• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月10日 15:43

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~パレルモの地下水路とマフィアの歴史(前)

 昼間はビーチ、夜はオープンエリアでジャズなどの生演奏が星空に響くパブやレストランに人混みが溢れる。シシリーは一年のなかでも海外からの観光客で最も賑わう夏の季節がムード満点だ。最高気温は30℃近く、ギラギラした太陽が打ちつける真っ白な石づくりのシラクーサの大聖堂広場は、サングラス無しでは目を開けていられないぐらい眩しい。だから、まるでワイン貯蔵庫のなかのようにひんやりと涼しい地下にモグラのように逃げたくなってしまう。

 今回はパレルモの地下について話してみる。パレルモの地下にはペルシャ文明に起源をもつ「カナット」と呼ばれる地下用水路が張り巡らされている。造られたのは9世紀イスラム支配の時代だ。地下20mから30mほど掘ると、そこには透明度の高い濾過された水が流れている。

 アラブ人たちは当時、最先端の技術をこの島に導入した。用水路は生活するうえで大変重要である。このカナットは現在、あらかじめ連絡しておけば、一部を見学させてもらえる。私も13年前の7月に見学をさせてもらった。頭には安全ヘルメットをかぶり、係員がスイッチを押すと、ヘルメットの上のキャンドルに火がついた。さらに、胸まである専用ゴム服を服の上から着用する。少しドキドキした。

 準備が整うと、係員が、狭く真っ暗で、覗きこんでも奥が見えない穴へとハシゴをおろした。案内人と一緒に少しずつハシゴを降りていく。すぐに地上との気温・湿度の差を感じた。足場を確保し、案内人が懐中電灯の光で周りを照らしてくれる。ゆっくりと水温12度ほどの真水に足を踏み入れていく。水は胸の高さまである。場所によって違うがだいたい、1mから1m20cmほどの深さだ。もちろん当時は、飲料水、生活用水などに使われていたため、横壁には所々高い位置に手をかけられるような窪みがある。これらは当時、水が汚れないように、地下で作業を行うものが、足置き場にするために造られたのだという。

 地下水路の幅は、人が1人通れるかどうか。高さは1mほどで頭を下げないと通れない所もある。突然、頭のうえに何かが当たって驚かされる。木の根が地下に伸びてきているのだ。歴史を感じられ、暑い夏の季節におすすめの体験だが、閉所恐怖症の方、妊娠中の方にはお勧めできない。

 16、17世紀、貴族たちは真夏の暑さをしのぐために、屋敷の地下を掘り、石づくりのまるで洞窟のような地下部屋で、涼をとっていたという。そこには、石でできたイスとテーブルもあったそうだ。

 シシリーには「シロッコ」といわれる熱風が吹いてくる。もともとシリア方面から吹くことでシロッコと呼ばれるのだが、現在では西へ移動し、アフリカからも砂が混ざったシロッコが吹いてくることが多い。貴族たちはこのシロッコが吹くたびに、地下部屋で過ごしたとされ、カメラ(部屋)デッロ(の)シロッコと呼ばれた。

 旧市街マクエダ通りから裏路地を進んだ場所は1400年代のユダヤ教徒の地区だった。そこにパラッツォマルケージという屋敷が残っている。現在建物は、市立図書館として使われている部分があるが、屋敷の入口は閉まっている。この屋敷の地下にも、部屋がある。ユダヤ女性が体を清めるため、妊娠中、あるいは生理後に、この地下水で体を洗っていたといわれる。さらに奥へ進むと、太陽の光が差し込む大きな空間が広がる。そこはシロッコの部屋として使われた場所だが、その後、戦争の際、亡くなった兵士たちの遺体も放り込まれていたともいわれている。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年07月17日 11:09
NEW!

糸島市で建物が崩れ、男性が下敷きに

   糸島市二丈町満吉で14日、建物が崩れ、下敷きになった男性(79歳)が意識不明の重体となっている。  福岡県警によると、14日午後12時57分、近隣住民...

2018年07月17日 10:59
NEW!

パチンコホールからドヤタバコが消える日

  日本の首都が動いた  東京都議会で6月27日、「東京都受動喫煙防止条例」が可決された。都民の健康増進、望まぬ受動喫煙への対応が目的。これにより、(1)病...

覚えろ・従えの学校教育が日本をダメにしている

  NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。 今回は、国を歪める根本的な原因が日本の「歪んだ教育」にあると...

2018年07月17日 10:42
NEW!

金隈産廃処分場 別会社で拡張画策か

   福岡市博多区で金隈産廃処分場を運営する(株)和幸商会の役員らが別会社を設立し、処分場の拡張を目指していることが、関係者への取材でわかった。  設立が判...

2018年07月17日 10:20
NEW!

まちかど・大分 駅から徒歩1分 ファーネストマンション完売

   マンション開発が進むJR大分駅前。4月に完成したファーネスト大分ステーションライン(事業主 (株)ファミリー)が「完売御礼となった。 ...

2018年07月17日 10:04
NEW!

裁判資料から判明した、ある建設会社の事業停止

   福岡市東区の建設会社A社が事実上、事業を停止していることがわかった。  ある裁判の行方を調べていると、被告となったA社が6月以降に破産手続きを予定し...

2018年07月17日 09:45
NEW!

人口減少続く 外国人割合は過去最大に

   総務省が11日に発表した人口動態調査によれば、2018年1月1日現在の日本の人口は1億2,520万9,603人。前年より37万4,055人減少した。これは久留...

2018年07月17日 09:00
NEW!

4,000億円挑戦企業・九電工~株価高騰の悲喜こもごも(4)

  差別化と挑戦  官製企業体質から完全に脱皮したといっても過言ではない九電工。19年3月期は、太陽光発電工事の受注減の一方、潤沢な手持工事高により売上高...

2018年07月13日 16:34

【平成30年7月豪雨】日本郵便、被災地の業務状況を発表

   日本郵便(株)(本社:東京都千代田区、横山邦男社長)は13日、平成30年7月豪雨による、被災地の業務状況を発表した。各地域で窓口休止や引受または配達となる郵便物...

【平成30年7月豪雨】福岡市、避難指示発令から数時間後に避難呼びかけ

 [caption] ※クリックで拡大 [/caption]  福岡市は13日、5日から発生した西日本豪雨にともなう緊急情報の情報配信について、一部で...

pagetop