HOME > 懲戒・処分

懲戒・処分

2020年02月10日 18:18

【弁護士】反田 一冨 山梨:戒告

  被懲戒者は、2011年6月、懲戒請求者から、元妻A名義の預金の払戻しおよび供託金の還付などを求めること、Aから仮差押されていた懲戒請求者の所有する不動産についての仮差押を解除するこ...

2020年02月10日 18:18

【弁護士】内山 裕史 第二東京:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者Aからその母Bの相続に関し、Bの公正証書遺言についての遺言無効確認請求および、Aの弟Cの使途不明金についての不当利得返還請求の各訴訟について受任していた。

2020年02月10日 18:17

【弁護士】中谷 誼 埼玉:戒告

  被懲戒者は、日本司法支援センターでの法律相談を契機に、懲戒請求者Aから交通事故に基づく損害賠償請求事件を受任した。その際、Aに民事法律扶助の申込書に署名させた上、申込に必要な書類の...

2020年02月10日 18:17

【弁護士】黒川 勉 大阪:業務停止3月

  被懲戒者は、2018年8月14日に発生した相続に関し、遺言執行者として相続人である懲戒請求者から相続財産を預かっていたが、残額やその有無すら不明な状態にしていた。

2020年02月10日 18:17

【弁護士】安富 真人 神奈川:戒告

  被懲戒者は、懲戒請求者から、懲戒請求者の母Aおよび弟Bを相手方とする遺産分割交渉事件を受任し、2015年3月17日に委任契約書を作成した。

【土地家屋調査士】瀧本 泰明 大阪:戒告

  被処分者は、2016年2月5日、土地の所有者である乙から、土地の所在位置を特定したい旨の電話連絡を受け、同年2月8日、乙に対し、土地の所在位置を特定するための作業として、「1948...

2020年02月10日 15:45

【社労士】前田 桂吾 大阪府大阪市:戒告

  被処分者は、Aを申請人とするキャリアアップ助成金(健康管理コース)の申請に関し、虚偽の領収書や偽造した書類を奈良労働局職業安定部助成金センターに提出した。

2020年01月31日 10:04

【司法書士】栗原 務 横浜地方法務局:業務禁止

  被処分者は、2011年11月頃、Aの成年後見人に選任され、財産管理などの業務に従事していたが、2012年3月頃から2015年9月頃までの間、12回にわたり着服し、横領した。

2020年01月31日 10:04

【司法書士】水町 俊介 さいたま地方法務局:業務禁止

  被処分者は、Aから委任を受け、Aの財産管理業務などに従事していたが、2018年4月頃から2019年1月頃にかけて、55回にわたり自己の用途に使用するために1,837万円を着服し、横...

2020年01月31日 10:04

【司法書士】井坂 圭吾 津地方法務局:業務停止1月

  被処分者は、補助者であったBが2016年9月頃から2018年4月頃までの間、、成年被後見人Aの18回にわたり総額5,700,000円を着服した。

2020年01月31日 10:04

【司法書士】成田(笠原) 幸枝 津地方法務局:業務停止3週間

  被処分者は、2017年4月頃、苦情申立人であるAとの間で、任意後見契約および死後事務委任契約を締結し、同年5月頃、Aから預託金として500,000円を預かっていた。

2020年01月30日 10:26

【司法書士】河野 智博 福岡法務局:業務禁止

  被処分者は、2012年10月頃、Aの成年後見人に選任され、財産管理などの業務に従事していたが、2017年6月から2018年12月までの間、複数回にわたりA名義の口座から現金約1,5...

2020年01月21日 15:35

【司法書士】新村 敬弘 盛岡地方法務局:業務停止1週間

  被処分者は、2018年4月頃、知人であり本件土地の所有権登記名義人であるAから「本件土地の所有権の登記名義人を従前の所有権登記名義人であるBに戻す」という目的で、Bを登記権利者、A...

2020年01月21日 11:27

【弁理士】佐藤 幸男 東京都:退会

  被処分者は、日本法人である出願人から依頼を受け米国法律事務所に特許出願の指示などを行い、国特許商標庁の書類とともに請求書を受け取り出願人から全額を受け取っていたが、送金することなく...

2020年01月21日 11:27

【弁理士】加藤 雄二 神奈川県:戒告

  被処分者は、代理していた特許出願について、拒絶理由通知の出願人への送付を遅滞し、出願人の了解を得ないで、特許庁へ意見書・手続補正書を提出した。

pagetop