• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月30日 09:00

異色の投資家、ソフトバンクグループ孫正義社長が喝!~「日本はAI(人工知能)後進国だ」(後)

ソフトバンク系フォートレスはユニゾのホワイトナイト

 この夏、ホテルなどを運営するユニゾホールディングス(HD)に対する旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の敵対的TOB(株式公開買い付け)が株式市場の話題になった。

 ユニゾHDは「ホワイトナイト」(白馬の騎士、友好的な第三者の買収者)」に米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループを招き、対抗TOBを実施。

 フォートレスのTOB価格は1株4,000円。HISのTOB価格3,100円を29%上回る。投資額は総額1,368億円にのぼる。

 HISのTOBの締め切り日の8月23日に応募者はなかった。ユニゾHDは、HISによる買収を撃退した。

 フォートレスは17年2月、ソフトバンクグループが3,700億円で買収。約8兆円を運用する投資会社だ。ホワイトナイトを買って出た狙いはどこにあるのか?

孫氏が「世界一のホテル王」になると持ち上げる「OYO(オヨ)」

 孫氏は10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を立ち上げてから、AIを活用して急成長している東南アジアやインドの企業に投資してきた。

 代表的な例として、よく取り上げるのが、インドの格安ホテル運営会社OYO(オヨ)。オヨは2013年創業の新興企業ながら、AIを活用してインド最大のホテルチェーンに急成長した。OYOはソフトバンク・ビジョン・ファンドから1,000億円規模の出資を受けた。

 ソフトバンクとソフトバンク・ビジョン・ファンド、オヨの3社は、今年3月、合弁会社を設立。AIを駆使する格安ホテルを日本で展開する。

 ソフトバンクG系のフォートレスが、ユニゾHDのホワイトナイトに応じたのは、オヨ・ホテルズと連携する狙いがあるのでは、と取り沙汰された。

 実は、オヨには、不正建築で揺れるレオパレス21の買収に動くとの観測が株式市場を駆けめぐっている。狙いはレオパレス21が大量に保有している賃貸物件だ。

 オヨ・ホテルズと、ソフトバンクG傘下のヤフーは合弁会社をつくり、今年3月から不動産賃貸仲介事業を開始した。敷金・礼金・仲介手数料は無料、契約手続きはすべてスマホで完結。不動産屋に出向くことはおろか、紙でのやり取りも一切なし。賃貸住宅でも、AI旋風が吹き始めた。

 孫正義氏は7月18日、法人顧客向け行事「ソフトバンクワールド2019」で講演。「日本はいつの間にか人工知能(AI)後進国になってしまった」と述べ、インドでAIを活用して急成長している企業としてオヨを紹介した。

 〈孫氏は「オヨの創業者はまだ25歳。これから数カ月で世界最大のホテル王になる」と持ち上げた〉と日本経済新聞電子版(7月18日付)が報じた。

社員を投資家に育てるため、社員に2.1兆円融資

 孫氏の商法は、未上場の優良なAI企業に出資、株式上場させて、莫大なキャッシュを手にするというもの。すべてが、うまくいくとはかぎらない。損を出すことある。

 投資先を見分ける目利きが勝負どころだ。孫氏が「AI後進国」と嘆く日本で、どうやって目利きを育てるか。いかにも、孫氏らしい奇想天外の構想を打ち出した。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは8月17日、ソフトバンクGが、自社の従業員らが10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の2号ファンドに出資できるように従業員らに最大200億ドル(約2兆1,000億円)を融資することを計画していると報じた。

 見返りは大きい。同ファンドが大きなリターンを得られれば、従業員は融資を返済したうえで、利益を手にすることができる。当然、リスクもある。投資利益を手にできないばかりか、融資の返済にも窮することにもなる。投資は常に両刃の剣だ。

 従業員を目利きの投資家に育てる大作戦は、はたしてスタートできるのだろうか。

(了)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 10:02

製造小売から情報製造小売へ~SPA世界ナンバーワンを目指す(1)NEW!

 カジュアル衣料専門店「ユニクロ」を展開する(株)ファーストリテイリング。SPA(製造小売)のビジネスモデルで急成長してきた。ユニクロは国内外に2,000店舗超。その...

2020年02月17日 09:30

太陽光・風力・水力発電 ここが変われば自然エネルギー社会になる!(4)NEW!

 国の政策を変えるのは時間がかかるため、成果が出る自治体から政策やイノベーションを働きかけています。

2020年02月17日 08:58

【ALARM!】マンション売上変調NEW!

 福岡のマンション戦線で、異常な傾向が目立ってきたとあちこちで言われている。竣工したマンション一棟を同業者に転売する動きが出てきたのだ。

2020年02月17日 07:00

「建物は人がつくるもの」人を育て、技術を磨き続ける(後)NEW!

 20年は4名の新入社員を迎え入れます。女性を含め全員が技術職でして、最初は全員現場に出てもらいます。年々採用が激化していて、今の採用はちょっと異常ですね。大手が少し...

2020年02月17日 07:00

「コインランドリー業界」と「宮崎の地域振興」に大きな転換点を引き起こす2020年(後)NEW!

 私はコインランドリー事業を始めた当初から無料化をテーマにしており、その足がかりとして、店内にタッチパネルを設置しています。広告収入を可能とするタッチパネルは、洗濯を...

2020年02月16日 07:00

CTF国際大会第1位の栄冠を手にしたのは日本チーム!(後)

 オンライン予選では、64カ国、799チーム、2,347人の方に参戦いただきました。国際大会には14チームが出場しました。内訳はオンライン予選から11チーム、そしてA...

2020年02月16日 07:00

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(9)

 ゴーンが無罪となった場合、犯人蔵匿の罪で逮捕・拘留された者はどうなるか。裁判所もゴーンの裁判と併合・並行して審理する場合には、ゴーンが無罪で犯人蔵匿犯が有罪となるこ...

2020年02月15日 07:00

CTF国際大会第1位の栄冠を手にしたのは日本チーム!(中)

 人材という点でいえば、SECCON開始当初に比べれば、日本人のプレーヤーのレベルは大きく上がっています。CTFの世界大会で、優勝、入賞するチームも増えました。CTF...

2020年02月15日 07:00

「検察崩壊元年」ゴーンの反撃(8)

 検察の見立てに合う自白が得られなかったためか、取調後も厳しい接触禁止を強いている。なぜか。恐らく、虚偽誘導が行われた可能性があり、ゴーンと妻が取調の内容を突き合わせ...

2020年02月14日 18:13

予定していた技術者を配置できず契約辞退~神奈川県の建設会社に指名停止措置

 国土交通省関東地方整備局は2月12日、(株)寿組(神奈川県相模原市、齋藤一寿代表)に対し、3カ月間の指名停止措置を下した。指名停止期間は2月12日から5月11日まで...

pagetop