HOME > 企業・経済 > 一般 > 「夢持ち続け日々精進」~(株)ジャパネットたかた 元社長が経営人生を語る

一般

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年02月17日 15:17

「夢持ち続け日々精進」~(株)ジャパネットたかた 元社長が経営人生を語る

 2月16日、博多法人会主催による(株)A and Live 代表取締役社長 高田明氏の講演会が行われた。
 テレビショッピングで見せた独特のトークで存在感を発揮し、一躍「ジャパネットたかたの社長」として有名人となった同氏。(株)ジャパネットたかたを2年前に退社し、現在は別会社を立ち上げている。“「今を生きる」ことが不可能を可能にする”をテーマに、自身のこれまでの人生について語った。

 高田氏は1948年に長崎県の平戸に生まれた。大阪経済大学を卒業後、メーカーに就職し通訳として海外駐在を経験。74年に父親が経営するカメラ店へ入社し、86年に分離独立しカメラ店の「(株)たかた」を設立した。90年にラジオでショッピング番組を始めたのを機に全国へネットワークを拡げ、その後テレビ、チラシ・カタログなどの紙媒体、インターネットや携帯サイトなどでの通販事業を展開。1999年5月に社名の「たかた」を現在の「ジャパネットたかた」に改めた。その後、通販番組で独特の口調と商品を紹介する高田氏の姿が注目され、高田氏自身も全国に名前を知られることとなった。

 2015年1月にジャパネットたかたの代表を退任し、同時に「(株)A and Live」を立ち上げた。社名の由来は『今を生き生きと生きる世の中にしたい』という想いから。その想いは、経営にも通じるものがあり、高田氏は今回の講演でも繰り返し「今」の重要性を述べる。
 「過去でも、未来でもなく、今どうするか。そのときそのときの”今”を全力で生きてきた結果、今の私があるんです」と熱弁する姿は確かに生き生きとしていた。

 高田氏はエリヤフ・ゴールドラットの著作『The・Choice』を引用しこう述べる。
 「人間は物事を複雑にし過ぎている。物事をシンプルに考えることが大切なんです。例えば、20個しなければならないことがあったら、その中から3だけやる。3つにだけ打ち込む。そうしたら、いつの間にか残りの17個の問題も解決している」。
 物を売るうえで大切なのは、決めつけないこと。市場や、ターゲット、商品の価値を決めつけずに、常に可能性を模索していくことが大切だと語る高田氏。商品の提案の仕方を本気で考え続けることが、ひらめきや直感力の向上にも繋がっていくという。

 質疑応答の際、「経営する上で最も大切なことはなんですか」という質問が飛んだ。高田氏は「会社とは人を幸せにするためにある」と前提を述べたうえで、「人を感じることだと思います。人の心を感じて、何を求めているかを読み取ることが大切」と答えた。
 高田氏は1月13日に初の自著となる『伝えることから始めよう』を出版。今回の講演同様「今を生きる」をテーマに、高田氏の人生哲学を語りつくした一冊となっている。

【松ケ迫 美貴】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月18日 15:37
NEW!

天神4丁目の第1明星ビルが解体へ

 第1明星ビルの解体工事が始まった。解体後の用途は不明ながら、建替えが検討されているようだ。第1明星ビルは、2月に(独)住宅金融支援機構から貸ビル業の明星ビル(株)(福岡 ...

2017年08月18日 15:21
NEW!

9gatesの大名ビル、気になる用途変更後の行方

 福岡市中央区大名2丁目に誕生したシェアオフィス「Co-work&Share.H」。東京から九州初進出を遂げた不動産コンサルティング会社の(株)ナインゲーツ(本社:東京都 ...

2017年08月18日 13:42

福岡発の有料老人ホーム「アビタシオン」が千葉・木更津市に

 1984年6月、博多区金の隈に『アビタシオン博多Ⅰ号館』を開設以来、33年にわたって高齢者へ向けた医療・介護などのサポート事業を展開する(株)アビタシオン。年々事業を拡 ...

日航ジャンボ機墜落事件炭化遺体と軍用燃料

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、1985年に群馬県山中(御巣鷹山)に墜落した日航機123便にまつわる疑 ...

2017年08月18日 10:59

芝浦グループホールディングス、新社長就任

 芝浦グループホールディングス(株)(所在地:北九市小倉南区)は8月1日、新社長就任と新たな役員の陣容を発表した。  新たに代表取締役社長に就任したのは新地洋和氏。197 ...

pagetop