2024年02月26日( 月 )

企業研究

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

【企業研究】久留米を拠点にネットワークを構築 異業種企業を傘下に多角経営図る
 一般貨物自動車運送業を営む丸善海陸運輸(株)。同社が中核企業を担う「丸善グループ」は、1都15県にグループ企業を形成、業容拡大を推し進めている。
【企業研究】木造建築物普及を柱としたSDGs戦略で生き残りを図る
 ツーバイフォー住宅、なかでも高付加価値の戸建住宅を供給するハウスメーカーとして知名度が高い三井ホーム(株)。
【企業研究】ビル・住宅・商業だけでなく物流・公園も 福岡でも存在感増す総合デベロッパー
 日本最古の不動産デベロッパーとして、業界の先駆者的な役割をはたしてきた東京建物(株)。社名に「東京」とあるように、これまでは東京を中心とした首都圏での開発に特化してきた同社だが...
【企業研究】九州で出店攻勢 低価格路線で急成長
 関東本拠地の食品スーパー(SM)、ロピアが九州で出店攻勢をかける。6月の九州1号店、ヨドバシ博多店、8月の新宮店に続き10月、「リバーウォーク北九州」に出店し4号店も計画中だ。
【企業研究】ウォシュレット人気などを追い風に、グローバル市場での存在感高める
 トイレや浴室、システムキッチンなど分野の水回り設備機器で日本を代表する住設メーカーに成長したTOTO(株)。
【企業研究】完工高200億円を見据え、企業風土の改善は進むのか
 久留米市に本社を構える戸建住宅販売業者の昭和建設(株)。1980年10月の創業以降、宅地分譲数は1,500区画を超え、完成棟数は年間平均約700棟を誇るなど、福岡屈指の住宅販売業者として存在感を放つ。
【企業研究】10年以上前に2024問題を予見 ドライバーの環境改善で先陣
 時間外労働を年間960時間以内に制限する働き方改革関連法案の運送業への適用が2024年4月に始まる。久留米運送(株)は10年以上前から課題解決に取り組み成果を上げてきた。その手法を検証する。
【企業研究】シナジー発現の本格化が生き残りのカギ
 トヨタ自動車(株)とパナソニックホールディングス(株)、三井物産(株)が出資し、2020年1月に設立されたプライム ライフ テクノロジーズ(株)。
【企業研究】自動化需要の高まりで過去最高を更新 今期からは「2025年ビジョン」最終章へ
 産業用ロボット業界では国内外でその名を知られる(株)安川電機。世界的に産業用ロボットの需要が高まるなか、2023年2月期の業績は過去最高となるなど、同社の好調ぶりが際立っている。
【企業研究】拠点増設およびM&Aで業容拡大を図る 鋼材卸から加工販売・工事を手がける
 積極的な拠点展開とM&Aにより営業エリアの拡大および需要の深堀を図る小野建(株)。2023年3月期は過去最高となる売上高2,626億5,300万円を計上。
【企業研究】プラザ赤坂跡地売却 注目される他店舗の行方
 福岡都市圏でパチンコホール「PLAZA(プラザ)」を8店舗展開する(株)宣翔物産。昨年5月に閉店したプラザ赤坂(中央区赤坂)をJR九州に売却している。
贈答用と自家消費の両取り 「直営展開」が推進力に
 「もち吉」といえば、福岡を代表する米菓メーカーで2022年2月期には220億2,505万円の売上高を計上。23年3月現在、全国に233店舗を展開している。
【企業研究】マンション建替えでも存在感 都市型住宅のパイオニア企業
 戸建住宅「ヘーベルハウス」などで知られる旭化成ホームズ(株)。「二世帯住宅」「ロングライフ住宅」という言葉でもおなじみの、都市型住宅のパイオニア的ハウスメーカーだ。
【企業研究】サロンパスは世界ブランドへ コア技術で新市場を開拓
 佐賀県鳥栖市に本社を置く久光製薬(株)。「サロンパス®」「フェイタス® 」をはじめとした貼付剤では圧倒的な強みを発揮しているが、広い分野で開発力を示している。
【企業研究】目指すは独自性の発揮か追随か 福岡から完全撤退した太陽家具
 老舗家具販売業者の(株)太陽家具百貨店。お膝元の山口県を皮切りに、かつては九州や、関東・関西圏にも出店するなど、20店舗以上展開していたが、今年4月に北九州東店を閉店し福岡から完全撤退。
【企業研究】持続可能社会実現へ森と木の知見ベースに多方面での展開模索
 山林経営、木材・建材の取り扱い、木造住宅の供給など森や木の活用を軸に事業展開を推進してきた住友林業(株)。
【企業研究】看板商品が累計出荷本数3億本突破 ファンベース経営でV字回復目指す
 オリジナルドレッシングの製造販売やパスタ専門店の運営を手がける(株)ピエトロ。看板商品の「ピエトロドレッシング和風しょうゆ」が累計出荷本数3億本を突破して気を吐く一方で、原材料費高騰の影響によって2023年3月期は上場後初の営業赤字を計上した。
【企業研究】(株)ヌルボン 誤表記問題は軽傷、試練は狭まる包囲網
 焼肉チェーンなどを展開する(株)ヌルボンは、今年2月に続いて4月にもメニューの誤表記が発覚した。店舗の経営母体の変更にともなう経営方針や体質の変化が生じていれば致命傷になりかねなかったが、素早い情報公開などによりことなきを得た。
【企業研究】各地域で知名度を有する子会社3社 連合体として相乗効果を創出できるか
 (株)リテールパートナーズは、2023年7月に持株会社として設立8周年を迎える食品スーパー(SM)業態がメインのグループ企業。
【企業研究】海外展開や先進技術駆使したサービス開発で成長継続を図る
 長く日本の住宅産業を代表する企業のとして認知されてきた積水ハウス(株)。この20年の間に「住宅供給ナンバーワン」といった地位を他社に譲ってはいるが、その経営は手堅く、安定的な成長を継続している。