HOME > 驚異の合格率だからできる「受講料後払い」資格取得を徹底支援~建設技術者養成センター

建設

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月19日 14:33

驚異の合格率だからできる「受講料後払い」資格取得を徹底支援~建設技術者養成センター

はじまりはいつも『なぜ?』から

naha (株)建設技術者養成センターは、建設業界で必要な国家資格の取得をサポートする人材教育・講習実施を手がける教育機関だ。同社は、代表取締役坂口智美氏の「なぜ?」から誕生した。きっかけとなった最初の疑問は、今から15年前に生まれた。

 「資格をなかなか取れないという方が多かったんです。『なぜ』取れないのか分析してみたところ、資格取得を支援する講習では、ビデオを用いた講習が多いことに気づきました。対して、講師が受講者と直にやり取りを行う『生講習』を実施されている業者は少なかったんです。この状況は、今もほとんど変わりません。受講者からは、『(ビデオ講習は)理解し難い』という声が多く上がっていました。この時私は『現場の声に応える形で資格者を増やしていきたい』という想いを抱き、スクールの起ち上げを決意しました」(坂口代表)。

 しかし、課題は山積みだった。講習で使用される資料には内容が難しいものが多く、ゼロから学ぼうという受講者には敷居が高い。そこで坂口代表は、教材作りから入った。

 「生講習で授業をしても、教材がダメだと意味がありません。もし受講生が試験に落ちてしまった時、『受講生の努力が足りなかった』とは絶対に言いたくなかったんです」(坂口代表)。

 受講生には、既に社会人として働いている人が多い。試験までの日数も限られている中、どうしても仕事を優先してしまう人もいる。しかし、試験合格までは徹底して受講生には試験と向き合ってもらう。講師も、鬼になって受講生を指導する。同社は、講習日程はすべて出席(遅刻中途退出厳禁!)などを基本とする、短期集中型のスタイルを取り入れた。

 「私たちが掲げるスローガンは、『受講生全員の合格!』。その達成のために、講習では徹底した基礎学習から始めます。受講生一人ひとりの理解度を確認しながら、授業を進行しています」(坂口代表)。

 問題集を渡して終わりという講習も見受けられる中、同社は徹頭徹尾、受講生が合格できることを第一義として講習を進めた。その甲斐あってか、設立当初から合格率は5割超えて、同業他社全体の合格率を大きく上回る結果を出していた。しかし、坂口代表はそんなところでは満足しなかった。

 「残りの5割は『なぜ』おちるのか?受講生の中には、ただの『暗記』で終わってしまっている人もいました。それでは、現場で実践できる、生きた知識・技術の取得にはなりません。次の目標ができた瞬間でした。『資格を取ったけど、現場で分からない』――これをなくす。現場に出た時に知識とつながる場の提供をする。そのための講習を実施していくことにしました」(坂口代表)。

 人材育成、即戦力づくりを主眼に、実地教育(建機操作など)の充実も図り、現在では同社が提供する講習の受講生は100%合格も多々実現し、平均しても90%超えの高い合格率を誇っている。

sotugyouseirensyu

異例の受講料後払い方式採用

 通常、このような講習を受講するためには、諸費用と受講料が必要となる。しかし、同社では受講料は後払い。しかも合格者だけが受講料を支払う方式となっている。万が一、不合格になった場合は受講料は請求しない。これにより、企業側の経費負担が少なくなり、人材育成に積極的に取り組むことができるのだ。この方式を採用できるのも、高い合格率があってこそ。自信に裏打ちされた仕組みである。

 企業にとって、有資格者の存在は重要だ。入札参加可能な仕事が増加し、技術者配置の面で有効となる。自分たちのできる仕事の量・質が変われば、完工高が変わり、評価も変わっていく。無論、その組織内で働く人の評価も同じである。

 「男性技術者だけでなく、女性技術者も育成していきたいです。そのためにも、今後は弊社のあり方を『実務をしながら学べる場所』にしていきたいと考えています。日本で国家資格を持つというのは、世界で通用する資格・技術を持つことに通じます。日本人が活躍できる海外市場はたくさんある。広い視野と大きな夢を持てる人を育てていきたいです」(坂口代表)。

 建設技術者養成センターは、人材難を課題とする建設業界にとって、人を連れてくるのではなく、人を育てることで解決策を提示してくれる、心強いパートナーである。

<COMPANY INFORMATION>
(株)建設技術者養成センター
代 表:坂口 智美
本 社:福岡市博多区博多駅東2-5-28博多偕成ビル2階
営業所:沖縄県那覇市字国場1013-101
業務内容:2級建築士、1級・2級施工管理技士(土木・建築・建設機械・電気・管工事・造園)、1級・2級舗装施工管理技術者、給水装置工事主任技術者等の受験対策講習、受験対策講習、試験直前集中講習、個人講習及び施工管理技術者の為の専門講習、基礎講習を生講義による教育
URL:http://cetc.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年04月20日 17:05

山口銀行前頭取、故福田浩一氏葬送~広島

 2月18日に脳腫瘍で亡くなった山口フィナンシャルグループ(FG)前社長・会長(山口銀行前頭取・会長)の福田浩一氏(享年65歳)の「お別れの会」が4月11日、山口FGの本 ...

2018年04月20日 16:34

小倉のコレット前で男性が死亡

 福岡県警によると20日、午後2時24分、小倉北区の百貨店「コレット」前で男性が倒れているのを工事作業中の男性が発見。その場で死亡を確認したという。  現在、身元など詳細 ...

2018年04月20日 16:29

先代を忍び多くの人々が葬儀に参列 高千穂(株)

 19日、福岡市内の斎場で高千穂株式会社の前代表取締役社長、故・川井田豊氏の社葬が行われ大勢の人が参列した。葬儀委員長として代表取締役社長の川井田佳遠(かわいだ よしひろ ...

2018年04月20日 15:59

世界で競争が激化する五感の活性化研究と『香り』のニュービジネス(前編)

 NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一 ...

2018年04月20日 15:44

文春砲『炸裂』、「R-1」めぐる疑惑報じる

 週刊文春は今週発売の4月26日号で、(株)明治の乳酸菌「R-1」の広告宣伝手法をめぐる疑惑を報じた。ステルスマーケティングの問題に鋭く切り込む内容。広告宣伝のあり方で批 ...

pagetop