わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年03月15日 13:00

新型コロナと国際保健テーマに日英公開シンポ

日英の感染症の臨床医や疫学研究者。
=福岡市の「アクロス福岡」国際会議場

 「新型コロナとグローバルヘルス」をテーマにした日英公開シンポジウムが7日から3日間、福岡市のアクロス福岡・国際会議場にて開かれた。ロンドン大学衛生熱帯医学大学院と提携する長崎大学が主催し、日本医学ジャーナリスト協会西日本支部が共催した。初日の基調講演とパネルディスカッションには、オンラインを含め約1,100人が参加した。

 基調講演とパネルディスカッションを合わせて、日本側から4人、英国側から2人が感染症の臨床医や疫学者の立場から実体験に即して、コロナ対策での反省点や、政府への要望、今後の見通しなどを述べた。主な発言を以下にまとめた。

国立国際医療研究センター病院
大曲貴夫・国際感染症センター長

 「コロナが流行り始めたころ、日本はPCR検査体制が貧弱であり、遺伝子検査が普及していなかった。日本の感染症病床は2,000床で、そのすべてをコロナ感染症対応に回しても足りなかった。一般の医療機関に収容する必要があったが、うまくいかなかった。院内感染への懸念や人手不足で新興感染症への備えが十分できていなかった。

 新興感染症対策には準備と資源が必要であり、社会全体でそのことを確認する必要がある。研究開発の遅れを批判されたが、人的資源もなければ、余裕もない。英国のコロナ治療と同時に効果も研究する姿勢を学ぶ必要がある」

ロンドン大学
ジョン・エドモンズ衛生・熱帯医学大学院教授
(感染症数理モデル)

 「英国の2020年の死亡者は12万人。死亡率も高く、素早いワクチン接種を政府に勧めている。とくに『第1波』で深刻な状況に陥ったが、ロックダウン(都市封鎖)が実効再生産数(感染者1人から何人が感染するかという数)の減少に役立った。英国では、研究者は経済的な話をしないことになっていることが、ロックダウンにつながった。地理的にも的を絞って実施したところ6、7月に感染者数が減ったので、対策を緩和した。人と人の接触が増えて9、10月に『第2波』になった。英国ではすでに30%の人が少なくとも1回目のワクチンの接種を終えている」

ロンドン大学
ピーター・ピオット衛生・熱帯医学大学院学長
(エボラウイルス共同発見者)

 「ワクチン接種は感染予防に大切であるが、医療以外の介入を止めないことが重要だ。それと並行してワクチン接種を進める。エイズウイルスもそうだったが、国際連携が欠かせない。ワクチンを共同調達するCOVAX(コバックス)は重要だ。

 この仕組みで、アフリカのガーナやコートジボアールでは接種が進んだ。ワクチンの有効性がわかる前に調達する仕組みをつくった。事前購入の契約をしているのだ。ワクチンはこれから数年間必要だろう。今後はワクチンの生産拠点を増やす必要がある。EUは『ワクチンサミット』の開催を計画している。日本のワクチン接種は遅れているが、その目途が立ったらCOVAXを支援してほしい。

 コロナ感染の状況は、これからの数カ月間で数年間の展望が決まってしまうだろう。このウイルスは変異を止めない。ワクチンがあっても変異を続けるだろう」

京都大学大学院医学研究科社会健康医学系
西浦博教授
(前厚労省クラスター対策班員)

 「第1波の時の緊急事態宣言で外出自粛を呼び掛ける際、人と人の接触を80%減らす目標を掲げた。政府や都道府県が外出自粛を要請するたびに接触8割減を訴え、感染のペースは減っていった。接触機会の減少や数理モデルを用いた対策は有効と認められつつある。その半面、自粛の負の側面が注目され、『経済にブレーキをかけている』と批判されて精神的につらかった。日本の外出自粛は、英国のロックダウンに比べると、ずっとマイルドだ。政治家が外出自粛の意味を丁寧に国民に説明していく必要がある」

 8日と9日はオンラインのみで分科会が開催され、世界で初めて抗炎症薬「デキサメタゾン」がコロナ治療に有効と発表したオックスフォード大学のピーター・ホービー教授らが最新の臨床現場の実態などを報告した。

【南里 秀之】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年05月08日 07:00

知的に自立した若者を育てよ〜教育現場からの報告と提言(3)

 このような調子でこれまでどうやって入試や定期試験をクリアしてきたのか、と学生に率直な質問をぶつけてみたことがある。そのとき、ある学生の一群(私立大)は、それは誇らし...

2021年05月08日 07:00

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(後)

 『具体的な要望としては、軽油引取税についてですね。軽油は一般的にディーゼルエンジンなどに利用されて軽油引取税がかかりますが、最終処分場で使う重機については減免されて...

2021年05月07日 18:56

【成り行き注目】(株)九設(大分)/電気設備工事ほか

 同社は、5月6日付の決済が不調に終わったことが判明した。

2021年05月07日 17:59

芝浦グループ 建築中の新本社ビルを公開

 芝浦グループホールディングス(株)は、45周年となる2022年に向けて、福岡市中央区に新本社ビルを建設している。これまで同グループが施工してきた物件のなかでも最大級...

2021年05月07日 17:52

掲載予告~山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が当社に届く

 当社児玉社長と浜崎裕治顧問宛てに、山口銀行の現役行員から4月30日付で山口FGの吉村猛社長に対する「内部告発状」が送付されてきた。詳細については来週月曜日から掲載す...

2021年05月07日 17:45

【5/30まで】国際政治経済学者・浜田和幸氏の「創作漢字書展」が開催中

 メルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏の「創作漢字書展」が東京・銀座...

2021年05月07日 17:38

イーロン・マスク氏が先導役を務めるBMIビジネスの最先端事情

 世界を騒がすことに関しては天才的な能力を発揮するのがイーロン・マスク氏である。確かに、電気自動車の「テスラ」から宇宙ロケットの「スペースX」の開発などを通じて世間を...

2021年05月07日 17:24

被災地復興や新型コロナ禍への対応 高まる業界団体としての存在感(前)

 産業廃棄物を適正処理することは生活環境の保全と国民経済の発展を図るために不可欠なうえ、近年は大規模災害の多発などで被災地における災害系廃棄物の処理も大きな社会問題と...

2021年05月07日 16:53

米大手EC「iHerb」、コロナ禍で日本向けサプリの需要拡大

 サプリメント先進国である米国の大手EC・ネット通販企業「iHerb」では、サプリメントや化粧品など3万点に上る商品を185カ国、3,000万人以上の顧客に向けて、国...

2021年05月07日 16:00

【コロナで明暗企業(6)】日本製鉄と日立製作所~企業城下町の栄枯盛衰(前)

 新型コロナウイルスの感染拡大は、全国の「企業城下町」の経済に深刻な打撃を与えた。企業城下町には大企業の工場に部品を納入する下請業者、孫請業者が幾重にも連なる...

pagetop