HOME > 企業・経済 > 流通 > リバレインモールの呪い(2) 目玉店舗の撤退

流通

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017年04月13日 17:26

リバレインモールの呪い(2) 目玉店舗の撤退

 リバレインにまつわる「撤退」や「破綻」の話は開業当時から多く聞かれている。
 1999年3月、福岡市主導の下川端地区再開発事業として、総事業額約978億円を投じて建設された博多リバレイン。もともとは老舗百貨店・玉屋を商業施設の目玉に置くはずだったが、話が頓挫。その後、天神との差別化を狙い高価格路線の「スーパーブランドシティ」として再出発を狙うが、バブル経済の過渡期で高級志向は時代と合わず、集客は振るわなかった。そのため、「スーパーブランドシティ」の象徴的存在でもあった「ルイ・ヴィトン」などの高級ブランド店舗が撤退。わずか3年で運営会社は破綻となった。

 2003年、「スーパーブランドシティ」から施設名称を「イニミニマニモ」に変更し、民間主導で再スタートを切った。しかし、依然として高価格帯の店舗が大半を占め、大幅な路線変更はなく、客数は伸びなかった。

 2007年からは百貨店の高島屋グル―プの商業デベロッパー・東神開発(株)が運営に携わり、活性化の起爆剤として井筒屋を誘致したが、09年6月末には撤退。目玉となる店舗が次々に撤退していく状況に、大幅な改革が行われたのが12年だ。東神開発が単独運営を行うようになり、百円ショップ「セリア」などの低価格帯の店舗が出現。14年4月には現在集客の核となっている「アンパンマンこどもミュージアム in モール」がオープンし、多くの親子連れが来場するようになった。15年6月には「博多リバレイン イニミニマニモ」から「博多リバレインモール by TAKASHIMAYA」に改称。

 しかし、依然として「撤退」は付きものなのか、前回述べたように飲食テナントは空きだらけ。案内板をみてもわかるように6店舗以上空いており、どこか異様な雰囲気だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2017年08月23日 17:01
NEW!

日経平均株価~6営業日ぶりに反騰

 23日の日経平均株価は前日比+50円80銭の1万9,434円64銭で取引を終えた。6営業日ぶりの反騰だった。始値は1万9,547円05銭。前場の高値は1万9,561円3 ...

2017年08月23日 16:04
NEW!

高須クリニックに「NO!」を~看過できない、ナチス賛美の妄言

 複数の美容整形外科クリニックを運営する高須クリニック。同クリニックのCMにも登場する高須克弥氏はこれまで、ナチスを賛美する発言をツイッターなどで繰り返してきた。  その ...

2017年08月23日 15:54
NEW!

九州建設(株)、新役員選任

 九州建設(株)は7月27日の第69期定時株主総会と取締役会で下記の通り役員が選任され、それぞれ就任した。 九州建設(株) 役員(※敬称略) 代表取締役会長 神谷 光有 ...

2017年08月23日 15:12
NEW!

ヨシヒコのぶらり漫歩シリーズ・南北海道は冷夏なり(3)~外国人様様(前)

ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ、あー絶景なり  2008年洞爺湖サミットが行われたが、その拠点がザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパである。海抜640メ ...

2017年08月23日 14:50
NEW!

猛暑・酷暑で新しい手当を支給し始めた

 今年の夏は特に暑い。福岡県内各地で最高気温35度を超える日も珍しくない。8月初めには、糸島市で38.9度を記録。まさに猛暑だ。  福岡市内のある建設会社では、「夏の暑さ ...

pagetop