• このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年09月01日 14:31

ヘルシンキ直行便の光を絶やすな!(3)

日本大使館関係者との交流

 17日夜は、今回の視察3団体がフィンランド日本大使館のメンバー2人を招待して晩餐会を行った。大使館を代表した挨拶のなかで「ヨーロッパに進出することを目論んでいる日本の企業の皆さんのなかでまず試すという意味合いでこのヘルシンキに事務所を構えている例がたくさんあります」と耳にした。「なるほどなー」と頷いた。日本のビジネスマンにとってフィンランドの気風はピッタリである。福岡・九州の企業にこの特性を伝える重要性を再確認した。

suomi1suomi2

起業家よ、立ち上がれ!!

 18日はタンペレ商工会議所を訪問した。ヘルシンキから北へ170キロ、車で2時間かかる、古くからの工場地域である。最近では大学も集中している。フィンランドは南から北へかけて1,000キロ以上の距離がある。最北は北極圏に位置する。ヘルシンキからタンペレの先40キロ、ヘルシンキから200キロの範囲でフィンランドの人口が集中しており都会生活者の経済活動がなされている。このゾーンにフィンランドの530万人の人口の80%が集中しているのである。

 19世紀の初め、タンペレは繊維紡績業の中核地点となっていた。労働争議の拠点としても有名である。ある意味、フィンランドの工場地帯として国の経済をリードしてきた。
ロシア帝政に抵抗した革命家たちはこのタンペレに亡命していた。そのなかでとくに有名なのはレーニンである。彼はこの地で大量の書物を書き、ロシア国内へ莫大な扇動ビラを送りつけていた。タンペレでの亡命生活は10年を超えるという。このレーニンの偉業を祝してレーニン記念館がある。表現を替えれば社会運動=労働運動の黎明期にはフィランドにおいてはタンペレが先進地域となるのだ。

suomi4suomi5

 現在、ノキアに牽引されて機械工業が繁栄してきたが、現在曲がり角に立たされている。言わばノキアに左右されない自立できるニュービジネスの勃興が待ち望まれているのである。人口21万人の都市で大学生の数が多い(海外からの留学生も多い)。タンペレ商工会議所会頭はまだ40代の若さである。もちろん、中小企業の経営者として陣頭指揮を執っている。また、参加したスタッフも非常に若い。どのメンバーたちも地域産業の活性化、大学と地域の連携、交通網の進化などの専門役を引き受けている。空港担当の女性は熱心にタンペレ空港の利点を宣伝してきた。企業誘致担当者は「日本からも是非、企業誘致をおねがいしたい」と熱心であった。

 最大の関心事は大学と地域が連携することである。大学での研究・開発とタンペレにある企業とのタイアップの機会を増加させようと躍起になっているようだ。そしてシリコンバレー並みの起業家輩出に注力している感じである。シリコンバレーの研究に人材を派遣しているとも聞いた。できるだけ研究学生たちがこのタンペレの地で起業することをバックアップするという強い意欲が出席者の中から感じ取られた。

suomi6suomi3

有能な女性が続出する

 どうもその背景には、ノキア頼みの弊害があるとみた。ノキアの大躍進とともに大量雇用を生み関連IT機械工業は潤ってきた。ところがノキアの成長がストップし、かつリストラを敢行するようになったことで地域経済が悪化しだしたようである。合言葉は「脱ノキア」「第二のノキア出現」を掲げている。フィンランド人の気質が「イノベーション強化」を誘導しているようだが、この国の歴史にも由来していることであろう。

suomi7 途中から女性市長が登場した。40歳前後のチャーミングな方である。ユーモアを交えて40分ほどタンペレ市の方向性を話してくれた。「タンペレ市はもともと、ものづくりの産業で発展してきた。今後はIT関連の産業を進化・強化させていきたい。大学に若い人材を結集させて、いずれはこの地で起業していく方の支援を最大限行っていく」と明快に披露してくれたのである。しかし、まー、日本と比較すると女性活用に関してはフィンランドの方が10年先を走っている感じだ。またどの女性もやる気満々、優秀である(フィンランド大統領は2012年まではタルヤ・ハロネンという女性が担っていた)。

 どうであれタンペレ商工会議所参加メンバーの地域活性化に貢献しようとする真剣な熱意はヒシヒシと伝わってきた。訪問団の福岡県の要人は「久留米市と同じ業態のようだ。交流するような段取りをしてみるか!!」と呟いていたが、視察を行えば必ず何か前進するもの、成果があがるものだ。

(つづく)

タンペレ

人口20万人を超えるフィンランド第2の都市タンペレ。ヘルシンキから160キロほど北に位置しており、長距離列車なら最速1時間30分で到着できる。
高低差のある大きな2つの湖、ナシ湖とピュハ湖の狭間に開拓されてきた都市である。豊かな水資源を利用し、古くから紡績業や機械工業などが発展してきた。現在は工場跡地が文化施設やレストランなどに変わり、劇場や音楽などのアート・イベントも豊富に開催される文化都市となった。市立美術館には、ムーミンの世界をたっぷりと堪能できる「ムーミン谷博物館」があり、観光客に人気の観光スポットとなっている。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月12日 17:00

【スクープ】西日本新聞のスポーツ本部長がセクハラで処分 TNC「CUBE」にも出演

 西日本新聞社の「下半身」不祥事が止まらない。既報の通り、7月に社内不倫に絡む事案で記者2人が懲戒解雇されたのに続き、8月に入ってすぐに、報道番組でコメンテーターも務...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

2020年08月12日 16:41

シノケンとTATERUが中間決算 不動産販売はいずれも減少

 12日、シノケングループ(東証ジャスダック)およびTATERU(東証一部)は、2020年12月期の中間決算を発表した...

2020年08月12日 16:36

ホークス柳田が月間MVP~6度目の受賞

 6、7月度の「大樹生命月間MVP賞」が12日に発表され、パ・リーグ野手部門で福岡ソフトバンクホークスの柳田悠岐選手が2018年5月度以来、6度目のMVPを受賞した...

2020年08月12日 15:48

「新型コロナ」後の世界~健康・経済危機から国際政治の危機へ!(1)

 東京大学大学院教授の小原雅博氏は近著『コロナの衝撃―感染爆発で世界はどうなる?』で「危機はこれまでは、国家や民族意識を高めてきたが、今の私たちは監視社会でない自由で...

2020年08月12日 14:30

クイーンズヒルゴルフクラブ クラブ会員による再度の民事再生申請(後)

 クイーンズヒルの資金繰りについて「支払不能状態」とする申立人側と、「破綻する状態ではない」とする田原氏との主張は異なる。こうしたなかで、今回明らかになったのがクイー...

2020年08月12日 14:00

コロナショックでも好業績のコンテンツ産業(後)

 韓国系企業は映画のみならず、電子コミック、とくに、アプリ型の電子コミック配信サービス市場でも急成長している...

2020年08月12日 13:30

『脊振の自然に魅せられて』夏の花をめぐる山歩き

 脊振山駐車場を利用すると、脊振山系に咲いている夏の花に簡単に会いに行くことができる。8月6日(木)に向かった。午前8時時点では、脊振山駐車場の気温は23度と市街地の...

pagetop