• このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月10日 15:43

シシリー島便り・日本人ガイド、神島えり奈氏の現地レポート~パレルモの地下水路とマフィアの歴史(前)

 昼間はビーチ、夜はオープンエリアでジャズなどの生演奏が星空に響くパブやレストランに人混みが溢れる。シシリーは一年のなかでも海外からの観光客で最も賑わう夏の季節がムード満点だ。最高気温は30℃近く、ギラギラした太陽が打ちつける真っ白な石づくりのシラクーサの大聖堂広場は、サングラス無しでは目を開けていられないぐらい眩しい。だから、まるでワイン貯蔵庫のなかのようにひんやりと涼しい地下にモグラのように逃げたくなってしまう。

 今回はパレルモの地下について話してみる。パレルモの地下にはペルシャ文明に起源をもつ「カナット」と呼ばれる地下用水路が張り巡らされている。造られたのは9世紀イスラム支配の時代だ。地下20mから30mほど掘ると、そこには透明度の高い濾過された水が流れている。

 アラブ人たちは当時、最先端の技術をこの島に導入した。用水路は生活するうえで大変重要である。このカナットは現在、あらかじめ連絡しておけば、一部を見学させてもらえる。私も13年前の7月に見学をさせてもらった。頭には安全ヘルメットをかぶり、係員がスイッチを押すと、ヘルメットの上のキャンドルに火がついた。さらに、胸まである専用ゴム服を服の上から着用する。少しドキドキした。

 準備が整うと、係員が、狭く真っ暗で、覗きこんでも奥が見えない穴へとハシゴをおろした。案内人と一緒に少しずつハシゴを降りていく。すぐに地上との気温・湿度の差を感じた。足場を確保し、案内人が懐中電灯の光で周りを照らしてくれる。ゆっくりと水温12度ほどの真水に足を踏み入れていく。水は胸の高さまである。場所によって違うがだいたい、1mから1m20cmほどの深さだ。もちろん当時は、飲料水、生活用水などに使われていたため、横壁には所々高い位置に手をかけられるような窪みがある。これらは当時、水が汚れないように、地下で作業を行うものが、足置き場にするために造られたのだという。

 地下水路の幅は、人が1人通れるかどうか。高さは1mほどで頭を下げないと通れない所もある。突然、頭のうえに何かが当たって驚かされる。木の根が地下に伸びてきているのだ。歴史を感じられ、暑い夏の季節におすすめの体験だが、閉所恐怖症の方、妊娠中の方にはお勧めできない。

 16、17世紀、貴族たちは真夏の暑さをしのぐために、屋敷の地下を掘り、石づくりのまるで洞窟のような地下部屋で、涼をとっていたという。そこには、石でできたイスとテーブルもあったそうだ。

 シシリーには「シロッコ」といわれる熱風が吹いてくる。もともとシリア方面から吹くことでシロッコと呼ばれるのだが、現在では西へ移動し、アフリカからも砂が混ざったシロッコが吹いてくることが多い。貴族たちはこのシロッコが吹くたびに、地下部屋で過ごしたとされ、カメラ(部屋)デッロ(の)シロッコと呼ばれた。

 旧市街マクエダ通りから裏路地を進んだ場所は1400年代のユダヤ教徒の地区だった。そこにパラッツォマルケージという屋敷が残っている。現在建物は、市立図書館として使われている部分があるが、屋敷の入口は閉まっている。この屋敷の地下にも、部屋がある。ユダヤ女性が体を清めるため、妊娠中、あるいは生理後に、この地下水で体を洗っていたといわれる。さらに奥へ進むと、太陽の光が差し込む大きな空間が広がる。そこはシロッコの部屋として使われた場所だが、その後、戦争の際、亡くなった兵士たちの遺体も放り込まれていたともいわれている。

(つづく)

<プロフィール>
神島 えり奈(かみしま・えりな)
2000年上智大学外国語学部ポルトガル語学科を卒業後、東京の旅行会社に就職。約2年半勤めたのち同社を退職、単身イタリアへ。2003年7月、シシリー島パレルモの旅行会社に就職、現在に至る。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2018年11月17日 07:01

「ヒューペルンA カプセル」認知・記憶障害の予防、記憶力・学習能力の向上に有効!(後)

  (株)龍泉堂 認知症患者への投与試験で認知機能が有意に改善  脳の活性化する作用はヒト試験でも実証されている。認知症患者を対象とした脳の機能改...

2018年11月16日 18:24

【訪米レポート(3)】玉城県知事が訪米日程を終了~「このままではデッドロック状態」と警告

   訪米日程を終えた玉城デニー沖縄県知事が、取材に応じた。現地時間14日の模様と、囲み取材の様子をお伝えする [ニューヨーク/横田一] <1...

2018年11月16日 16:43

【寄稿】乙武洋匡が出会った「福岡発・スゴ腕13歳」

   「乙武さんのお話を福岡のみんなに聞かせたいので、ぜひ僕にサイン会と講演会を開かせてください」  SNSを通じてそんなメッセージをくれたのは、福岡市に住...

2018年11月16日 16:38

九州地銀の2019年3月期 第2四半期(中間期)決算を検証する(1)

   九州地銀(18行)の2019年3月期の第2四半期(中間期)の決算が出そろった。  上場会社は、東証から45日以内に決算発表することを上場ルールとして求められ...

2018年11月16日 15:40

【福岡市長選】なぜ、いまごろ?自民党が高島氏を「支持」

  党県連通さず直接要請  18日投開票が行われる福岡市長選。15日、自民党は、現職の高島宗一郎氏(44)を「支持」することを決めた。高島氏は、自民党福岡...

2018年11月16日 15:18

冒険投資家ジム・ロジャーズの中国戦略(後編)

   NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャ...

2018年11月16日 15:12

身内の改宗を通夜で知る

   身内に不幸があり、通夜に出席した。聞けば、大腸がんで、医者からもあまり長くはないと伝えられていたそうだ。  挨拶もそこそこに、用意された席に向かう途中、故...

2018年11月16日 15:00

イメージと実態のギャップを正しく理解する

   就職活動をする場合、とくに若手のビジネスパーソンはイメージに囚われ、実態が見えていないケースが見受けられます。知識や経験の乏しさから、やむを得ない面もあります...

2018年11月16日 14:49

(株)マルモク 前年に引き続き好調な業績

   木材と新建材の販売で福岡トップクラスの実績を誇る(株)マルモク。1970年に村田一朗氏が設立し、主に内装工事(造作・家具建具・クロス)を中心にスタート。現...

2018年11月16日 14:24

福岡を代表する名門ゴルフ場 会社統合に見え隠れするドタバタ劇

  古賀ゴルフ土地(株)  2019年10月に第84回日本オープンゴルフが「古賀ゴルフ・クラブ」で開催される。由緒ある大会で開催されるのは実に3回目と...

pagetop