• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年10月18日 10:30

新社長の公約!在任中の売上倍増 創業60年の強みを活かし攻めていく(前) 福岡の未来を創る101社 

(株)山電

社長要請を受託したのは仕事を投げ出さない信念から

em 2015年8月で創業60周年を迎えた電材販売の(株)山電。地元八幡を地盤に少しずつ販売網を拡大し、迅速な納品態勢ときめ細かなフォローで、取引先を電気工事業のほか、地場大手企業、官公庁にまでに拡大している。

 今年2月、就任した渡邊貴弘社長は、91年の入社で営業畑一筋。昇格は部長就任からわずか2年目という異例の早さだが、「就任要請を断れば仕事を投げ出す感じ。失敗を恐れず挑戦しよう」と快諾した。現場からの叩き上げでもあり、また前社長の考えに近く、社内の期待も一心に集めている。
 同社は昨年上期の5カ月間は、業績が振るわず、低迷していたが下期になって業績が回復し、3月は創業以来最高の収益を上げ、なんとか目標達成が見えてきた。こうした追い風もあって、渡邊社長は自らの方針を出しやすい環境にいる。
 「弊社は不備のない書類作成や納期厳守を貫く姿勢から、『山電に任せていれば、間違いない』と、電気工事店のみならず官公庁からも高い信頼を得てきました。それは弊社の強みでもあるので、私は攻めていこうと考えています。併せて、所長級の人材が育ってきているので、社長在任期間には売上の倍増を目指すという目標を掲げました」と、渡邊社長は就任を業績拡大の好機と見ている。

 取扱商品は電気工事材料、太陽光発電設備、空調器材から、家電品、防災、OA機器までと多岐にわたる。そのため、業績拡大戦略は営業エリアの拡大よりも足下商圏の深耕に重点を置く。地場北九州に加えて隣接する筑豊地区や京築地区での顧客の掘り起こしだ。
 消耗戦となる価格競争には走らず、「山電に任せていれば…」を梃に顧客側から指名、紹介される存在として、注文があればどこでも納品。また、「EMショップ」は、身近な電気機器店として北九州全域に店舗網を張り巡らせる構想もあるという。

社員ができることは一任し、能力を開発しながら組織固め

 同社では以前から全員が日誌を書く取決めになっており、渡邊社長も毎日朝7時には出勤し1時間程度をかけて、30数名全員の日誌に目を通している。
 もちろん、役職は社長だが、現役の営業マンでもある。過去25年に渡って、事業の柱である顧客と商品と、それを結ぶチャンネルを構築するために駆け回って来た。売上の波をいかに減らすかについても、いろんな顧客を持ち、客数を増やし対応した。そうした経験と実績から、自ら先頭に立って営業の模範たろうとしている。

 「私は工場から個人まで広くお付き合いしてきました。そのお客さんから『山電は良いから、取引してみらんね』と他社を紹介してもらえば、すんなり増えていくはずです。若い営業マンにはお客さんに「何かないですか」ではダメだよと。新製品はいっぱい出ているのだから何かアイテムを持っていき、きちんとご説明して、その流れで仕事をもらってきなさいと、言っています」。

 人材育成の基本路線は、生え抜きの社員が成長できるようにこれまでの体制を踏襲した。今期5月14日、15日に開催する「まごころフェア」は、その運営委員長には自らがチャンスをいただいたように36歳の若手を起用しすべてを一任。社員旅行や餅つき、花見などの社内行事は、この機会に企画から実施までを社員に振り分けた。
 また、中途入社組には実力が発揮できれば、頑張ってもらい役職を与えて同社の理念を植え付け、戦力にしていく考えだ。新規採用社員については、「指示して行動させて成果を確認させる」。現場の課長にはそこまで踏み込まないと一人前に育てられないと口酸っぱく言っているという。
 渡邊社長は育ってきた人材を活用することでさらなる能力を開発し、組織全体をより強固にすべく邁進する。

(つづく)

<COMPANY INFORMATION>
代 表:竹下 博
所在地:北九州市八幡西区割子川2-15-34
設 立:1961年5月
資本金:2,800万円
TEL:093-631-9440
URL:http://www.kitakyu-yamaden.co.jp

<プロフィール>
watanabe_pr渡邊 貴弘
1969年5月、福岡県古賀市出身。1991年4月、(株)山電に入社。営業畑を歩み、2014年4月に営業部長、15年4月に常務執行役に就任。竹下博前社長にリーダーとしての手腕を買われ、16年2月に取締役社長に抜擢される。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月28日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(後)NEW!

 『食品スーパーの出店は、今後も行っていく予定です。業態としては、通常のマックスバリュに加えて、都市型小型のエクスプレス業態も積極的に出店をしていきます。コンビニとの...

2021年02月28日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(5)NEW!

 電通グループはビジネスモデルの転換を図る。旧来型代理店ビジネスからの脱却だ。旧来型代理店ビジネスの海外子会社の統廃合を進める...

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

pagetop