2024年06月24日( 月 )

企業研究

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

【企業研究】八女市を代表する地場ゼネコン 増収基調も現場数を維持できるか
 八女市を代表する地場ゼネコン、(株)イノウエハウジング。2018年3月期以降の業績は増収基調で推移しており、利益も積み増している。
【企業研究】戸建住宅市場の縮減が本格化 岐路に立つ国内ガリバー
 分譲を中心に日本一の戸建住宅供給棟数を誇る企業グループとなった飯田グループホールディングス(株)。しかし、住宅市場の縮小傾向が強まるなかで在庫が増加。その適正化を進めるなかで収益力が低下している。
【企業研究】店舗再編が活発化 注目されるホール経営事業の動向
 主にパチンコホール「ELGRAN(エルグラン)」を九州、沖縄で展開するビープラス・グループ(株)。一時は200億円超の売上高を計上するなど、九州パチンコ市場において相応の存在感を発揮していたが...
【企業研究】サンリブ、新体制が発足 収益改善迫られる
 サンリブは2月12日付けで3年9カ月務めた菊池毅社長が退任し後任に眞田義文専務総務管理本部長(61)が就任する新体制をスタートさせた。
【企業研究】M&Aで人材ビジネスを拡充 あらゆる業界に対応する総合人材会社へ
 主力の人材ビジネスをはじめ、不動産、情報通信、農業公園という4つの柱で、M&Aを活用しながら年々業容を拡大している(株)ワールドホールディングス。
【企業研究】豊富なブランドとEC事業拡大 時流に即した成長戦略
 1968年創業以来、黒字経営を続ける(株)関家具。主力の家具卸のほか空間設計などを手がける。
【企業研究】ITから小売、そしてまちづくり 1年越しで東証グロース市場へ新規上場
 ディスカウントストア大手として知られる(株)トライアルホールディングスが、一見畑違いにも思える九大・箱崎キャンパス跡地再開発に名乗りを上げたことでも世間の耳目を集めている。
【企業研究】値下げ裏目で収益悪化 本業赤字、手詰まり否めず
 (株)ミスターマックス・ホールディングス(HD)の業績が振るわない。2024年2月期の経常利益は前期比35.9%減の大幅減益に沈む。
【企業研究】久留米を拠点にネットワークを構築 異業種企業を傘下に多角経営図る
 一般貨物自動車運送業を営む丸善海陸運輸(株)。同社が中核企業を担う「丸善グループ」は、1都15県にグループ企業を形成、業容拡大を推し進めている。
【企業研究】木造建築物普及を柱としたSDGs戦略で生き残りを図る
 ツーバイフォー住宅、なかでも高付加価値の戸建住宅を供給するハウスメーカーとして知名度が高い三井ホーム(株)。
【企業研究】ビル・住宅・商業だけでなく物流・公園も 福岡でも存在感増す総合デベロッパー
 日本最古の不動産デベロッパーとして、業界の先駆者的な役割をはたしてきた東京建物(株)。社名に「東京」とあるように、これまでは東京を中心とした首都圏での開発に特化してきた同社だが...
【企業研究】九州で出店攻勢 低価格路線で急成長
 関東本拠地の食品スーパー(SM)、ロピアが九州で出店攻勢をかける。6月の九州1号店、ヨドバシ博多店、8月の新宮店に続き10月、「リバーウォーク北九州」に出店し4号店も計画中だ。
【企業研究】ウォシュレット人気などを追い風に、グローバル市場での存在感高める
 トイレや浴室、システムキッチンなど分野の水回り設備機器で日本を代表する住設メーカーに成長したTOTO(株)。
【企業研究】完工高200億円を見据え、企業風土の改善は進むのか
 久留米市に本社を構える戸建住宅販売業者の昭和建設(株)。1980年10月の創業以降、宅地分譲数は1,500区画を超え、完成棟数は年間平均約700棟を誇るなど、福岡屈指の住宅販売業者として存在感を放つ。
【企業研究】10年以上前に2024問題を予見 ドライバーの環境改善で先陣
 時間外労働を年間960時間以内に制限する働き方改革関連法案の運送業への適用が2024年4月に始まる。久留米運送(株)は10年以上前から課題解決に取り組み成果を上げてきた。その手法を検証する。
【企業研究】シナジー発現の本格化が生き残りのカギ
 トヨタ自動車(株)とパナソニックホールディングス(株)、三井物産(株)が出資し、2020年1月に設立されたプライム ライフ テクノロジーズ(株)。
【企業研究】自動化需要の高まりで過去最高を更新 今期からは「2025年ビジョン」最終章へ
 産業用ロボット業界では国内外でその名を知られる(株)安川電機。世界的に産業用ロボットの需要が高まるなか、2023年2月期の業績は過去最高となるなど、同社の好調ぶりが際立っている。
【企業研究】拠点増設およびM&Aで業容拡大を図る 鋼材卸から加工販売・工事を手がける
 積極的な拠点展開とM&Aにより営業エリアの拡大および需要の深堀を図る小野建(株)。2023年3月期は過去最高となる売上高2,626億5,300万円を計上。
【企業研究】プラザ赤坂跡地売却 注目される他店舗の行方
 福岡都市圏でパチンコホール「PLAZA(プラザ)」を8店舗展開する(株)宣翔物産。昨年5月に閉店したプラザ赤坂(中央区赤坂)をJR九州に売却している。
贈答用と自家消費の両取り 「直営展開」が推進力に
 「もち吉」といえば、福岡を代表する米菓メーカーで2022年2月期には220億2,505万円の売上高を計上。23年3月現在、全国に233店舗を展開している。