HOME > 企業・経済 > 一般 > 「文春砲」も販売面では不発の週刊誌マーケット(後)

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月11日 07:03

「文春砲」も販売面では不発の週刊誌マーケット(後)

work 深刻なのは、週刊プレイボーイと週刊大衆がついに大台の10万部を割り込み、9万部台に落ち込んだことだ。さらに週刊朝日とフラッシュは8万部台に、サンデー毎日(5万4,000部)とアエラ(5万2,000部)、スパ(5万6,000部)など5万部台に落ち込む雑誌も続出。スパの編集者は10年前は「ウチはニュースに関係なく常に部数は安定」と言ってきたが、スパのような軽めの記事はもはやネットでタダで読む時代に移っており、買ってまで読もうという人は急減しているのだ。

 ニューズウイーク日本版は3万5,000部にまで低迷し、存続可能性に黄信号が点滅する。かつて「30万部を割ると社会への影響力がなくなる」といわれてきた週刊誌業界だが、いまや30万部を超えているのは週刊文春と週刊現代の2誌しかなく、軒並み10万部以下なのだ。

 とりわけ苦戦が深刻なのが週刊新潮で、前期比4万部減の27万部にまで落ち込んだ。発売日が週刊文春と同じ曜日で「文春砲」の影響をもろに食らった格好だ。編集長職は10年近く続けるのが慣例となっている同誌だが、販売不振の責任を負って編集長交代もありえそう。「文春砲」はライバルの新潮の屋台骨をも直撃したといえるだろう。

 ビジネス誌では、日経ビジネスがついに20万部の大台を割り込み、19万4,000部に。週刊東洋経済は1割近く部数を落とし5万9,000部台に低落する一方、週刊ダイヤモンドは微増し、9万部弱になった。特集記事の良しあしやインパクトの度合いが部数の増減に影響したとみられる。「看板誌なので休刊・廃刊はないだろうが、正直言ってこの部数減はきつい」と東洋経済編集者は言う。

 日本経済新聞社グループがお得意な日経系専門誌群も、日経コミュニケーション(8,000部)、日経エコロジー(6,000部)、日経デザイン(8,000部)などと1万部台を割り、もはやミニコミ誌の領域に近づきつつある。

 月刊紙ではかつて100万部雑誌だった文藝春秋が「防衛線」として死守してきた30万部台を割り込み、26万部になった。中心読者層は「平均年齢70歳以上で、新規読者よりも亡くなる人の方が多い」(同社関係者)と高齢化と運命をともにしている。

 大手出版社は週刊誌とマンガで稼ぎ、多品種少量の単行本の赤字を補うビジネスモデルだったが、もはや雑誌が牽引役ではないことは明らか。10万部以下の週刊誌はコスト面からみても割に合わず、今年は各誌編集長の交代や、あるいは休刊・廃刊するところが現れそうだ。

(了)
【ライター・岩井 さやか】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年01月20日 15:43
NEW!
office36min

ふくおかFGと十八銀行~経営統合半年延期に

 ふくおかフィナンシャルグループ(FG)は今日20日、4月1日に予定していた十八銀行(長崎市)との経営統合を10月1日まで半年間延期すると正式に発表した。  「NetIB ...

2017年01月20日 11:39
NEW!
miyata

「学校運営」と「主婦業」両立のキーワードは子どもたちとのコミュニケーション(中)

(学)宮田学園 理事長 宮田 智栄 氏  日本最大規模の学生数を誇る西日本国際教育学院を運営する(学)宮田学園の理事長で、3人の子どもを育てる母親でもある宮田智栄氏。夫で ...

2017年01月20日 11:14
NEW!
kitamura

カメラのキタムラ~業績不振で22店舗閉鎖

 全国にチェーンを展開する写真用品店「カメラのキタムラ」は、別表の通り、北は北海道から九州に至る18道府県に及ぶ業績不振店舗の閉店を発表した。(閉店スケジュールは別表【1 ...

2017年01月20日 10:27
NEW!
asia-min

アジアの富裕層・中間層を掴め~福岡県、タイ訪問団派遣事業

 人口減などによる日本国内の個人消費の伸び悩みに中小企業が苦戦しているなか、福岡県は県内中小企業のアジア展開支援に取り組んでいる。その一環として、1月22日から1月26日 ...

2017年01月20日 10:02
NEW!
kaigi2min

マンション管理の支配目論むモンスター理事の狙いは(後)

 マンションの管理組合理事として理事会を掌握し私物化するモンスター理事。修繕積立金などの運営費をターゲットにすることが多いが、このところその狙いが多様化している。  A氏 ...

pagetop