HOME > コダマの核心 > 福岡地所・榎本一彦会長33年の執念~天神ビジネスセンタープロジェクト披露
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年01月12日 09:13

福岡地所・榎本一彦会長33年の執念~天神ビジネスセンタープロジェクト披露

fukuokajisho 新年早々、福岡地所の天神ビジネスセンタープロジェクト発表で湧いた。既報通りである。一方ではサニックス代表・宗政伸一氏の悲報が飛び込んできた。福岡地所の天神ビジネスセンタープロジェクトをマスコミは「天神ビックバンの始まり」と注目して報じた。確かに天神再開発のスタートの幕開きであることは間違いない。しかし、このプロジェクトは福岡地所・榎本一彦会長の天神進出の33年の悲願であることを承知している人は少ない。

 天神イムズが三菱地所の子会社であることはご存じだろうか。このビルはバブルの真っただ中の1989年4月に建設され一世を風靡したものだ。その4年前のことである。現在、イムズの建てられている土地の持ち主は福岡市であった。天神再開発を狙って福岡市は土地活用のコンペを行ったのである。福岡地所は当時の福岡玉屋(百貨店)と組んで地元代表としてコンペに名乗り上げた。福岡玉屋の最後のオーナーは田中丸善司氏であった。

 当時の榎本一彦氏は42歳、猪突猛進で快走していた。「不動産業を営む以上、天神に拠点を構えなくてどうする」と野心に燃え自信満々であった。片や慶応義塾大学の先輩である田中丸善司氏は悲願の玉屋百貨店天神進出に注力していた。しかしながら、下馬評に反して審査委員たちは三菱地所・明治生命グループのプロジェクトを選択した。ここに榎本一彦氏の野望は潰えた。また田中丸善司氏の福岡玉屋はその後、倒産したのである。

 榎本一彦氏はキャナルシティ博多を立ち上げたが、過大な借金に悩まされていた。様々な不動産を売却して凌いできた。その1つが宗像市の外れにある腐った不動産の売却処分であった。この不動産を引き取ったのが、当時、急成長していたサニックスのトップ宗政氏であった。ラクビーを通じて親交を深めた2人であったのだ。宗政氏は引き取った場所をラクビーのメッカとすべく、グローバルアリーナを仕立て上げた。グローバルアリーナはその後、宗像市の名物になったのである。

 そして2017年新春、榎本一彦氏は33年間、執念を燃やして続けてきた「天神進出」のプロジェクト実現まで漕ぎつけ、久しぶりにスポットライトを浴びた。一方の時代の旗手であったサニックスの宗政伸一社長は浄土へ旅立つことになった。対照的な結末である。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年01月19日 15:54
miyata_s

「学校運営」と「主婦業」両立のキーワードは子どもたちとのコミュニケーション(前)

(学)宮田学園 理事長 宮田 智栄 氏  日本最大規模の学生数を誇る西日本国際教育学院を運営する㈻宮田学園の理事長で、3人の子どもを育てる母親でもある宮田智栄氏。夫である ...

2017年01月19日 15:18
toyosu

豊洲市場、ベンゼンよりも危険な建築強度偽装を無視!(前)

協同組合建築構造調査機構 代表理事 仲盛 昭二  東京都が実施した豊洲新市場の最終モニタリングの結果が公表され、環境基準値の79倍ものベンゼンと、検出されてはいけないシア ...

2017年01月19日 13:11
jutaku_img2

住宅ローン 12月申し込み件数減少

 日銀のマイナス金利政策により、低金利が続く住宅ローン。だが、2016年12月の主要8行への申込件数が4.3万件と、16年1月に日銀がマイナス金利政策を導入する前の水準ま ...

2017年01月19日 10:17
mansion

マンション管理の支配目論むモンスター理事の狙いは(中)

 マンションの管理組合理事として理事会を掌握し私物化するモンスター理事。修繕積立金などの運営費をターゲットにすることが多いが、このところその狙いが多様化している。  「所 ...

2017年01月19日 09:29
sake

2016年ビール類出荷量過去最低、12年連続前年割れ

 ビール大手5社は16日、2016年のビール類出荷量を発表した。発表によると、ビール類の国内総出荷量は4億1,476万ケースで、前年比2.4%減少となった。ビール類にはビ ...

pagetop