• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年04月07日 11:38

今日本で、世界で求められる文系の知!(2)

東京大学大学院情報学環教授 吉見 俊哉 氏

文科省は突然何を言いだすのだ、けしからん!

 ――昨年は「文系学部廃止」という文言が新聞紙上で躍り、また独り歩きし、世間を騒がせました。先生はこの一連の騒動を受けて、『「文系学部廃止」の衝撃』(集英社新書)を著されています。その動機を教えていただけますか。

benkyou_img 吉見 2015年6月8日の文科省の通達「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」を受け、各メディアは「国が文系学部を廃止しようとしている」と報じ、大きな騒動となりました。どちらかと言うと、政府に批判的な朝日新聞、東京新聞だけでなく、産経新聞、読売新聞まで、あらゆる政治的な立場の新聞が一様に「文科省は突然に何を言いだすのだ、けしからん!」という文科省批判の記事を掲げていったのです。日本の新聞だけでなく、海外メディアまで文科省批判を行いました。

 この騒動は6月以降も拡がりを見せ、7月23日には、日本学術会議の幹事会は声明を出し、その中で、「人文・社会科学のみをことさら取り出して『組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換』を求めることには大きな疑問がある」と批判しています。また、9月9日には、産業界の中枢である経団連までが、「今回の通知は即戦力を有する人材を求める産業界の意向を受けたものであるとの見方があるが、産業界の求める人材像はその対極にある。(中略)地球的規模の課題を分野横断型の発想で解決できる人材が求められていることから、理工系専攻であっても、人文社会科学を含む幅広い分野の科目を学ぶことや、人文社会科学専攻であっても、先端技術に深い関心を持ち、理数系の基礎的知識を身につけることも必要である」という声明を出すに至りました。
 こうして文科省は、孤立無援で各界から批判の集中砲火を浴びることになりました。

私は一連の報道に対し2つの違和感を持ちました

 私は1990年代からの文科省の政策に問題がないとは全然思っていません。しかし、この一連の報道、またそれに続く学術会議や産業界、有識者の議論には、少なくとも2つの違和感を持ちました。そのことが、本書を書くに至った1つの動機です。と言うのも、一連の議論には多くのボタンの掛け違えというか、議論の前提に誤りがあり、そこを正しておかないと、議論は大学が抱える本質的問題の解決につながらないと思ったからです。

 1つ目は「本当に文科省は突然そのような通知を出したのだろうか?」という疑問です。2つ目は「文系学部廃止」反対の議論の中で、「文系は役に立たないけど価値がある」と言う有識者の発言には、文系に対する根本的な無理解があるのではないかという点です。

 文科省が突然、馬鹿げた通知を出したというのは事実認識として誤りです。多くの新聞記者が充分な調査もせず、表面的な理解で記事が書いていました。また、そうした新聞報道に乗って、議論された学者の先生方が多くいたことも残念に思っています。これを機会に文科省への「恨み」を晴らすといった人もいたかも知れません。

 時系列に考えてみます。今回、大論争となった「国立大学法人等の組織及び業務全般の見直しについて」の通知は、2015年6月8日に出されました。しかし、それに先立つ5月27日の国立大学法人評価委員会には、この通知の素案がすでに提出されています。そればかりではなく、さらにさかのぼること約1年前の14年8月4日に国立大学法人評価委員会に出された資料「『国立大学法人の組織及び業務の見直しに関する視点』について(案)」にも、ほぼ同じ内容のことが書かれてありました。つまり約1年前に、全く同じ通知がされていたのです。しかし、この時は大学や有識者からの反論はありませんし、新聞、テレビなどメディアでの反論どころか、東京新聞を除きほとんど報道さえしていません。

1年前と比べて、政権批判の世論が高揚していた

 では、なぜ、文科省が1年前とほぼ同じ通知をしたにもかかわらず、今回は大騒動になってしまったのでしょうか。理由は比較的簡単です。14年と15年で政治状況が大きく変化したからです。15年の夏に、安倍政権は「集団的自衛権」を含む安保関連法案を国会で強行採決しました。さらに、大学に対して入学式・卒業式での日の丸掲揚と君が代斉唱求めた、下村文科大臣の復古主義的な行動も、世論の危機感をいっそう強めました。同じ時期、新国立競技場建設問題に関して、文科省などの不手際が次々と明らかになっています。通知が出たのは、これらの諸問題を受け、政府や文科省に対する不信が社会に広がったタイミングだったということになります。
 メディア側にとっては、通知の実質的内容が明らかになった1年前と比べ、政権批判の世論が大いに高揚していたことは、この問題を取り上げる動機を強めたと考えられます。

