わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月13日 11:40

【凡学一生の優しい法律学】アメリカ大統領選の見方(3)

2. 民主主義の学問的背景

 権力に対する学者の懸念は、その集中統合性にあった。権力は統合されればされるほど強力になることは自明であり、過去の政治制度がすべて「独裁制」を志向し、具現化したものであることは、歴史により証明されている。

 民主主義の原理は、権力の分散を常に志向してきた。三権分立も地方自治も合衆国制度もすべて権力分散の思想の現れであり、法律の具体的な中身についても権力分散の思想が必ず現れている。

 日本国民には基本的な民主主義教育がなされていないため、この基本的視座がない。その現実として起きた政治問題が、今般の「日本学術会議法違反事件」、言いかえると「学術会議任命無視事件」にほかならない。学術会議の本質は独立した国家機関であるため、学術会議は可能な限り権力の独裁的支配から距離を置かなければならない。その方法は、会員の選任手続における権力の独裁を防止するため、学術会議自身による自治としての推薦制の設置にほかならない。

 橋下弁護士は、この推薦制が権力分立の思想である民主主義の基本理念を根拠としたものであると理解できないため、総理大臣の専権的任命権を安易に容認した。とくに、経済的効率、つまり行政の経費を理由にして政策の優先順位を決める思想からは、民主主義には一定の矛盾を解決するコストが不可欠との理解が生まれないため、独裁化の道を進むことになる。大阪都構想が行政コストを大義名分としたこともその思想の現れであったため、市民の同意が得られなかった可能性がある。

3. 民主主義と法治主義は同義でなければならない

 民主主義を言いかえると国民主権であり、法治主義を言いかえると法の支配であるため、両者は車の両輪であり、同時に成立し存在するものでなければならない。この両思想は現実の実践によって確認されなければならないため、現実の姿が常に正確に認識され、理解されることが必要である。

 この事実の正確な認識を阻害する最大の要因が権威主義といわれる、思考形式・認識方法である。加えて、現実の国民の政治状況に対する認識は教育と言論の報道機関に依存しているため、出版・報道に携わる者つまりジャーナリストの知性に大きく依存している。国民の真実へのアプローチを実質的に大きく阻害しているものが、法律の難解性と権威主義の具現化である学歴社会、国家資格社会である。

 日本では高学歴は同時に知性の象徴でもあるため、高学歴が事実上の権威主義の1つの要素となっている。実際の公教育の内容は巧妙に国民への主権者教育が排除されており、封建時代から続く「知らしむべからず、よらしむべし」が政治手法として横行している。それらが具体的に法律となったものの例として、公務員の守秘義務規定、個人情報保護法が挙げられる。

 昨今では国家機密法が露骨に成立しており、政治情報がますます国民から遠ざけられている。日本が民主主義原理とは逆方向に進んでいることは明白であるが、不幸なことにその事実は国民にはまったく理解されていない。不幸な大局観の喪失である。

4. アメリカ社会と日本社会の異同

 アメリカと日本は同じ民主主義の国家であるため、本質は同じであるはずだが、現実には大きく異なり、とくに国民の政治認識、権利意識には大きな差異がある。

 ある識者は、日本の民主主義は国民が自らの血と涙と汗で勝ち取ったものでなく、敗戦によりアメリカからのあてがい扶持であることが理由であるという。しかしこの言説は、民主主義が国民の学習による後天的な思想であることを軽視している。

 あてがい扶持であっても適切な公教育が存在したならば、日本が一人前の民主国家になれたはずであり、起源は本質的な問題ではない。その意味では、日本国憲法が「アメリカの押し付け思想」であるとの理由により、改憲論を主張する一部の政治家・学者の見解が誤謬であることは明白だ。

 つまり、日本では憲法施行後の主権者教育としての公教育が存在しないことが今日の混迷の原因であるため、最終的な結論は、今からでも主権者教育をすべきということだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月15日 17:30

「アメリ化」進む西戸崎、明日(16日)TNC「華丸・大吉のなんしようと?」で放映NEW!

 米軍基地「キャンプハカタ」が置かれていた当時の賑わいを取り戻そうと、「アメリ化」を進める東区・西戸崎。志賀商工会は町おこし事業の一環として、JR香椎線・西戸崎駅前ロ...

2021年04月15日 17:16

芥屋海水浴場に糸島バーガーカフェ「グーフィー」登場NEW!

 糸島の芥屋海水浴場に、糸島バーガーカフェ「goofy(グーフィー)」が登場した。4月10日にオープンしたばかり...

2021年04月15日 16:56

所有のコスト背負わず所有する無敵の「方程式」~星野リゾート(1)NEW!

 去る3月18日、星野リゾートグループが「キャナルシティ博多」併設のラグジュアリーホテル「グランドハイアット福岡」を福岡地所から77億円で取得、キャナルシティ運営にも...

2021年04月15日 16:23

嘉麻バイパストンネル、東急JVが17.8億円で落札NEW!

 福岡県発注の「国道322号嘉麻バイパストンネル工事」を東急建設・サカヒラ・修成工業JVが17億8,204万円(税別)で落札した...

2021年04月15日 16:16

栄住産業が役員選任~新社長に宇都和光氏NEW!

 4月1日付でヤマエ久野(株)(福岡市博多区)に全発行済み株式を譲渡し、同社の子会社となった(株)栄住産業(福岡市東区)は、同日開催の株主総会で役員を選任した...

2021年04月15日 16:01

【4/20】IPO、M&Aの出口を見据えたスタートアップ成長戦略でオンライン・トークセッション(福岡市)NEW!

 福岡市は20日、スタートアップがIPO、M&Aなどの「出口」を見据えた成長戦略を考えるきっかけとなるトークセッションなどのイベントをオンラインで開催する...

2021年04月15日 14:25

【4/21】無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」NEW!

 無料オンラインセミナー「私たちに本当に必要なDXのカタチ」が4月21日に開催される。DXに地域企業が取り組むべき理由について、事業脚本家・渋谷健氏が解説する...

2021年04月15日 14:00

東芝・車谷社長が事実上のクビ、CVCと仕掛けた救済策が大炎上(1)NEW!

 「策士、策に溺れる」。東芝の車谷暢昭社長が辞任した。事実上の解任である。「ものいう株主」に追い込まれた車谷社長を救済するため、「プロ経営者」の藤森義明氏が英投資ファ...

2021年04月15日 13:00

豊洲市場訴訟、東京高裁が原告・仲卸業者の控訴を棄却(前)NEW!

 豊洲市場の仲卸業者5者が東京都を相手取り、豊洲市場の建築基準法違反の是正を求めた裁判は、1審で請求が却下され、原告が控訴していたが、3月22日、東京高等裁判所は「本...

2021年04月15日 11:55

GWはお得感満載!マリノアシティ福岡がゴールデンセールなどの各種セール、イベントを開催NEW!

 福岡地所グループの(株)エフ・ジェイエンターテインメントワークスは、マリノアシティ福岡(福岡市西区小戸)において「SHOPPING TREASURE MARINOA...

pagetop