2024年05月27日( 月 )

未来トレンド分析シリーズ

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(後)
 アメリカ国内では大統領選においてバイデンvsトランプの「老老対決」の構図が繰り返される可能性が高いなど、市民が希望のもてない状況にある。
アメリカ大統領選挙を左右するか ケネディ神話の復活(前)
 アメリカを現在覆う「分断と分裂」の嵐を見るにつけ、1968年と2023年の類似性を感じざるを得ない。
日米、日中、日韓、新たな時代の幕開き 世界の危機に備え、発想の転換を(4)
 ミサイル発射命令を繰り返す金正恩の考えも聞いてみる必要もあるはずです。もし直接対話することになれば、彼の脳裏に去来する「対米不信」の根の深さに思い至るのではないでしょうか。
【未来トレンド分析シリーズ】日米、日中、日韓、新たな時代の幕開き 世界の危機に備え、発想の転換を(3)
 世界がウクライナ戦争に耳目を奪われているなか、その夜陰に乗じるかのように、北朝鮮の軍事的行動が活発化している。
日米、日中、日韓、新たな時代の幕開き 世界の危機に備え、発想の転換を(2)
 今世界は環境、食糧、エネルギー危機に加え、相次ぐ新種の感染症の出現や通商摩擦、テロ、戦争の危険性など、「人類と地球の終末」を予感させる状況だ。
日米、日中、日韓、新たな時代の幕開き 世界の危機に備え、発想の転換を(前)
 今世界は環境、食糧、エネルギー危機に加え、相次ぐ新種の感染症の出現や通商摩擦、テロ、戦争の危険性など、「人類と地球の終末」を予感させる状況だ。
世界政府を目指すビリオネア連合 ビル・ゲイツと世界経済フォーラムの野望(後)
「影の世界政府とデジタル社会の実現」が究極の狙いとされる「世界経済フォーラム」における最大の旗振り役の1人、ビル・ゲイツ氏。
世界政府を目指すビリオネア連合 ビル・ゲイツと世界経済フォーラムの野望(前)
 「世界経済フォーラム」の究極の狙いは「影の世界政府とデジタル社会の実現」との見方があり、最大の旗振り役はビル・ゲイツとクラウス・シュワッブの両人であると国際政治学者の浜田和幸氏は見る。
ポスト・ウクライナは台湾有事か 準備を加速するアメリカに対し、日本は?(後)
 “終わりの見えない”ウクライナ戦争がアジアに飛び火し、「台湾有事」を引き起こすのではとの議論が急浮上している。
ポスト・ウクライナは台湾有事か 準備を加速するアメリカに対し、日本は?(前)
 “終わりの見えない”ウクライナ戦争がアジアに飛び火し、「台湾有事」を引き起こすのではとの議論が急浮上している。
腐敗の収まらないウクライナ 岸田首相はいいカモにされるかも(後)
 アメリカなどNATO加盟諸国は、ウクライナからの要請を受け、最新鋭の戦車やミサイルの提供を続けており、ウクライナ戦争は出口が見えない状況が続く。
腐敗の収まらないウクライナ 岸田首相はいいカモにされるかも(前)
 アメリカなどNATO加盟諸国は、ウクライナからの要請を受け、最新鋭の戦車やミサイルの提供を続けており、ウクライナ戦争は出口が見えない状況が続く。
安倍元総理の国葬騒ぎの陰で進行する国際的金融危機(後)
安倍元総理の国葬に関する費用対効果の検証が待たれるが、外交面では英国女王の国葬と比べるまでもなく成果に乏しかった。浜田和…
安倍元総理の国葬騒ぎの陰で進行する国際的金融危機(前)
安倍元総理の国葬に関する費用対効果の検証が待たれるが、外交面では英国女王の国葬と比べるまでもなく成果に乏しかった。浜田和…
マネーの未来はどうなるのか? 銀行の終わりを見据えるヘッジファンドの投資戦略(後)
長期化するロシアのウクライナ侵攻は、ロシアのみならず米国をも疲弊させ、中国などBRICSの相対的な台頭を招く。米国の衰退…
マネーの未来はどうなるのか? 銀行の終わりを見据えるヘッジファンドの投資戦略(前)
長期化するロシアのウクライナ侵攻は、ロシアのみならず米国をも疲弊させ、中国などBRICSの相対的な台頭を招く。米国の衰退…
尖閣諸島問題と日中関係の今後 「海を介した平和」の実現
日本政府はウクライナ危機をもたらしているロシアの軍事侵攻に関連するかたちで、尖閣諸島問題への対応をより明確に国際社会に訴…
未来トレンド分析シリーズ
モンキーポックスが急拡大 懸念される日本への上陸(後)
モンキーポックス(サル痘)用のワクチン開発で注目を集めているのが、オランダに生産拠点を構えるババリアン・ノルディック(B…
モンキーポックスが急拡大 懸念される日本への上陸(前)
「一難去って、また一難」でしょうか。世界的に新たな感染症の出現が確認されるようになったからです。脅威の源泉は「モンキーポ…