HOME > 企業・経済 > 一般 > 大火災を防げ。消火用具の販売開始

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月13日 16:03

大火災を防げ。消火用具の販売開始

(株)草野

 昨年12月22日に発生した新潟県糸魚川市の大火災は、死者こそ出なかったものの、鎮火まで30時間以上を要し、被害家屋は156棟、焼失面積は3万3,000㎡(1万坪)を超えた。出火原因は中華料理店の鍋の空焚きとされ、折しも強風に煽られたことと、住宅密集地であったことが火災を大きくしたとされる。もし、この中華料理店が初期消火に成功していれば、と誰もが思っただろう。

 この火災において改めて注目されているのが、家庭内でも簡単に使用できる消火用具である。消火訓練などでよく見る消火器の方が消火能力は高いものの、一般の住宅ではほとんど見かけない。対して、消火用具はコンパクトで性能も良く、簡単に取り扱いができることが大きなメリットとされている。

 今回取り上げるのは、(株)ファイレスキュー(東京都)が製造する消火用具シリーズ。防水工事などを手がける(株)草野(本社:福岡市博多区、草野和義代表)が販売代理として取り扱いを開始した。

 ラインナップは、投擲型とスティック型の「ファイヤーセイブ」と、スプレー型の「ジェットレスキュー」。この商品の大きな特徴はコンパクトで、素早く安全に初期消火に対処できるというもの。しかも、環境に優しい食品添加物を主成分としており、人体に対してもほぼ無害という点も大きい。

 ただし、これらの消火用具は消防法に定められた消火器ではなく、用具としての消火器の補助的存在。投擲型は消火用具、スティック型やスプレー型などは簡易的な消火用品と言えるだろう。これらは補助的な用途に限定され、消火器を代替するものではないものの、引火した直後、早急に消火活動ができる便利用品といえる。とはいえ、火災が発生し、パニックとなっているときに、このような用具はありがたい存在となるだろう。草野社長は「優れた商品であり、火災に対する初期消火に貢献できればと思っています」と語る。

 いつ起こるかわからない火災事故。その火災を初期段階でいかに対処できるかが、被害を大きくしない最善の策と言えよう。まさに「備えあれば憂いなし」である。

20170213_011

コンパクトながら、迅速に効率よく消火するために開発された消火用具

【道山 憲一】

■販売代理
(株)草野
代 表:草野 和義
所在地:福岡市博多区上牟田1-21-6
設 立:1997年4月
業 種:防水・塗装工事
URL:http://k-kusano.co.jp/about/

■製造
(株)ファイレスキュー
代 表:飯田 大貴
所在地:東京都台東区蔵前4-5-6
URL:http://firescue.net/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

中国経済新聞に学ぶ~夏休みは3,000万人超が海外へ

 6月上旬の大学受験が終了し、子どもたちは学校が休みになり、1年で最も重要な旅行の繁忙期がやってきた。夏休みは今や大きな話題になるテーマの1つだ。オンライン旅行会社各社が ...

2017年06月28日 16:11

建設会社の安全大会にみる グローバル化の波

 グローバル化の波は大手企業だけの話ではない。地場建設会社でも国際化は進んでいると実感させられた。  6月24日、「おおはまグループ」(本社:福岡市東区、大濱鉄也代表)の ...

2017年06月28日 16:00

「世界を駆ける二人の芸術家の融合」動画ダイジェスト

 6月23日、大濠公園能楽堂にて開催された弊社主催のイベント「世界を駆ける二人の芸術家の融合」。中島淳一氏の一人演劇、黒木あすか氏の歌と演奏、そして2人のコラボが行われた ...

2017年06月28日 15:57

山口FGの株主総会~何ごともなく50分で閉幕

 北九州銀行を傘下に持つ(株)山口フィナンシャルグループの株主総会が6月27日午前10時より、山口銀行本店8階会議室(下関市竹崎町4-2-36)で開催された。議長の吉村猛 ...

2017年06月28日 15:36

安倍首相加計暴論講演vs前川前次官威風堂々会見

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。  今回は、安倍首相と前川前次官の発言を比較した、6月27日付の記事を紹介する ...

pagetop