• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年08月30日 09:00

異色の投資家、ソフトバンクグループ孫正義社長が喝!~「日本はAI(人工知能)後進国だ」(後)

ソフトバンク系フォートレスはユニゾのホワイトナイト

 この夏、ホテルなどを運営するユニゾホールディングス(HD)に対する旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)の敵対的TOB(株式公開買い付け)が株式市場の話題になった。

 ユニゾHDは「ホワイトナイト」(白馬の騎士、友好的な第三者の買収者)」に米投資ファンドのフォートレス・インベストメント・グループを招き、対抗TOBを実施。

 フォートレスのTOB価格は1株4,000円。HISのTOB価格3,100円を29%上回る。投資額は総額1,368億円にのぼる。

 HISのTOBの締め切り日の8月23日に応募者はなかった。ユニゾHDは、HISによる買収を撃退した。

 フォートレスは17年2月、ソフトバンクグループが3,700億円で買収。約8兆円を運用する投資会社だ。ホワイトナイトを買って出た狙いはどこにあるのか?

孫氏が「世界一のホテル王」になると持ち上げる「OYO(オヨ)」

 孫氏は10兆円規模の「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を立ち上げてから、AIを活用して急成長している東南アジアやインドの企業に投資してきた。

 代表的な例として、よく取り上げるのが、インドの格安ホテル運営会社OYO(オヨ)。オヨは2013年創業の新興企業ながら、AIを活用してインド最大のホテルチェーンに急成長した。OYOはソフトバンク・ビジョン・ファンドから1,000億円規模の出資を受けた。

 ソフトバンクとソフトバンク・ビジョン・ファンド、オヨの3社は、今年3月、合弁会社を設立。AIを駆使する格安ホテルを日本で展開する。

 ソフトバンクG系のフォートレスが、ユニゾHDのホワイトナイトに応じたのは、オヨ・ホテルズと連携する狙いがあるのでは、と取り沙汰された。

 実は、オヨには、不正建築で揺れるレオパレス21の買収に動くとの観測が株式市場を駆けめぐっている。狙いはレオパレス21が大量に保有している賃貸物件だ。

 オヨ・ホテルズと、ソフトバンクG傘下のヤフーは合弁会社をつくり、今年3月から不動産賃貸仲介事業を開始した。敷金・礼金・仲介手数料は無料、契約手続きはすべてスマホで完結。不動産屋に出向くことはおろか、紙でのやり取りも一切なし。賃貸住宅でも、AI旋風が吹き始めた。

 孫正義氏は7月18日、法人顧客向け行事「ソフトバンクワールド2019」で講演。「日本はいつの間にか人工知能(AI)後進国になってしまった」と述べ、インドでAIを活用して急成長している企業としてオヨを紹介した。

 〈孫氏は「オヨの創業者はまだ25歳。これから数カ月で世界最大のホテル王になる」と持ち上げた〉と日本経済新聞電子版(7月18日付)が報じた。

社員を投資家に育てるため、社員に2.1兆円融資

 孫氏の商法は、未上場の優良なAI企業に出資、株式上場させて、莫大なキャッシュを手にするというもの。すべてが、うまくいくとはかぎらない。損を出すことある。

 投資先を見分ける目利きが勝負どころだ。孫氏が「AI後進国」と嘆く日本で、どうやって目利きを育てるか。いかにも、孫氏らしい奇想天外の構想を打ち出した。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは8月17日、ソフトバンクGが、自社の従業員らが10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の2号ファンドに出資できるように従業員らに最大200億ドル(約2兆1,000億円)を融資することを計画していると報じた。

 見返りは大きい。同ファンドが大きなリターンを得られれば、従業員は融資を返済したうえで、利益を手にすることができる。当然、リスクもある。投資利益を手にできないばかりか、融資の返済にも窮することにもなる。投資は常に両刃の剣だ。

 従業員を目利きの投資家に育てる大作戦は、はたしてスタートできるのだろうか。

(了)
【森村 和男】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月22日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(9)

 最後に、中川十郎BISJ会長は「新型コロナ騒動」のなかで密かに進行している国際政治に目を向け、「一帯一路と米中貿易戦争」について発表した...

2020年09月22日 07:00

健康・安全意識の高まりに乗って、オールミネラル化システムにブレイクの兆し

 独創的な水処理システム『ミネラルクリスター』を製造・販売する(株)クリスター。雨が山の地層を通過し、豊富なミネラルを含んだ名水となって地下から湧き出る―そんな自然の...

2020年09月21日 07:00

BIS第170回例会~ワシントンDC、ローマを結ぶオンライン開催(8)

 井出氏は、新型コロナウイルス感染拡大で世界が求められていることは(1)感染経路の究明、(2)感染防止のための諸国民の努力、(3)専門家、医療関係者への期待・要請...

2020年09月21日 07:00

ご縁と絆を大切にして、堅実な事業を構築し続ける

 (株)隆工務店は1965年1月創業、67年7月設立の建設会社だ。現代表取締役・田原昇氏は、長年“番頭”として先代を陰で支え続け、2016年7月に3代目の同社代表取締...

2020年09月20日 07:00

実直・謙虚な姿勢で快適さを提供する

 創業64年の社歴をもつ地場有数の老舗である山本設備工業(株)。地場業界のなかでも老舗に入る企業を率いるのは、3代目代表取締役社長・山本慎一氏。今年で就任15年目に入...

2020年09月20日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(後)

 上述の9月1日付『産経新聞』の記事では、香港政府は高校教科書から「三権分立」の記述を削除させた、と最後に小さく記述されていた...

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

pagetop