2024年06月23日( 日 )

劉明鎬

フォローする

気になるタグをフォローすると、後でまとめ読みができます。

暗号資産の次のトレンド「現物資産トークン」(後)
暗号資産の次のトレンド「現物資産トークン」(後)
 現物資産トークン(RWA)は実際に世の中で取引されているすべての資産が対象で、ブロックチェーンを活用して、この資産を安全かつ簡単に取引できるようにしようという試みだ。
暗号資産(仮想通貨) 国際
暗号資産の次のトレンド「現物資産トークン」(前)
暗号資産の次のトレンド「現物資産トークン」(前)
 多くの暗号資産の価格が上昇したなか、世界最大の資産運用会社であるブラックロックは現物資産トークン発行と関連してセキュリタイズ社と共同でトークン化ファンドを組成すると発表、現物資産トークンにますます関心が高まっている。
暗号資産(仮想通貨) 国際
ビットコインETFへの本格的な資金流入はこれから(後)
ビットコインETFへの本格的な資金流入はこれから(後)
 現在、機関投資家は現物ETFに資金を投資するための準備をしている段階だという。
ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 国際
ビットコインETFへの本格的な資金流入はこれから(前)
ビットコインETFへの本格的な資金流入はこれから(前)
 ビットコインに対する懐疑的な視線はいまだ根強いようだ。筆者の知り合いにも「ビットコインは今後上昇すると思うが、投資するのは少し気が引ける」と言う人がいた。
ビットコイン 暗号資産(仮想通貨) 国際
戦闘機を輸出、韓国航空産業の実力は(後)
戦闘機を輸出、韓国航空産業の実力は(後)
 航空機で最も重要な部品はエンジンだが、その航空機のエンジンを開発できる技術を有するのは世界でも数か国しかない。
韓国 国際
戦闘機を輸出、韓国航空産業の実力は(前)
戦闘機を輸出、韓国航空産業の実力は(前)
 韓国の航空産業の歴史は、米国の戦闘機を国内でライセンス生産したことが始まりである。米国から技術を教わりながらスタートした韓国の航空産業だが、現在では戦闘機を輸出できるまでに成長した。
韓国 国際
見事に復活したビットコイン、今後の行方は(後)
見事に復活したビットコイン、今後の行方は(後)
 ビットコインの価格上昇要因としては、米国SEC(証券取引委員会)の今年1月のETF承認を上げることができる。ETFとは、上場投資信託のことを指す。
暗号資産(仮想通貨) ビットコイン 国際
見事に復活したビットコイン、今後の行方は(前)
見事に復活したビットコイン、今後の行方は(前)
 ビットコイン(BTC)は2008年、世界的な金融危機をきっかけに登場した。私たちが普段使用する法定通貨は常に発行枚数を増やすことができるためにインフレに陥りやすいが、ビットコインは...
暗号資産(仮想通貨) ビットコイン 国際
NVIDIAの快進撃はいつまで続くのか(後)
NVIDIAの快進撃はいつまで続くのか(後)
 以上のことから、同社のCEOであるジェンスン・ファン氏は未来を正確に予測し、それに備えるかたちで製品の開発を進めてきたことがわかる。
国際
NVIDIAの快進撃はいつまで続くのか(前)
NVIDIAの快進撃はいつまで続くのか(前)
 NVIDIAの快走が続いている。AI半導体の需要爆増の恩恵を受けた同社は、米国上場企業としてはアップル、マイクロソフトに次いで、3番目に時価総額が2兆ドルを上回る企業となった。
国際
CDMO事業に注力する韓国の製薬会社(後)
CDMO事業に注力する韓国の製薬会社(後)
 現在、世界で創薬に成功した品目の約8割がベンチャーによって生み出されているという。新型コロナのワクチンを開発した米モデルナも2010年に創業したベンチャーだが、米政府による大規模な製品購入や資金支援によって急成長した。
韓国 国際
CDMO事業に注力する韓国の製薬会社(前)
CDMO事業に注力する韓国の製薬会社(前)
 医薬品は大きく分けると、合成医薬品とバイオ医薬品がある。合成医薬品は治療効果のある物質を探した後、それを化学的に合成してつくられる医薬品である。
韓国 国際
話題の次世代メモリ半導体「HBM」(後)
話題の次世代メモリ半導体「HBM」(後)
 SKハイニックスはメモリ分野においてサムスン電子に次いで世界2位の企業である。30年以上サムスン電子を超えることができなかった。
国際
話題の次世代メモリ半導体「HBM」(前)
話題の次世代メモリ半導体「HBM」(前)
 市場調査会社であるオムディアによると、今後DRAM市場はAI半導体需要の爆増で、市場規模が1,000億ドルに成長するという。
国際
水素利用において注目が高まっている「アンモニア」(後)
水素利用において注目が高まっている「アンモニア」(後)
 水素と窒素で構成されるアンモニアは炭素を含まないため、燃焼時にCO2が発生しないカーボンフリーの燃料だ。
国際
水素利用において注目が高まっている「アンモニア」(前)
水素利用において注目が高まっている「アンモニア」(前)
 火力発電の代わりに原子力・太陽光・風力などが検討されるなか、次世代のクリーンエネルギーの1つとして「水素」と「アンモニア」が注目され、実証事業も開始されている。
国際
サムスン電子に何か起こっているのか(後)
サムスン電子に何か起こっているのか(後)
 エヌビディア社のGPUに搭載される「HBM(広帯域メモリ)」と呼ばれる次世代DRAMの需要が急増した。
国際
サムスン電子に何か起こっているのか(前)
サムスン電子に何か起こっているのか(前)
 韓国産業界の巨人・サムスン電子が身もだえしている。サムスン電子は韓国で圧倒的な存在感を示す企業の1つ。サムスン電子における売上高の約30%を占める半導体部門の赤字転落が、サムスン電子に暗い影を落としているのだ。
国際
生成AIがビジネスを根本から変える(後)
生成AIがビジネスを根本から変える(後)
 チャットGPTは一番難しいとされる医師や弁護士の試験までパスして、その性能の凄さで周囲を驚かせている。チャットGPTはその後も勢いが止まらず、昨年3月14日にはGTP-4が出荷された。
国際
生成AIがビジネスを根本から変える(前)
生成AIがビジネスを根本から変える(前)
 AIというコンセプトはすでに1940代にも存在していた。人間のような知能をもっている賢いコンピュータをつくれないかというのがそもそものAIの始まりである。
国際