HOME > 国際 > マングローブ植林事業で地球環境保全に貢献、今年は新たなステージへ(前)

国際

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月14日 14:57

マングローブ植林事業で地球環境保全に貢献、今年は新たなステージへ(前)

ワイエルフォレスト(株)

 マングローブ林の保有面積で世界一を誇るインドネシアで、マングローブ植林事業を展開するワイエルフォレスト(株)。同社では地域に密着し、地元住民と直接一緒に仕事をする体制を構築したうえで、マングローブの再生と地元住民の持続的な発展に向けて、さまざまな取り組みを行っている。

マングローブ植林現場

マングローブ植林現場

 マングローブとは、海水と淡水が混じり合う潮間帯に生息する植物の総称であり、マングローブという名前の固有の木があるわけではない。主に東南アジアやインド沿岸、南太平洋、オーストラリア、アフリカ、アメリカなど、熱帯から亜熱帯の世界各地に分布しており、日本では沖縄県や鹿児島県などに自然分布。“海のゆりかご”と呼ばれるほど生物多様性にあふれた環境を形成する能力を持っており、多くの生物を育む場所となっている。
 このマングローブは、水質を浄化する性質を有するほか、二酸化炭素吸収量が植物のなかでもトップクラス。また、その特徴的な形状の根により、土壌をつかむことで海岸浸食を防止するほか、津波や高波などの自然災害の被害を軽減する防波堤の機能も期待できる。地球環境を考えるうえで、なくてはならない植物なのである。

 そのマングローブだが、近年は開発による伐採が問題になっている。たとえば東南アジアでは、木炭の材料とするための伐採のほか、海沿いの湿地をエビ養殖場とするための開発によって、あちこちでマングローブが消滅しつつある。

 同社では、インドネシア子会社のPT. Yamamoto Asriを通じて、干潟でのマングローブ植林活動や養殖池跡地での森林再生事業などを手がけるほか、現在では森林保全事業(REDD+事業)にもとくに力を入れている。
 「REDD+」(レッドプラス)とは、途上国が自国の森林を保全するため取り組んでいる活動に対し、経済的な利益を国際社会が提供するというもの。これは、森林を伐採するよりも保全するほうが経済的に高い利益を生むようにすることで、森林破壊と温暖化を防止する施策。また、地域のコミュニティや先住民族の権利も守りながら、このREDD+が実施されれば、気候変動や生物多様性の劣化を食い止めながら、地域の人たちの生活にも恩恵をもたらすことが期待される。

 現在、世界の温室効果ガスの排出量の約2割は、森林の減少および劣化による炭素ストックの排出に由来している。森林は、大気中の二酸化炭素を吸収して炭素を蓄積することで温室効果ガスを削減することができるため、森林を守り保全することは、その温室効果ガスの排出を抑えることにもつながり、ひいては地球温暖化対策として大変効果的だ。

 現在、同社では、インドネシア南スマトラ州オーガン・コムリン・イリール県の沿岸域保護林で、REDD+事業を展開。この現場は、同社が2006年より干潟での新規植林を実施していた場所のため、すでに地元コミュニティとの関係構築・連携ができ上がっているのが大きな強みだ。
 同社ではインドネシアでREDD+事業を実施するために、13年7月に「保護林における環境サービス利用事業許可(IUPJL-HL)」を取得。この「IUPJL-HL」の取得は、インドネシア国内において初めての事例となる。インドネシア国内の林業関係の許可は、インドネシア国籍の企業・団体しか取得できないため、同社は以前より付き合いのあるインドネシア企業の「PT. Tiara Asia Permai」と共同事業契約を締結することで、「IUPJL-HL」の取得に漕ぎ着けた。現在、このREDD+事業は「PT. Tiara Asia Permai」と同社との共同で実施されている。

(つづく)
【坂田 憲治】

<COMPANY INFORMATION>
ワイエルフォレスト(株)
代表取締役会長:山本 亮
代表取締役社長:阿久根 直人
所在地:福岡市博多区築港本町6-1 印刷会館3F
設 立:2004年7月
資本金:7,000万円
TEL:092-263-8221
URL:http://www.ylforest.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年02月23日 17:56

福岡空港基金条例案、本会議でも否決

 福岡市議会定例会は23日に行われた本会議で、福岡市側が提出した「福岡空港未来基金条例案」を否決した。同条例案は、前日22日に行われた常任委員会でも否決されており、本会議 ...

『ハゲタカ利益の成長』が目的の『成長戦略』

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、トランプ米大統領の拒否でとん挫したかに見えるTPPについて、その再発動 ...

2017年02月23日 14:51

流通パニック、危機水域へ。ヤマト運輸労組、荷受量抑制を要望

 宅配便最大手のヤマト運輸の労働組合は、2017年の春闘で宅配便の荷受量抑制を求めた。宅配ドライバーの人手不足やアマゾンをはじめとする通販市場が拡大したため、ヤマト運輸な ...

2017年02月23日 14:34

福岡県議会議員 原中まさし氏 「新春のつどい」開催

 2月22日(水)、西日本新聞会館「天神スカイホール」で、福岡県議会議員の原中まさし氏が「新春のつどい」(県政報告会)を開催した。  会場には、来賓の駐福岡大韓民国総領事 ...

2017年02月23日 14:10

九州地銀の2017年3月期(第3四半期決算)を検証(5)

 これから九州地銀(18行) の2017年3月期 第3四半期の総預金残高を検証していく。【表1】を見ていただきたい。 この表から見えるもの ◆総預金残高において、2016 ...

pagetop