コダマの核心

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(16)

  「九州みらい建設グループ」発足の真意はいかに(3)  (株)北洋建設は福岡県で、地場トップクラスの実績を誇るゼネコンである。さらに脇山章治会長は、建設業界で最大の戦略家...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(15)

  「九州みらい建設グループ」発足の真意はいかに(2)  (株)北洋建設は福岡県で、地場トップクラスの実績を誇るゼネコンである。さらに脇山章治会長は、建設業界で最大の戦略家...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(14)

  「九州みらい建設グループ」発足の真意はいかに(1)  (株)北洋建設は福岡県で、地場トップクラスの実績を誇るゼネコンである。さらに脇山章治会長は、建設業界で最大の戦略家...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(13)

  ダブリュコーポレーション資産造り絶好調(2) 借入100億円が一つの分岐点  前回、【100億円の資産形成は通過点か】と述べた。現在の判明した根抵当額は69億円だ。筆者...

進興設備工業研究(3)~水面下には様々な隠し物がある(後)

  20年前からチャンスを待っていた  2015年2月期は本当に頭を捻りまくった。完工高は前年対比では伸長していないのだが、粗利額は4,000万円も増えた。さらに経常利益では5...

進興設備工業研究(2)~水面下には様々な隠し物がある(前)

  代が変わっても業績に変動なし 進興設備工業(株) 大野 史朗 社長  進興設備工業の2015年2月期をみると経営者の代が変わろうとも業績は不変で堅調であること...

進興設備工業研究(1)~金庫株突出!企業価値の高さ故の苦肉の策

  中興の祖=舩津政隆氏の役割 ※クリックで拡大  進興設備工業(株)は、創業者的野傳氏によって1951年1月に創業された。法人改組したのが59年3月だ。業績は...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(12)

  積み重ねてきた収益物件100億円は通過点か  再度別表を見ていただきたい。今回の調査で判明した、ダブリュコーポレーション(以下、W社)の保有する物件明細である。一部の...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(11)

  (株)ダブリュコーポレーションで資産造り絶好調(1)  ダブリュコーポレーションで資産造りに専念することを本格化させたのは2002年からである。水面下で着々と進めてきた...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は(10)

   九州みらい建設グループとは(6) 失敗もあるさ  M&Aがすべて順調ということはない。【失敗もたまにあるさ】ということである。脇山章治総帥は非常に住宅に...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は?(9)

  九州みらい建設グループとは(4) 元々は北洋持株会社があった  この九州みらい建設グループの前に北洋持株会社があった。脇山総帥が2008年に北洋建設の社長を退いて...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は?(8)

  九州みらい建設グループとは(3) 北洋建設、周辺事業をターゲット    北洋建設グループの関連企業については、次回(9)で報告する。そのなかで、北...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は?(7)

  (株)九州みらい建設グループとは(2) 07年の経営破綻を経て新天地・鹿児島で再起 西釜建設(株) 地場有力ゼネコンへ成長  西釜建設(株)は、熊本県にて...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は?(6)

  (株)九州みらい建設グループとは(1) 5社合算183億円也  まずは九州みらい建設グループの旗上げアピールの 資料 を参照されたし。グループホールディングスの役割...

北洋建設総帥・脇山章治氏の次なる戦略は?(5)

  閉鎖性その3~2005年は資産造り元年  「14年10月期で141億円の完工高だ。看板が少ない」という素朴な質問に答えよう!!まず北洋建設は九州一円9カ所に営業所を出...

pagetop