HOME > 地域・文化 > 私のワンゲル時代(3)

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月11日 11:13

私のワンゲル時代(3)

 合宿は1年生が早朝に飯盒の米を雪渓の水で研ぎ、ホエーブス(無煙ガソリンコンロ)で飯を炊く。朝食ができ上がった頃に、「先輩ごはんですよ」と声をかけると、「オー」と声がして、やおらテントから顔を出す先輩たち。飯盒の飯は気圧の関係で沸点が低く、ほとんどが芯の残ったゴッチン飯でした。

 昼は乾パン、ウインナーソーセージ、粉末ジュースの3点セットを毎日。食器は学校給食と同じ、アルマイトの黄色い器。食べないとバテるので、好き嫌いのあった私でしたがいつの間にかきれいになくなっていました。山では煮炊きはホエーブスですが、平地では一斗缶で作ったカマドに枯れ枝で火を起こし、煤で真っ黒になった大鍋で作るゴッタ煮が主でした。鍋担当はザックに大きな鍋を背負っていました。この合宿では、その大鍋が命を救った事件もありました。峻険な沢沿いの登山道を下っていた時、同期のW君が足を滑らして谷底へ滑落を始めました。私の目の前でしたが、幸いにもこの大鍋が幸いして、ゆっくり転がる事になり、本人が上手く木の枝に手を伸ばし、つかむことができたのです。5mは転げ落ちて行ったでしょうか。3年生のキャプテンが大慌てで手を伸ばして、彼を引き上げたものです。谷底まで100mはあったように記憶しています。50年経った今でも、『お前の命があるのは俺のお陰』と事あるごとに語り継がれています。

 合宿は禁欲生活そのもので、帰宅したらアレやコレを食いたいと食べ物に喉から手がでるほど飢えていました。先輩たちも、同じように食べ物に飢えていたようです。ただタバコだけは欠かせないようでした、タバコが切れると、山道を走るダンプの運転手からタバコを分けてもらっていました。それでも手に入らない時は、松葉を集めて煙を楽しんでいました。そのうち頭がクラクラしたのか、ドーンとひっくり返った先輩もいました。松葉のヤニが強力だったのでしょう。

 汗にまみれた制服は真っ白に塩を吹き、なんだかんだで、合宿の集結地・雄国沼に辿りつきました。「やっと着いたー!」景色も見る余裕のない合宿が一段落した瞬間です。50分歩いて10分の休憩時間を楽しみに、歩きに歩いた10日間でした。

 先発隊なのでファイヤーの準備、やがて各パートが集結。同期は誰もが真っ黒に日焼けし、ワンゲルのイニシャルの入った制服は汗で塩を噴いていました。
 夜はファイヤー、スタンツ(寸劇)で大いに学生時代を謳歌しました。

 この汗まみれで、なかばホームレスに近いような生活が、私の体力と精神力を養ってくれました。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年12月14日 11:00
NEW!

さかえ屋が労基法違反で書類送検

 福岡県飯塚市に拠点を置き、和洋菓子製造を手がける(株)さかえ屋と同社の専務が福岡労働局飯塚労働基準監督署より労働基準法違反で11月30日、書類送検されていたことがわかっ ...

2017年12月14日 09:29
NEW!

「博多旧市街プロジェクト」第1弾、出来町公園リニューアル

 現在、福岡経済の中心地である天神地区では、アジアの拠点都市としての役割・機能を高め新たな空間と雇用を創出するプロジェクト「天神ビッグバン」が進行しているが、それと対をな ...

2017年12月14日 07:02
NEW!

トランプ政権下でいよいよ本格化した官僚機構の反乱(2)

SNSI・副島国家戦略研究所 中田安彦 2017年12月11日  もともと、共和党員の反対派が当初のオバマケア撤廃法案(トランプケア)に反対したのは、当初の法案では貧乏人 ...

2017年12月14日 07:02
NEW!

九州地銀の業界再編を占う(4)

 今年も残りわずかとなったが、九州地銀の業界再編の動きのなかで大きな話題となったのは、やはりふくおかFGと十八銀行の経営統合が無期延期になったことだろう。実質白紙となった ...

2017年12月13日 17:27

【司法書士】横田鏡之介 さいたま地方法務局:業務停止2週間

処分の対象者:横田鏡之介 事務所所在地:埼玉県越谷市千間台西1-7-8 処分の内容:業務停止2週間 処分の理由:根抵当権設定登記を代理申請するに当たり、事件処理のすべてを ...

pagetop