HOME > 地域・文化 > クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(2)

地域・文化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年10月12日 07:02

クラフトビールを知ろう!瑠璃色の伝説 田沢湖ビール(2)

 「素材や製法にこだわり抜く」というビジネスモデルで根強い人気を誇る田沢湖ビールは、2017年に20周年を迎える。同社のクラフトビールは現在までに「ジャパン・アジア・ビアカップ」や「インターナショナル・ビア・コンペティション」「ワールド・ビア・アワード」「ヨーロピアン・ビア・スター」といったビール審査会に出品し、数々の賞を受賞してきた。

 17年9月にドイツで開催された「ヨーロピアン・ビア・スター2017」では、創業当初から一番人気の『アルト』がゴールドアワード(金賞)を受賞。さらに、同時期にイギリスで開催された「ワールド・ビア・アワード2017」には『ピルスナー』がワールドベストドルトムンダー(世界最高賞)を獲得した。「ワールド・ビア・アワード2017」では36カ国から開催史上最多の1,900以上もの銘柄が寄せられたなかでの受賞ということからわかるように、もはや世界が認める味として広く知られている。

 クラフトビールメーカーには主業メーカーと副業メーカーの2つがあるが、同社は後者といえる。副業メーカーは、マイクロブルワリーやブルーパブの普及を背景にレストランやビヤホール、ビヤパブ併設型が多い業態だ。現在もその数は増え続けており、なかには業界のイメージを悪化させる粗製乱造による品質低下を招くメーカーも存在する。500万円程度の初期投資額ですむ簡易醸造装置の普及も進んでいるが、ある程度の品質をともなって製造をするなら総投資額は1,000~2,000万円はかかるだろう。また、ビール製造は非常に味にバラつきが出やすいため、品質を向上させ、なおかつ安定させるには10年単位でのノウハウの蓄積が必要といわれるようにその技術は一朝一夕とはいかない。

 同社だけではなく、国際的な賞を受賞したクラフトビールメーカーには、それぞれの弛まぬ努力とこだわりが見受けられる。田沢湖ビールも作り始めて10年程度経ったところで、さまざまな賞を受賞し始めた。日々の研究が身を結んだといえる。次回は田沢湖ビールの味に迫る。

(つづく)
【藤谷 慎吾】

【12/5】秋田県が誇る劇団「わらび座」が福岡上陸!

 12月5日(火)、アクロス福岡シンフォニーホールにおいて、秋田県に本拠地を置く劇団「わらび座」のミュージカルが上演される。仏教の祖・仏陀を手塚治虫氏ならではの視点で描いた超大作「ブッダ」に、同劇団が挑む…。

◆詳細はコチラ>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年10月17日 14:49
NEW!

内覧会開催!日本料理てら岡中洲本店、いよいよ本日オープン!!

 10月15日(日)、本日午後5時半から新築オープンする日本料理てら岡中洲本店で内覧会が行われた。 らえと展示物が多く見受けられた。その場でさばいたマグロ料理の提供や袴姿 ...

2017年10月17日 14:43
NEW!

J.フロント リテイリング、9月度の収益2.9%増

 J.フロント リテイリング(株)(本社:東京都中央区、山本良一代表)が16日に発表した9月の連結売上収益報告(国際会計基準)のセグメント別売上収益は、百貨店事業が前年比 ...

2017年10月17日 14:30
NEW!

雨にもマケズ、ハツラツプレー!~第40回マックス会ゴルフコンペ

 11月16日、福岡雷山ゴルフ倶楽部(福岡県糸島市)において、第40回マックス会ゴルフコンペが行われた。前週末より降り続く雨のなか、ゴルフ参加者総勢137名によるハツラツ ...

2017年10月17日 14:01
NEW!

マツモトキヨシ、台湾で出店

 (株)マツモトキヨシホールディングス(本社:千葉県松戸市、松本清雄代表)はこのほど、台湾の臺隆工業股份有限公司と台湾における「マツモトキヨシ」店舗の展開に向けた基本合意 ...

2017年10月17日 13:37
NEW!

どうなる?久留米・欠陥マンション裁判(2)~専門家インタビュー

 福岡県久留米市の分譲マンション「新生マンション花畑西」の構造・施工の欠陥を巡り、設計事務所と施工業者(鹿島建設)に損害賠償を求めた裁判は、まもなく、結審を迎える見込みで ...

pagetop