の隣接ビル取得

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ
ゲイツビル裏のテナントビル、左が旧・中洲ちんや跡(中洲3丁目)
ゲイツビル裏のテナントビル、左が旧・中洲ちんや跡
(中洲3丁目)

 新日本製薬(東証プライム)のオーナーが経営する不動産会社・新日本リビング(福岡市中央区)が、旧・中洲ちんや跡の隣接ビルなどを取得していたことがわかった。

 取得したのは、2019年7月に閉店したすき焼きの名店「中洲ちんや」跡に隣接する低層テナントビルおよびその裏の路地に続く建物で、3月13日に取得していた。なお、樹(福岡市中央区)の名義で保有している旧・中洲ちんや跡と合わせた3物件の敷地合計は80坪程度となった。樹はかつて新日本製薬の親会社だったが、14年に新日本製薬の管理事業を分割し、不動産賃貸業に特化していた。

晃英ビル(大橋2丁目)
晃英ビル(大橋2丁目)

    また、新日本リビングは2月に西鉄・大橋駅から徒歩4分の立地にあるRC造・4階建のテナントビルを取得していた。

【永上 隼人】

関連キーワード

関連記事