HOME > 政治・社会 > 母子手当の現実「受給者を信じるしかない」

政治・社会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年03月17日 14:08

母子手当の現実「受給者を信じるしかない」

 児童扶養手当(以下、母子手当)の給付を巡る知人女性の例を紹介した記事(詳細はコチラ)に対して、予想以上の反響をいただいた。特に多かった読者のご意見が「B子の受給は許されるのか?」だった。

 結論から言えば、B子の受給は「不正受給」にあたる。福岡市こども未来局こども家庭課は「(不正受給が疑われる場合は)給付申請された方のご自宅に家庭訪問を実施しています。ただ、件数としては少数です。申請に『疑義』がある場合、民生委員の方に家庭訪問をお願いしています」と話す。

 ここでいう『疑義』とは、例えば『未婚で出産した後、子供の養育を行っているかどうか』だという。B子と夫はいわゆる内縁関係。B子は疑義の対象となる。では、家庭訪問を実施した場合、どういったところがチェックされるのだろうか。
 担当者によると、チェック項目は以下のとおり。①異性のものと思しき衣類が見受けられないか。②家財道具の数量など。届出された自宅に、一見して判る「母子以外の存在を臭わせるもの」があれば、さらに調査を進めていく。最終的に母子以外の同居者の存在が認められれば、母子手当の給付は止まり、同居期間に基づき、さかのぼって給付済の母子手当の返還も求めていくという。

 では、内縁関係にある夫と妻が、それぞれ住居を別にしていた場合はどうなるのか。担当者は「そうなりますと、正直対応は難しいです。基本的に申請書類の情報をもとに、それが正しいものとして動いていきますので、あとはもう当事者の話を信じるしかありません」と話す。
 つまり、「内縁関係にあることがバレなければ母子手当を受給できる可能性がある」となる。もちろん、それは虚偽申告による「不正受給」にあたる。児童扶養手当法第35条にある通り、3年以下の懲役又は30万円以下の罰金に処せられる。

【島野 元太郎】

▼関連リンク
・1万円の母子手当、3万円の母子手当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年03月29日 16:21

負債約150億円~格安旅行会社・(株)てるみくらぶ破産

 3月27日、(株)てるみくらぶは東京地裁に破産手続きの開始を申請し、同日、同地裁より破産手続開始決定を受けた。申請代理人は南勇成弁護士(西村あさひ法律事務所、東京都千代 ...

証人喚問なく「妻の関与」否定できず首相辞任不可避

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、森友学園をめぐる問題について、安倍昭恵氏の国会での説明が必要不可欠とし ...

2017年03月29日 14:09

数々の奇跡が神社を復活させた!~熊本・瀬田神社

 昨年4月16日未明に発生した熊本地震により神社の本殿などの倒壊という被害を受けた熊本県大津町の瀬田神社。今月26日、鳥居と本殿などの復旧が完了し、地域住民により復活祭が ...

2017年03月29日 13:20

44「梅里雪山トレッキング」 2015年10月

 「雨崩(ユイボン)」の山小屋を出発し、神瀑に向けて登っていく途中で、すれ違う巡礼者に笑顔で「タシデレ」と言われて手を差し出された。  一瞬、何のことかわからなかったが、 ...

2017年03月29日 11:58

GK川島永嗣が続けた「準備」のすばらしさ

 サッカー日本代表は28日、ロシアワールドカップ最終予選でタイ代表と試合に臨み、4-0で勝利を飾った。FW久保裕也が2アシスト1ゴール、MF香川真司とFW岡崎慎司がそれぞ ...

pagetop