文系学部で学んだことは役に立たないという思い込み

 あえてこのようなことを申し上げるのは、この根はもっと深いところにあると考えているからです。それは、過去数十年の日本の大学政策は「文系学部で学んだことは役に立たない」という誤った思い込みの上に成り立ってきたのではないかと思うからです。

実際、2001年6月に出された「大学(国立大学)の構造改革の方針」(文科省)という文書に、「国立大学の再編・統合を大胆に進める」一環として、今回と似た通知がすでに出ていました。ですから、各メディアは、少なくともこの時点で、「大学の危機」を国民に訴え、幅広い議論の場をつくるべきだったのです。

(つづく)
【金木 亮憲】

<プロフィール>
yosimi吉見 俊哉(よしみ・しゅんや)
1957年、東京都生まれ。東京大学大学院情報学環教授。同大学副学長、大学総合教育センター長などを歴任。社会学、都市論、メディア論、文化研究を主な専攻としつつ、日本におけるカルチュラル・スタディーズの中心的な役割を果たす。主な著書に『都市のドラマトゥルギー ―東京・盛り場の社会史』『「声」の資本主義―電話・ラジオ・蓄音機の社会史』、『大学とは何か』、『夢の原子力』、『「文系学部廃止」の衝撃』他多数。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年06月02日 16:47

九州電力 海外での地熱発電事業を強化へ~米国の地熱技術サービス企業を買収NEW!

 (株)キューデン・インターナショナルと西日本技術開発(株)が、地熱技術サービスを提供する米国サーモケム社の買収に係る株式購入契約を締結(5月29日調印)した...

2020年06月02日 16:16

岩田屋、福岡三越~顧客へのメッセージNEW!

 先日、岩田屋と福岡三越を運営する(株)岩田屋三越より弊社代表の児玉直宛に手紙が送られてきた。手紙の内容は...

2020年06月02日 16:15

第2次補正予算の新給付制度「家賃支援給付金」の概要!NEW!

 新型コロナウイルス感染症を契機とした5⽉の緊急事態宣⾔の延⻑などにより、売上の急減に直⾯する事業者の事業継続を下⽀えするため、地代・家賃の負担を軽減することを⽬的と...

2020年06月02日 16:00

2020年度の第2次補正予算案を閣議決定!中小事業者向けの主な支援策NEW!

 2次補正では、医療従事者への最大20万円の慰労金のほか、都道府県向けの「新型コロナ緊急包括支援交付金」、中小事業者の支援や財務基盤の強化策などを盛り込んだ...

2020年06月02日 15:38

建築家・有馬裕之氏のニューヨーク現地レポートNEW!

 ミネソタ州ミネアポリスで黒人のジョージ・フロイド氏が白人警察官から暴行を受け死亡した問題が波紋を広げています。コロナ禍の「限界ストレス」のなか、ニューヨークは...

2020年06月02日 15:30

九州地銀の20年3月期決算を検証する(3)NEW!

  【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の預貸率順位表である。 ~この表から見えるもの~ <1位~9位> ◆1位はふくおかFG...

2020年06月02日 15:00

アフターコロナ時代、「オンライン」=「品定め」の場にNEW!

 当社は動画コンテンツの制作やテレビ番組の制作を行っているが、業務にはハイスペックなパソコンが欠かせない。高画質の映像をテンポよく編集するには、処理能力の低いパソコン...

2020年06月02日 14:25

(一財)神奈川県経営者福祉振興財団(神奈川)/共済保険事業NEW!

 同社は6月1日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し、同日、同地裁から監督命令を受けた...

2020年06月02日 13:03

四国新幹線「ないのがおかしい」(前)NEW!

 基本計画路線がある地域では、程度の差こそあれ、地元自治体、経済界などが中心となり、それぞれの地域ごとに国への要望活動などを行っている。そのなかの1つに、四国新幹線が...

2020年06月02日 13:00

AIやビッグデータで激変するまちづくり~内閣府スーパーシティ構想の行方(前)NEW!

 AI(人工知能)やビッグデータの活用で、まちが大きく変わるといわれている、内閣府の「スーパーシティ構想」を始め、自動運転や省エネ、スマートホームなどの「スマートシテ...

pagetop