HOME > 企業・経済 > 流通 > リバレインモールの呪い(2) 目玉店舗の撤退

流通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月13日 17:26

リバレインモールの呪い(2) 目玉店舗の撤退

 リバレインにまつわる「撤退」や「破綻」の話は開業当時から多く聞かれている。
 1999年3月、福岡市主導の下川端地区再開発事業として、総事業額約978億円を投じて建設された博多リバレイン。もともとは老舗百貨店・玉屋を商業施設の目玉に置くはずだったが、話が頓挫。その後、天神との差別化を狙い高価格路線の「スーパーブランドシティ」として再出発を狙うが、バブル経済の過渡期で高級志向は時代と合わず、集客は振るわなかった。そのため、「スーパーブランドシティ」の象徴的存在でもあった「ルイ・ヴィトン」などの高級ブランド店舗が撤退。わずか3年で運営会社は破綻となった。

 2003年、「スーパーブランドシティ」から施設名称を「イニミニマニモ」に変更し、民間主導で再スタートを切った。しかし、依然として高価格帯の店舗が大半を占め、大幅な路線変更はなく、客数は伸びなかった。

 2007年からは百貨店の高島屋グル―プの商業デベロッパー・東神開発(株)が運営に携わり、活性化の起爆剤として井筒屋を誘致したが、09年6月末には撤退。目玉となる店舗が次々に撤退していく状況に、大幅な改革が行われたのが12年だ。東神開発が単独運営を行うようになり、百円ショップ「セリア」などの低価格帯の店舗が出現。14年4月には現在集客の核となっている「アンパンマンこどもミュージアム in モール」がオープンし、多くの親子連れが来場するようになった。15年6月には「博多リバレイン イニミニマニモ」から「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」に改称。

 しかし、依然として「撤退」は付きものなのか、前回述べたように飲食テナントは空きだらけ。案内板をみてもわかるように6店舗以上空いており、どこか異様な雰囲気だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年06月27日 11:13
NEW!

九州地銀(18行)の決算(17/3月期)を検証する(8)

6.自己資本比率(バーゼルⅢ基準)ついて  バーゼルⅢとは、2007年夏以降に発生した世界的な金融危機に対処するため、10年に改定されたBISの国際統一基準。【表1】は、 ...

2017年06月27日 10:34
NEW!

韓国賭博士たちは渡航を敬遠・中断

 ここでいう韓国賭博士とは済州島、釜山、ソウルの賭博場を徘徊する、福岡市および近郊の中小企業経営者連中のことを指す。一見品行方正に見えるAは「ストレス解消のために月2回、 ...

2017年06月27日 10:20
NEW!

中国経済新聞に学ぶ~回復の気配、底を打つか中国経済

 中国経済は底を打つ、回復する芽が見えてきた。中国国家統計局は14日に5月の経済データを発表した。劉愛華報道官は、「5月の国民経済は全体的に安定し、安定のなかで好転する発 ...

2017年06月27日 09:58
NEW!

災害危機管理への提言 1982年長崎大水害を体験して(前)

 いよいよ梅雨本番、これからの時期は梅雨前線の状況によっては一夜にして大洪水を巻き起こすような集中豪雨も降る、水難の季節である。脊振山系を写した美しいフォトエッセイを連載 ...

2017年06月27日 07:03
NEW!

試練に晒されている文大統領の外交(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉明鎬(在日経歴20年)  韓国国内だけではない。北朝鮮問題の解決をめぐっては、各国の立場も少しずつ違う。しかし、冷静に考えてみてほしい。問題 ...

pagetop