2024年04月20日( 土 )

2838号

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

大手百貨店、都心中心に復調 新たな成長のための取り組みとは
 コロナの直撃を受け、大幅に業績を悪化させた百貨店業界。コロナの沈潜化により人流やインバウンド需要が戻りつつあるなか、客数・売上は回復基調にあり、コロナ前の水準に近づいている。
業績好調のイオン九州 SMと新業態に出店集中へ
 イオン九州の業績が好調だ。2023年2月期決算は実質4.0%増収で、経常利益は47.3%増と急増した。合併を機に取り組んできたコスト削減や商品力強化などの改革が効果を現した。
小売こぼれ話・小売に訪れる気候変動を読み解く チェーンストアの軌跡とその先
 ニトリ、ダイソー、イオン、セブンイレブン、コスモス薬品やドン・キホーテなど、大手小売業はそのほとんどがチェーンストアという経営スタイルだ。
高収益企業―経常10%以上
福岡地下街開発(株)所在地:福岡市中央区天神1-6-8資本金:73億8,228万円業種:貸事務所売上高:(22/9)28…
企業公告
2838号、解散会社39件、合併会社9件、資本減少2件、組織変更2件
【SIC】黒字転換も組織面で問い合わせ
企業マル秘情報
【SIC】収益性の改善が課題
企業マル秘情報
アラーム&ワンポイント情報
2838号 問い合わせの増加している企業17件
【倒産情報】医療法人社団葵遥会
医療法人社団葵遥会は5月8日、熊本地裁より破産手続き開始決定を受けた。
【倒産情報】(株)ワイ・エヌ・ケイ
 (株)ワイ・エヌ・ケイは4月28日、福岡地裁小倉支部に破産手続きの開始を申請し、5月10日、同地裁より破産手続き開始決定を受けた。
【倒産情報】(株)フリーフライト
 同社は5月11日に事業を停止し、事後処理を弁護士に一任。破産手続き申請の準備に入った。
【倒産情報】SQディスカバリー(株)
 4月12日に福岡地裁より破産手続き開始決定を受けた同社の債権者が判明した。
【マックス経営講座】知っておくべき“企業経営の落とし穴” (第60回)就業規則と外国人の雇用
 今回は、外国人の雇用と就業規則の関係で企業が注意すべき点を検討したいと思います。
緊急出版 動向注目レポート2023