金融フォーラム2018 テクノロジー活用最前線
2018年7月18日(水)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年07月03日 15:13

【7/18セミナー】経理作業量を7割減 MFクラウドの衝撃

 「企業経営者として、経理・会計にも明るくあるべき」という理想論はさておき、実際には「人手も時間もかかるし、大変だな……」とお思いの経営者の方は多いのではないでしょうか。請求書、領収書、各種帳票の管理や会計ソフトのなどなど、「本業ではない」けれども重要なこの部門について、「必要経費だ、しかたがない」とお思いでしょう。
 そこで「経理・会計関係の作業量が7割減る!」と聞くと、興味を惹かれるという方もまた多いはず。クラウド会計システム「MFクラウド」を導入すれば、経理・会計を通じて経営全体に大きなイノベーションをもたらすことができるのです。しかも、スマートフォンを使って日々の経理・会計状況の確認も可能。会社のお金の流れの「見える化」を実現できます。

 7月18日、データ・マックスと(一社)まるの会との共催で「中小企業のトップなら知っておくべきテクノロジー革命」と題したセミナーを開催します。第1部の講師としてお招きするのが、前述の「MFクラウド」シリーズを展開する(株)マネーフォワード・辻庸介代表取締役社長兼CEOです。2012年、東京・高田馬場のワンルームマンションで起業したマネーフォワードは、個人向け家計簿・資産管理サービス「マネーフォワード」が爆発的なヒットとなり、17年9月に東証マザーズに上場。17年11月期の売上高は28億9,900万円。18年11月期の第1四半期は前年同期比で78%増と急成長を続けています。

 中小企業向けにリリースされているのが、上記のMFクラウドシリーズ。銀行口座・クレジットカードの取引明細データを自動取得し、勘定科目を自動提案する「MFクラウド会計・確定申告」、毎月同内容の請求書を自動作成し、郵送までを1クリックで完了できる「MFクラウド請求書」、入力された経費データと領収書を自動チェックできる「MFクラウド経費」、保険料・年金などを自動計算して明細をウェブで配布し、給与振り込みまで1クリックで行える「MFクラウド給与」、マイナンバー管理を自動で行う「MFクラウドマイナンバー」などがある。また、これらMFクラウドシリーズで蓄積されたデータを活用し、与信データとして資金調達に活用できる「MFクラウドファイナンス」もリリース。「クラウドファイナンス」を使用すれば審査書類の提出は不要、かつ最短で申請したその日に審査結果を知ることができます。対応している金融機関はまだ少ないですが、福岡銀行が利用できるのは福岡の企業にとっては非常に大きいでしょう。

 マネーフォワードでは、各社の事情に合わせてシステムをカスタマイズします。その結果もあり、上で述べたように「経理作業が32%まで減った」という喜びの声が寄せられている、ということです。
辻社長は、大阪での講演で「現代の企業にとって、ITは戦国時代の火縄銃のようなもの。ITを使ってやるべきこと、人にしかできないことを区分けして、織田信長のように使いこなせば大きな武器になる」と述べたうえで、「変革には、トップの強い意志が必要。企業の未来像から逆算して、今なにをすべきか考えましょう」と呼びかけました。
 同セミナーでは辻社長の講演に加え、懇親会で名刺交換して直接お話いただくこともできます。本業に集中するために、それ以外の業務をいかにアウトソーシングしていくか。これからの中小企業の未来を考えるセミナーに、ぜひご参加ください。


■金融フォーラム2018 テクノロジー活用最前線

<日 時>
2018年7月18日(水) 午後2時30分開場 午後3時開始(セミナー&懇親会 午後8時終了予定)

<会 場>
リファレンス駅東ビル貸会議室
(福岡市博多区博多駅東1-16-14)
セミナー会場:5F 会議室 V-1 懇親会会場:4F 会議室 P
※会場が変更になりました

<会 費>
1万5,000円(セミナー・懇親会費込み)
事前の振込先:西日本シティ銀行 大名支店 普通 1449935 (株)データ・マックス

<お申し込み>
メールフォーム、もしくはPDFをプリントアウトしてFAX(092-262-3389)でお申し込みください。

<申込締め切り日>
7月11日(水)

<お問い合わせ>
092-262-3388(担当:メディア事業部・児玉)


 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

pagetop